みんなの あるあるプロ野球 GOGO!

  • 講談社
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199964

作品紹介・あらすじ

フォロワー2万4000人を誇るツイッターの大人気アカウント「@89_ogiri」(野球大喜利)を主宰する漫画家・カネシゲタカシによる、プロ野球「あるある本」第5弾です。『みんなの あるあるプロ野球』シリーズは、過去4作で7万部を超える人気シリーズになりました。
今回も、応募総数4万2000点を超える投稿から厳選した約840の爆笑ネタを、カネシゲタカシの1コマ漫画とともに展開します。【12球団あるある】をメインに、【スポーツ新聞あるある】【ドラフトあるある】など共感ネタ満載。
さらに今年は特別企画「プロ野球 恐怖の大予言2016」として、2016年シーズンに起きそうなこと、起きたら面白いネタなどを掲載しています。

ディープなプロ野球ファンからミーハー系ファン、しばらく野球から遠のいていた『昔ファンだった人』まで、楽しめる一冊です。

<あるあるネタ例>
●高橋由信監督に決まるまでの過程にモヤッとする(巨人あるある)
●ファームで育てた若鷹が一軍ではなく他球団に巣立っていく(福岡ソフトバンクあるある)
●そこそこ奇抜なユニフォームでも驚かない耐性がつく(オリックスあるある)
●とにかく明るい最下位(横浜DeNAあるある)
●「ある球団関係者」って誰やねん(スポーツ新聞あるある)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大引と坂口の一二番にオリックスファン歓喜の涙、みたいなのが載ってたけど、今や日常。オリックスに見る目がないのか、ヤクルトに見る目があるのか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1975年、大阪市に生まれる。漫画家。関西大学社会学部在学中より吉本興業で芸人活動を開始。岩尾望(現・フットボールアワー)と「ドレス」というコンビを組んで、劇場やテレビ、ラジオで活躍。1999年にコンビ解散後、本格的に漫画家を目指す。週刊少年ジャンプの「第2回四コマキング大賞」で準キングを受賞し、デビュー。週刊少年ジャンプ、赤マルジャンプ等に作品を発表している。特に野球ネタや似顔絵イラストを得意とし、テレビ、雑誌、ラジオ、インターネット動画(ニコ生ほか)、トークライブにゲスト出演するなど、幅広いフィールドで活動中。

「2018年 『みんなのしあわせになるプロ野球 ファンとっておきの泣ける・笑えるエピソード集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カネシゲ・タカシの作品

ツイートする
×