百人一首がよくわかる

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200103

作品紹介・あらすじ

和歌のオールタイム・ベスト100が一冊でわかる!
中学生から誰でもわかる、すらすら読める!橋本治の名訳で、百人一首がどこよりもわかりやすくて面白い現代語訳になった。

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに水くくるとは」→→→「ミラクルな 神代にもない 竜田川 こんな真っ赤に 水を染めるか!」

「花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふるながめせしまに」→→→「花の色は 変わっちゃったわ だらだらと ひとりでぼんやり してるあいだに」

「春の夜の 夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ」→→→「春の夜の夢みたいだわ 腕枕 それで噂になったらごめんね」

一首一首に対応する橋本治氏による斬新な桃尻現代語訳とシンプルかつ深い解説で、百人一首の内容と成り立ちが一目瞭然!最も面白くわかりやすい百人一首解説本の決定版です。

目次

◯百人一首について
◯カルタになった百人一首
◯百人一首の現代語訳
◯百人一首の遊び方

◯現代語訳 百人一首と解説

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 100殺!ビブリオバトル No.22 午後の部 第4ゲーム(3班)

  • 現代語訳が素敵

  • 「この歌もこの歌もまた百人一首記憶の底にはある日の授業」文字だけあわせて感想文を書きました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年、東京生まれ。イラストレイターを経て、77年小説『桃尻娘』を発表。『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

「2018年 『おいぼれハムレット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本治の作品

ツイートする