あの日

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (48)
  • (119)
  • (128)
  • (36)
  • (14)
本棚登録 : 1036
レビュー : 177
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200127

作品紹介・あらすじ

真実を歪めたのは誰だ? STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ざっと読んだのでメモ程度に。
     発売前、宣伝なのか同じ出版社系列のWebサイトにこの本を紹介する記事があったので読んでみた。その文体は現実離れした、小説のような雰囲気を醸し出していた。私が求めていたものとは違うと思い、買う気がなかった。しかし怖いもの見たさか読んでみることにした。
     ざっと読んでみると、私の予想は一部外れていた。各章の頭に、小説っぽい文が取って付けたかのようにちりばめられていたが、全体の内容は淡々と読み進められた。少なくとも小保方さんが語った内容をベースにしているとは思った。
     その中でも気になったのが、実験の過程で小保方さん本人はおかしいと気付いていたが周りの声に流されて進んでしまったことと、アカデミアの権威たちの手のひらの上で転がされて進んでいったことの2点である。前者は自分の意識を高く、後者は低く見積もっている。つまり、矛盾しているのである。論文の報道会見から弁護士を伴った会見まで小保方さんを見てきたが、後者の想像は容易にできても、前者の想像は全くできなかった。本人はその意識がおそらくないだろうが、上司(の中でも特に男性)の心をつかむのがとてもうまいというのは、本を読んでみても窺える。とはいえ、そうふるまいつつも、「私は気付いていました!」というのは、“いいとこどり”すぎるのでは。
     私個人の意見としては、こういう本が出版されることは腹立たしいことだと思う。しかし同時に、「確実に売れる」と思ってもいた。だから、あの『絶歌』を売り出した太田出版のような出版社ならやりかねないと思った(ブックカバーのデザインがそれを彷彿とさせることも含めて)。週刊現代などの媒体を持っているとはいっても、まさかあの講談社が出版してくるとは思わなかった。それがこの本で最も衝撃を受けたことだ。

  • 本が出版されると知った時、出版社に利用されてるようで、もうこれ以上バッシングを受けるようなことはしないほうがいいと思った。
    でも、本書を読んで考えが変わった。
    彼女にとっては書かずにいられない、真相を知ってもらいたい、絶対に記しておきたかったのだろう。

    前半は、生命科学・実験内容が主で、正直なところよくわかず読みとばしたところもある。
    後半は、時系列でどうしてこうなってしまったのかが、わかるように書かれている。
    研究者、情報リーク、理化学研究所のこと、中でもマスコミのやり方の酷さが際立っていた。
    真相は彼女の視点なので何ともいえないが、一人の女性をここまで追い込む「魔女狩り」はあってはならないと思う。
    (電子書籍 honto)

  • 2016.2.14.最初、この本が出版された時、何を馬鹿な…と思い、以前出版され物議をかもした少年Aの『絶歌』と同じ位置付けをしていた。でも、読んだ方々の印象を聞き「少なくとも言えるのは、うまくいっているときには祭り上げていた大人たちが、事が起こるとさあ〜!っと引いていったことがわかる本だ」という感想を聞き、とりあえずよんでみようと思った。読んでみて、なるほどのお(涙)〜と思った。ずっと不思議だったことが、詳しく書かれた手記によって紐解かれたように思った。一番、印象的だったのは世間にとっては小保方さんのネイチャー発表に関わる一連の出来事が最終的なことであったにもかかわらず小保方さんにとっては出発点であったことだ。一連の騒動において、命を絶たれる最後まで笹井さんが小保方さん側に立たれていたことが不思議でたまらず、小保方さん自身あんなことがあっても自らの主張を変えないことも不思議でたまらなかったが、なるほどこういうことだったのか…と深く納得した。私は、須田桃子記者のドキュメントも読んだが到底今回の騒動を納得できなかった。それがこの本を読むことでようやく解決でき、すっきりした。小保方さんが研究者として未熟であったことは疑うべくもない。しかし、本人はそれを認めており、だからこそスタップ細胞は彼女にとって始まりだったのだ。到底、ある特定の人物に責任転嫁する内容には思えなかった。うまく立ち回った人が確実にいることが大変、よくわかった。
    卒論など、~論という物を書いた事がある人だったら納得できると思う。~論を何か新発見のために書く人ってどれだけいるだろう。大多数の人は、学位、修士号、博士号を取るために書くのである。私が学生の時はパソコン自体がなかった(笑)のでコピペはできなかったが、資料丸写しの中でいかに自分の独自性を入れるかということに非常に苦労した思い出がある。博士号となればもう少し高度ではあろうが、おそらく(小保方さん以後のそれまでの他の偉い教授の論文にまつわる不祥事を見るに)コピペはある程度当たり前のものと黙認されていたのではないか。1%に満たない天才の方々以外!の学生による論文は、あくまでその先の席を得る手段として読み捨てられ、スルーされてしまっているのは間違いないと思う。割合に関しては、もちろん正確な数字はわからないが。
    この本を読む限り、小保方さんにとってスタップ細胞はあくまで理研に職を得る手段であったのだろう。論文を書きながらもおそらく小保方さんは世紀の大発見…とまでは思っていなかったと思う。しかし、それを自らの終着点としたい上司がいた(笹井さんではない)。功を焦った上司、自らを客観視できず、舞い上がってしまった研究者によってもたらされた悲劇といえるだろうなあと、この謎を自分なりに解読できたように思った。
    今は失笑と共に何度となく取り上げられる「スタップ細胞はあります!」という小保方さんの言葉と「それでも地球は回っている」という言葉が頭の中でオーバーラップする。

