殉教者

著者 :
  • 講談社
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199773

作品紹介・あらすじ

1614年、2代将軍徳川秀忠がキリシタン禁教令を発布した。キリシタンへの迫害、拷問、殺戮が頻発し、岐部は殉教者の記録を集める。翌年、28歳の岐部はエスパニア人修道士と共に長崎から船出、40日の航海の後にマニラ港に着く。そこで入手した地図には、双六のように、マニラを振り出しに、マカオ、マラッカ、コーチン、ゴア、ポルトガルの要塞のあるホルムズ島、さらにペルシャ砂漠、シリア砂漠、遂にはエルサレムに到達する道筋がこまかく描かれていた。岐部は自らの信仰を強くすることと、イエスの苦難を追体験することを思い、胸を躍らせた。
ペトロ岐部は1587年に豊後の国東半島で生まれ、熱心なキリシタンの父母の元で育つ。13歳の時に一家は長崎に移り、岐部はセミナリオに入学を許される。ここでラテン語を習得し、聖地エルサレムと大都ローマを訪れることを強く決意する。
次に訪れたマカオでは差別に耐えながら志を貫き、何とか旅費を工面して、ミゲルと小西という二人の日本人とともに海路、インドのゴアに向かう。ゴアからローマに向かう船に乗る二人と別れた岐部は、水夫として働きながらホルムズ島に向い、そこからは駱駝の隊商で働き砂漠を通ってエルサレムを目指す。
1619年、岐部はついに聖地エルサレムの地を踏む。そこから徒歩で、イスタンブール、ベオグラード、ザグレブを経て、ヴェネツィアに。祖国を出て5年、岐部はついにローマにたどり着いた。海路で1万4500キロ、徒歩で3万8000キロ。乞食のような身なりの岐部に施しをしようとした神父が、流暢なラテン語で話す岐部に驚き、イエズス会の宿泊所に案内される。そこで岐部は、4日間にわたる試験を受け合格、イエズス会への入会を許された。
ローマとリスボンで2年間の修練を経て、帰国の許可を得た岐部は、キリシタン弾圧の荒れ狂う日本に向けて殉教の旅路についた。
信仰に生きた男の苛酷な生涯が荒廃した現代を照らす、著者渾身の書下ろし長篇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一人の殉教者の評伝であると同時に、老境に差し掛かった作者の信仰告白の書でもあるという印象を受けた。ネット上で「自爆テロみたいで怖い」というレビューが散見されるが、全くの的外れと言えよう。罪のない無関係な人々を巻き添えにする非情な暴力行為である自爆テロと、あくまでも非暴力・無抵抗に信仰告白をしつつ、命がけで心を同じくする人々と共に生きようとする本書の主人公とを、イコールで結んで考えられるということ自体が信じがたい発想である。

  • 図書館で借りた本。ペトロ岐部カスイの巡礼を書いた内容でその時々にいた場所や風土、キリシタンに対する扱いなども含め、殉教者たちの足取りが分かる。江戸時代初期に日本で初めて砂漠を歩いてエルサレム巡礼した人物?の可能性があり司祭にまでなった教養ある人。

  • 新聞の書評で知った本。
    日本人で、江戸時代キリスト教迫害の嵐の中、
    密かに長崎半島の南、野母港から、出航し
    フィリピン(マカオ)、マレーシア(マラッカ)、インド(ゴア)
    ホルムズ海峡を船員として働きながら渡り、
    バグダッド、アレッポ、ダマスカス、エルサレム、
    ガラリア湖、イスタンブールとラクダの隊商に
    駱駝引きとして働きながら、
    ヴェネチア、、ローマへと。
    正式にイエスズ会に入会し、数々の試験を経て
    正式に司祭になった初めての日本人。

    加賀乙彦さん自身も、熱心なキリスト教徒なので
    その経緯やペトロ岐部河水のイエスの足跡を巡り
    それを肌で感じたいという、旅の詳細も実に詳しい。

    往路よりも険しい復路。
    そして、弾圧厳しい日本で、キリスト教徒を支えながらも
    自らも激しい責め苦で命を落とす。

    私はキリスト教徒でないから、教徒目線では見れなかったのですが
    キリストの足跡を追い、奇跡を目にし、
    興奮する様子は今で言う所の
    ディープなアニメオタクにも似ている。
    アニメの登場する場所を見に行って感激したり、
    アニメの主人公の言動に感化されて、その文化さえ知ろうと
    するような熱心さ。アニメの主人公は決して諦めない。
    厳しければ厳しいほど、苦難があればあるほど、
    その信仰心に火がつき、情熱を持って立ち向かう。
    キリストの立ち寄った場所に立つと、
    その興奮は一気にボルテージが上がる。
    ジョン万次郎にも似て、ペテロはその真面目な勉学家の一面は
    あった人々に感心され信頼も受ける。
    信仰を脇に押しやって、アドベンチャーとしても面白い一冊。

    シルクロードなどの旅については、推察の域をでないかもしれないが
    陸を渡ってローマに着いたとか、ローマでの述懐から類推しての
    物語構成なのだろう、実際はそう遠くはないだろう。

    また、あの通信手段が少ない
    江戸時代であっても、東回り、西廻りと通信内容が紛失しないよう
    二つの書簡をローマへ送ったという。
    日本でのキリスト教はまだまだ草生期、そんな異国でも
    キリスト教布教の為命を落としてまでも貢献した信者の名を
    記録し称える為にこんな面倒なことをしていた。
    殉教者がどれだけ、後進の信者に影響があったか。
    また殉教の精神がどれだけ信者にとって尊いことだったか。

    I・Sというイスラムのテロ集団はそんな信者の殉教という
    精神的高みを悪用してると言われて久しいが、
    実は古くからこのような考え方が広くあって、
    宗教を問わず同じように、ずっと殉教者が多く存在し続けたのだ。
    その点も興味深かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、精神科医として勤務のかたわら、小説の執筆を始める。『フランドルの冬』で芸術選奨文部大臣新人賞、『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞、『宣告』で日本文学大賞、『湿原』で大佛次郎賞、自伝的小説『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞、自伝的大河小説『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞している。その他の著書に、『錨のない船』『不幸な国の幸福論』など多数ある。近年は、本書をはじめとした殉教者を描く歴史小説『ザビエルとその弟子』、ペトロ岐部の生涯を描いた『殉教者』を発表している。

「2020年 『殉教者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加賀乙彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×