恩讐の鎮魂曲

著者 :
  • 講談社
4.05
  • (106)
  • (209)
  • (79)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 886
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199674

作品紹介・あらすじ

悪辣弁護士・御子柴礼司、医療少年院の恩師・稲見が殺人で逮捕された――

圧倒的迫力のリーガル・サスペンス!
またしても止まらない「どんでん返し」!! 

「王様のブランチ」「ダ・ヴィンチ」などで話題沸騰! 
『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』シリーズ最新作!!

改めて問われる「贖罪」の意味とは――

韓国船が沈没し、251名が亡くなった。
その事故で、女性から救命胴衣を奪った日本人男性が暴行罪で裁判となったが、
刑法の「緊急避難」が適用され無罪となった。
一方、医療少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕されたため、
御子柴は弁護人に名乗り出る。
稲見は本当に殺人を犯したのか? 

書店員さんコメント

人間を突き動かす想いの強さと法の力の限界を
痛感させられる第一級のエンタメ作品だ!
                      三省堂書店営業企画室 内田 剛さん
この裁判員のひとりだったら苦悩するだろう。
人が人を裁く難しさを思い知った。
                      文教堂書店西葛西店 水野知博さん
かつての恩師を助けるため、心が揺れる御子柴がとても人間くさく魅力的でした。
                    MARUZEN 名古屋本店 竹腰香里様さん
一気読み間違いなし。どんでん返しの連続です!
                      書泉グランデ 近藤茂樹さん

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 御子柴礼司シリーズ3作目。
    前作で「死体配達人」の過去が知れて自身の状況が一変した御子柴。
    その中でかつての恩師の逮捕。
    全て逆境となりつつも冷徹に。そして恩師を救うために弁護を奪う。
    冒頭の事件との繋がり。伯楽園の闇。護るものと奪われたものの復讐。
    全て計算し尽くされた物語作りはさすがとしか。
    正義への信念の違いで結果的に敗北となってしまったかたちに。
    でも、最後の手紙で救われましたね。

  • 中山七里の作品2冊目、同じく曲者弁護士のシリーズで前作より更に彼の出自が明らかにされていて暗黒の少年期の恩師の弁護に奔走する。
    何故だか高齢になった恩師が殺人を犯したらしく しかも自供して罰を受けたいと言う。そんな人間ではないと固く信じる彼は覆す相手が検察側だけでなく弁護すべき恩師をも相手にしなければならない今回の事案。
    「どんな被疑者にも護られるべき権利があり、そしてどんな人間にも償う権利がある」との恩師からの教えに習い弁護士の道に進んだけど、命とカネは人の優先順位の最高位と思い込んでいたがどうやら違っていたらしい。
    事件の舞台になった介護施設の様子もよく知っているので誇張はあるけどよく分かったし韓国のセウォル号事件みたいな海難事故が入口になっているのもなかなかでした。

  • 手を血で染めた人間の罪は、こういうものなんだ!罪を償うとは、こういうものなんだ!と身を徹して、御子柴に教えてるような稲見に思えました。御子柴の稲見を護る為に裁判に挑む姿は、「助けたい」という人間らしい心。最後の凛子の手紙に涙を滲ませる御子柴の姿。少しずつ変わって行く御子柴を見てると、同時に犯した罪は何故起きなければならなかったのか……深く考えました。稲見の、この生き様が後の御子柴に多くの事を問いかけ、悩み苦しんで気付いて欲しい。事件と事件が本当に上手く繋がってる本です。

  • 脛に傷持つ悪辣弁護士の御子柴氏が、今回は恩師たる稲見元教官の事件に立ち向かいます。
    ただ今回もまたいわゆる「普通」の事件の構図とはならず、御子柴は彼らしからぬジレンマに悩まされます。
    今回の物語の肝は、この御子柴の懊悩にあるように思います。大切な人間のために戦っているのに、その手はどうにも空を切ってばかり。それでも、戦うのか?意味があるのか?苦しむ彼の姿は、なんとも辛いものでした。

    事件そのものも陰鬱としたもので、世情を反映した介護施設での事件ということでリアリティがあります。これに違い現実があちこちにあるのだろうと思うと、ぞっとさせられるばかりです。

