どうぶつのくに

著者 :
  • 講談社
3.13
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199810

作品紹介・あらすじ

世界一のクラゲ水族館「鶴岡市立加茂水族館」(山形県)、パンダの繁殖で知られる「アドベンチャーワールド」(和歌山県)、震災を乗り越えて再開園を果たした「アクアマリンふくしま」、愛くるしい顔で大人気のウォンバットが出迎える「池田市立五月山動物園」(大阪府)などなど、日本の12の動物園・水族館が豊富な写真とともに紹介される本書、読んで出かけるガイドブックとしてはもちろん、それぞれのどうぶつたちの生態に一歩も二歩も踏み込んだオリジナルどうぶつ図鑑が読みどころ。動物園・水族館で働くエキスパートたちの仕事・思いが綴られている。動物を見て、知って、楽しむ、ガイドブックを超えた究極のガイド!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1979年大阪生まれ。「どうぶつのくに」編集長。写真家。早稲田大学法学部を卒業後、広告業界で活躍をしながら、2009年雑誌「どうぶつのくに」を企画発行人として創刊。同誌は日本初の「全国の動物園・水族館専門」のフリーマガジンとして10万部を発行する人気雑誌に。すべての写真を撮りおろしたクオリティの高さには定評がある。国内外を旅しながら動物園・水族館の取材を続け、昨今は海外とのネットワークを活かして動物園や水族館のプランニングやコンサルティングにも携わっている。

「2016年 『どうぶつのくに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×