彼女がエスパーだったころ

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (14)
  • (41)
  • (42)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 277
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199643

作品紹介・あらすじ

進化を、科学を、未来を――人間を疑え!

百匹目の猿、エスパー、オーギトミー、代替医療……人類の叡智=科学では捉えきれない「超常現象」を通して、人間は「再発見」された――。
デビューから二作連続で直木賞候補に挙がった新進気鋭作家の、SFの枠を超えたエンターテイメント短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初めて読んだ宮内悠介さんの小説でした。
    あまりに好みなので鉱山の中で宝石を発見した気分になった。
    テーマにしている疑似科学は昔『トンデモ本の世界』とかを好んで読んでいた私には懐かしく、ミステリ仕立てにしたお話の謎は魅惑的で、おまけにほのかな恋愛風味も。このさじ加減が絶妙でした。
    ずっと読み続けたい作家さんがまた増えました。

  • 人類が現在のこの座を奪われる時が、いつか必ずやってくるのだろう。
    それは、次の知性体が、今の人類と同じレヴェルまで進化した時なのか。
    それとも、ただ単純に、人類が退化しただけのことなのか。
    という問いを投げかけられている気がした。

    望もうと望むまいと、何度でも沸点は訪れる。
    望むと望まざると、必ずその時は訪れる。

    科学では説明できない、けれど「似非科学だ」とは言い切れないある種の法則に、結局のところ私たちは支配されてしまっているのかも知れない。

    けれどそれらの法則を捻じ曲げてしまえるのは、人間の想像力だけだ。多分、今のところは。

  • いつも何のジャンルなのか分類に困る宮内作品。作品の雰囲気が好きで新刊が毎回楽しみでなりません。


    「百匹目の火神」シンクロニシティ、百匹目の猿現象
    「彼女がエスパーだったころ」スプーン曲げ、メタルベンディング
    「ムイシュキンの脳髄」オーギトミー療法、ロボトミー殺人事件
    「水神計画」ミーム、水からの伝言
    「薄ければ薄いほど」プラセボ効果、ホメオパシー
    「沸点」性とマインドコントロール、カルト、ヘヴンズゲート事件


    なんとも言えないジャンルを素材にしているので、帯を見ただけで即予約しました。難しくって眠気に襲われながらも読了。「ムイシュキンの脳髄」「水神計画」や「薄ければ薄いほど」あたりは面白くて一気読み。雰囲気は森さんの『オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ』と似ている。

    ただ誰の視点なのか(誰のセリフなのか)ぼんやりとしていて取っつきにくい。元エスパーが登場したりして、ああなるほど…と思ったけどわかりにくい。やっぱり短編よりも一つの話にまとめて出してほしいような気がする…。(そうなるとネタてんこ盛りになってしまうけど…)中途半端に中編ものよりも、思い切って600ページくらいの超・長編作品とか読んでみたいかも。

    倫理のエッジ(169ページ)とかカッコいいなぁ。こういう細かなセリフとか文章が好きです。科学、疑似科学、非科学、信仰(宗教)が遠いようで近い場所にあって、その間をうろうろしているような感覚を味わうことが出来て面白かったです。

    相変わらず参考文献の量がすごい。

  • オカルトというか疑似科学というか
    不思議な世界観の短編です

    百匹目の火神、ムイシュキンの脳髄が怖かったのです

  • 面白かったです。単独で読むのは初めての作家さんでした。
    連作短編集だとは途中まで気が付きませんでしたが、主人公はなかなかヘビーでした。
    科学的なことを扱いながら、物語は人の心理的な面に焦点を当てていくところが不思議で好きでした。
    「百匹目の火神」「水神計画」「薄ければ薄いほど」が特に好きでした。何かにすがらなくてはならない、人の弱さを感じました。

  • 摩訶不思議なSF短編集。
    「ヨハネスブルグの天使たち」でも怪しい文体に引き込まれたが、本作も曖昧なSFのようなオカルトのようなミステリのような。
    標題の「彼女がエスパーだったころ」の彼女が他の短編にも顔を出すが、別に狂言回しの役どころでもない。
    それどころか仄かに恋愛の匂いを振りまいてくれる。
    いいですねぇ、「沸点」ラストの台詞「来ちゃった。」
    この曖昧さ加減にトドメを刺すような甘い一言。
    及川千春に会いたくなります。