    ミステリとしての意外性…というか、起承転結の付け方はある意味作者らしいと思います。ただまあ若干都合よくアイテムが出てくる感じは否めませんでしたが。

    個人的には、シリーズ物の一作として、御子柴氏が三度遭遇した苦難に立ち向かう姿を印象深く読みました。そして綺麗すぎるかもしれないラストシーンを経て、また次作、彼がどう変わるのか(変わらないのか)が楽しみになりました。

  • 激混みの耳鼻科に行くことになり、かなりの待ち時間が予想されお供に持参しました。

    うるさいうるさい待ち合い室で、のめり込み読み進み、うっかりウワッと泣いてしまいそうになったのは、稲見教官の妻のところで見た新聞記事の助かった老人の名前が明らかになった瞬間でした。

    そこからは、そうだったのか!それもそうだったのか!あれもそうだったのか!の連続でした。
    持っていくところのない思いは、いつまでも消えず静かに燃え続ける。

    御子柴先生は感謝も恩義も何もかも込め出来る限りをし、稲見教官はすべて受け止めた上での結末を望み、これ以上どうすることも出来ない。
    辛いですね、御子柴先生、、、

    相変わらず、見事な展開でした。

    (診察に呼ばれるまでに、読み終えることができました。長すぎでしょう。)

  • 前歴から死体配達人の異名をとる、特異なキャラクター御子柴弁護士シリーズの第3弾。
    今回も、「手に汗握る」の形容もかくやのリーガルサスペンスに、堪能した。
    第3作は、タイムリーな課題といっていい介護施設が舞台。そして、依頼人が最大の敵?
    百戦錬磨の御子柴も手を焼き、裁判結果は「相撲に勝って、勝負に負ける」の例えか。
    法の限界を突き付けられ、自己嫌悪から気力を奪われて、人間らしくなった?、そんな御子柴が最後の最後で救われる。
    「どうにも分からない女だな」と、御子柴がつぶやく事務所事務員日下部洋子とのコンビも楽しみなこのシリーズは、まだまだ続きそう。
    次回作が待たれる。

  • 御子柴シリーズ第3弾。前作で法廷を去ったと思われた御子柴だが、少年院時代にお世話になった教官に殺人容疑がかかり、再び法廷に戻ってくる・・・今回もいろんな事件の関係者が意外な形で絡んでおり、最後まで気が抜けない。しかし、今回の御子柴はかなり人間らしくなっており、感情をあらわにすることも。第3弾にして、初の負け裁判となったが、ラストには前作の登場人物・倫子からの手紙に希望も見受けられ、次回作が待ち遠しい。

  • シリーズ3作目。
    本作ではモーツァルトのレクイエムが登場。
    (二十歳の女の子のお気に入りの曲として成り立つのかは少し疑問...)

    稲見教官がかっこいい回。「自分のしたことに責任を持つ」という理念を、最後まで少しも曲げずに貫く姿勢には感服。と同時に一番救いたい人を救えなかった御子柴のやりきれない思いにも共感できて、複雑な気持ち。。。

    「被害者より加害者に優しい国」というのは本当にそうだなと思う。少しずつ法改正もされているが、実際に犯罪に巻き込まれた人やその家族は、生き地獄のような苦しみを味わっているのかと思うといたたまれない。

    殺人を犯しても罪に問われない「緊急避難」というワードは初めて知った。

  • やっぱり御子柴シリーズ面白い。今回の少々まぬけな御子柴もまたよし。最後の手紙で涙が溢れてしまた。

  • 罪を犯してしまうこと、
    そして犯した罪を償うということ、
    本当に心から罪を悔いるというのはどういうことなのだろうかと
    作者はシリーズを通してずっと私たちに問いかけている。
    そしてこの物語には、裁かれないことで
    更に不幸が加速する人がいれば
    裁かれることで救われる人も登場する。
    そこへキーワードとして登場する『緊急避難』が絡むことで
    物語は猛烈に面白くなっていくのです。
    ページをめくる手が止められなくなるほどストーリーは面白いのに
    読み終わったあと、心の中には
    答えの出ない問いが刺さったままになっているのでした。

全167件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年岐阜県生まれ。2009年『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。幅広いジャンルを手がけ、斬新な視点と衝撃的な展開で多くの読者の支持を得ている。

「2021年 『ヒポクラテスの悔恨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山七里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

恩讐の鎮魂曲を本棚に登録しているひと

ツイートする
×