日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術 (講談社ARTピース)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (6)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199858

作品紹介・あらすじ

庶民が愛好し、日本人の心を潤してきた「とぼけている」としか言いようのない、素敵な絵画群。その大きな流れをたのしく紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 禅画、南画、その他さまざまな「おとぼけ」絵画を楽しく紹介した一冊だ。

    ものすごく簡略化されていたり、変な形をしていたり、稚拙さをあえて出していたり、なんともいえない味わいの絵が次から次へと出てきて、なんだこれ、とおかしくなった。

    尾形光琳、狩野山雪、伊藤若冲など錚々たる絵師もこんなの描いてたんだな、と興味深い。
    著者いわく、こういったとぼけた美術を楽しめる素養が日本人にあったことが現代の「へたうま」を受け入れる下地になった、というのだけれど、うーん、なんか、わかる気がする。

    すごいな、と思ったのは歌川国芳の、「壁の落書き」を絵にした一枚。蔵の壁に、役者や、ヘンな猫や、そういったものが粗雑に描かれているのを絵として描いている。
    これは現代のグラフィティ・アートをモチーフにした表現に近いと思うのだけれど、そういう絵画が江戸時代に描かれ、民衆に受け入れられていたということに驚く。

    日本美術、奥深いな。

  • 和むわ~(*´∇`*)ちょっと気持ち悪い絵もあるけれど、ヘタウマな絵に思わず「えへへ( ̄∇ ̄*)」と笑ってしまう♪あぁ美術館へ行きたいなー(^o^)

  • 落書きみたいな絵も沢山残ってるんだなぁ。

  • 美しいとか、上手だ、という価値観から少しずれたところの魅力を持ってる作品に触れることができた。

    絵の本なのに、絵を通して禅のことについて学べた気がする。

    禅とは、常識や既成概念を破って、それにとらわれずに物事の本質を見極めることを大切にしている、と感じた。
    禅画を見ていると、「いかに固定観念に縛られているか、ということに気づけ! 自ら気づけ!」と言われているように感じる。
    「自分で気づけ。でないと、本当の意味で学べない」と。

    禅画以外にも、魅力的な絵が沢山あった。
    面白い本だった。


    【memo】
    目出度さはことしの蚊にも喰われけり 小林一茶

    岡田米山人 「富士山図」
    尾形乾山 「富士山図」

  • 癒えます。春叢紹珠の皿回し布袋図、風外本高の虎図と猛虎図、中村芳中の鹿図、曽我蕭白の雪山童子図、あとお殿様のシリーズは全て好きです。実際に鑑賞した作品もありますし、プリントでしか見たことがないのもありますが総じて非常に素晴らしく魅力的であります。

  • 禅僧が味わい深い絵を描くことにふふっとなったが、皆さん江戸時代くらいに生きてた人たちなのに結構長命ってことに気づいた。1日0~2食でもバランスの良い食事を取って頭や指先を使い続けて心が健康であると長生きするんだなあ。

  • 「なんじゃこの絵は?」
    って思わず美術館で笑ってしまったことってないですか?

    すごい巨匠が描いた絵なのに
    思わず「かわいい~」って言ってしまうような絵や
    「この絵は家に飾ったらコワイ…」とかって思う絵を集めて解説したこの本、めちゃくちゃおもしろいです。

    著者の金子信久さんはそんなおかしみのある絵を
    「苦い」「すっぱい」「ずっこけ」といった絶妙な表現で表している。

    長谷川等伯、海北友雪、尾形光琳、曽我蕭白など…
    彼らが描く世界とおもしろさは何度見ても楽しい。

    そうそう、忘れてはならないのが伊藤若冲
    あの緻密な絵を描いた若冲が描いた伏見人形図は
    まるまるころころしていて
    ある意味”今はやりのゆるキャラ”なのである。

    線で表された美、
    簡略の美
    素朴に込められた美
    日本の独特の美を追求した”目”は本当におもしろくてすばらしい。

  • 日本美術って自由で面白い。

  •  タイトルどおり、とぼけた雰囲気の日本の絵画を集めた1冊。
     和む。
     去年、禅展を見に行って、禅画は存分に堪能して来たんだけれど、また楽しめた。

     ただ、絵はすごくいいんだけれど、解説が読みづらくて…。
     文章の内容という意味でなく、構図(?)が。
     1ページに1つの絵画、もしくは見開きに1つの絵画が載っているのに、解説はずらずらっと続けて書いてあるのが、すごい読みづらい。
     殆どが、絵と解説が違うページになっちゃってて、解説読むのにページを行ったり来たりしなきゃいけなくて面倒くさい。
     1つの絵に1つの解説、て具合にしっかり分けてほしい。
     せめて、次の絵に変わったら、解説を1行空けるとかしてくれないものかしら。
     それだけがもったいない。

  • 読書録「にほんおとぼけ絵画史」5

    著者 金子信久
    出版 講談社

    p95より引用
    “江戸時代は、歴史上、絵という娯楽が爆発
    的に広まった時代でもあった。ゆかいな絵を
    求める大勢の人たちの心から、こんな作品が
    世に生まれたのである。”

    目次から抜粋引用
    “禅画
     俳画
     苦い
     素朴
     お殿さま”

     美術館学芸員である著者による、日本の古
    典美術の中から一風変わった作品を選びぬい
    た一冊。
     仙人や僧侶から空想の生物まで、思わず感
    情を揺さぶられてしまうような作品が紹介さ
    れています。

     上記の引用は、江戸時代の、形に歪みのあ
    る作品を紹介する項での一節。
    絵という、生きるのに必需でない物が広がっ
    て、大勢の人に楽しまれるというのは、その
    時代が比較的豊かであったからなのかもしれ
    ませんね。
     この本を見ていると、漫画好きであるとい
    うことは、日本人の血の中に練り込まれた感
    性なのではないかと思ってしまいます。
     面白いのでおすすめの一冊です。

    ーーーーー

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

金子信久(かねこ・のぶひさ)
1962年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。 府中市美術館学芸員。専門は江戸時代絵画史で、これまでにない切り口で美術を紹介する展覧会を企画し続けている。

「2021年 『ジュニア版もっと知りたい世界の美術 8 国芳と仙厓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子信久の作品

日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術 (講談社ARTピース)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×