  • 疑似科学をモチーフにした連絡短編集。物語を楽しんでいるうちに衝撃的なテーマが現れ、心揺さぶられてしまった。構成もまとまっており、それぞれの作品というよりは本全体を読み返したい気持ちになった。

  • SF、なのだろうか。ジャンル分けが難しい小説。

    6つの短編は、共時性、スプーン曲げ、オーギトミー療法、言葉による水の浄化、プラセボ効果、ティッピングポイントといった、科学とオカルト(?)の境界にあるトピックを軸に展開する。
    主人公は記者で、最初の方はまったくの語り手に徹しているが、話が進むにつれて当事者として巻き込まれていく(もしくは踏み込んでいく)。

    ドライな感じで話が進み、終わっていくように見えて、突き詰めて考えれば深く含蓄のある台詞や一文が、物語にくさびを打ち込んでいる印象。

    人の心の機微を丁寧に描く小説が好きな人にはアレかもしれない。が、枠組みの見事さがすごい小説だな(枠組内に読者がいろいろと詰め込める)と思った。
    あと、サブタイトルの英訳が、いいと思った。

  • 6つの作品が並ぶ。
    火を使うことを覚えた猿、スプーン曲げの少女、
    脳幹手術をうけたロッカー、インチキ科学を奉じる宗教、
    医療拒否するホスピス、脱アル中の匿名会の事件

    ルポライターであろうか?語り手が同一人物であるらしいことで、ゆるく繋がっている作品集。
    表題「彼女がエスパーだったころ」の彼女・及川千晴も、あちこちで登場する。

    SFという形態ではあるけれど、社会の”企画”に合わない人間が、どのように折り合いをつけて人生を消化していくか、そういう悲しみや辛さがたくさん詰まっている。
    宮内小説は、いつも”異質”を意識させられるんだよね。
    でも、縁もゆかりもない全然関係ない”異質”とは違う。
    ちょっと何かを知っている、変わったことができる、体をこわす、心が疲れる そこから生じる異質......

    最後は救いがあります。
    大事な人のことを大事にする力こそがエスパーかも ....

  • 宮内悠介面白そうだな、どの作品を読もうかな、とリサーチしていた矢先の吉川英治~でしたので、ヨシキタとこの本を選びました。
    短編集で、連作……に当たるのだろうか。関係性はありますが、因果関係は強くない模様。
    ドライなようで実はウェットなのかその逆なのか、私には判断が難しいです。
    狐につままれたような読後感、さらにその後やってきた、幻の狐を追い求めるような感覚、かなり独特なもので、クセになりそう。良い作家さんだなあ。

    収録作の中で一番ツボだったのが『百匹目の火神』。
    猿による全国規模の連続放火をめぐる話。エンタテイメント的なものと文学的なもののブレンドぐあいが、とても私の好みに合いました。ラストシーンは「あざといぜこんちくしょう」とつぶやきながら、でも感動しちゃうもんはしちゃうんだから仕方ないじゃないですか。

    『水神計画』も好きです。言葉により水を浄化する、世界を浄化するという精神世界めいた<水神計画>に主人公は関わっていくが、意外な方向に。
    このタッチでこの展開を書いてしまうことがまず異常でした。なんだろこれ、とやや戸惑いながら読み進めましたが、主人公が窮地に陥った時の光景が面白く(限定的な愉快ではなく)、この頂点に、それまでとそれからの諸々が収斂されていく様が興味深かったです。

    他の本も読んでみようと思います。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)
1979年東京都生まれ。2010年「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞してデビュー。12年同名の作品集で第33回日本SF大賞、13年第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞をそれぞれ受賞。14年『ヨハネスブルグの天使たち
』で第34回日本SF大賞特別賞。17年『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞、18年『あとは野となれ大和撫子』で第49回星雲賞〈日本長編部門〉を受賞。近著に『超動く家にて』『偶然の聖地』『遠い他国でひょんと死ぬるや』など。


「2019年 『宮辻薬東宮』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮内悠介の作品

彼女がエスパーだったころを本棚に登録しているひと

ツイートする