  • 読み物としては、どうかと思いますが。これを読んでいて芥川龍之介の「藪の中」を思い出しました。結局、STAP細胞騒動はなんだったのかは、50年過ぎて歴史を振り返ってみたときしか解らないんでしょうね・

  • 真実は神のみぞ知るところ。
    「この人、かわいそうだな。」という感想が最初に思い浮かんだ。

    文章が上手く読みやすく、なおかつ、論文を読むかのような客観性をあえて保とうとしている節が感じられる。

    この事件の容疑者というか黒幕を暗に示している点は興味深い。



    自分もメディアの言っていることを真に受けてしまった
    人の一人だと感じた。

  • 過剰報道に影響されず、フラットな気持ちで読みたかった本。図書館で目にしたので、今なら読めるなと思った。
    読んでいて辛い。

    研究は問題がなくても微妙なパワーバランスで成り立っている世界だから、綻び始めたら最後、止められなかったんだろう。

    厳しい局面が続く中で、彼女を支え続けた周囲の人々のように自分は行動できるだろうか。
    真実を求めることと、感情と、仁義と、信じることと。
    それらを混同せず、どれかひとつに飲み込まれることもなく粛々と行動していく強さを、周囲の人から感じた。



  • 前半は結構文章が稚拙というか科学者らしからぬ主観的な感想や子供っぽい表現が多く、著者が本当に悪気がなくスケープ・ゴートにされたことが真実としても大変伝わりづらく感じる。

    せっかく書籍化という形で世に発言できるのに大変もったいない。

    寝る間も惜しんで実験を続けたと何度も書く割には家にケーブルテレビを引いたり(見るんかい)、上司に指示されなかった実験を探求心のためこっそり進める割には『追実験すべきだと思ったが反対されたのでそういうものかと思いしなかった』みたいな(事件化する前なのでやろうと思えばやっても良かった時期)

    逆にそれを隠さないところに著者の素直さというか悪気のなさが伝わるんだがちょっとダブスタやん?とも感じる。

    ところが後半は文章が淡々としてきて内容もかなり同情でき、サスペンス展開の内容もあってすっげー面白い!

    別の人が書いたんかと思うくらいだが、ちょいちょい育ちの良い物言い(『お手紙』とか『お化粧』とか)が出てくるのでまあ本人かな。前半の『お母さんマウス』には失笑した。

    普段言うのは良いけど文章化するなよと。良くも悪くも裏表のないお嬢さんなんでしょうね。

  • 噂に違わず全体的に詩的で,情緒が前面に出ていて,こういうの読みなれてないのでふわふわした不思議な気持ちになってくる。
    章題も「ハシゴは外された」とか「業火」とか「戦えなかった。戦う術もなかった」とか。
    「第九章 私の心は正しくなかったのか」では,4/1の調査委員会報告を受けて,
    「専門家を名乗る人たちが生き生きとバッシングコメントをしていた」「ただただ涙がこぼれた。むせび泣くような体力はもう残っていなかった」p.165
    終始こんな感じで,どうも白けてしまう。
    笹井さんの言葉とされてるこれとか,直接話法で書かれてるけど著者フィルターが相当程度かかってるような気が…。
    「だから真の科学者は神の使徒なんだ。その美しい神の世界を人間にわかる言葉に翻訳するのが科学者の仕事なんだよ。神に仕える身として日々を過ごすんだよ。」p.135

  • 何より凄いな〜と素直に思うのが、
    小保方氏の愛され力。
    大学院にしても、アメリカにしても、
    理研にしても、
    とにかくなんだかうまくいってるとこは
    感心した。どんな手段とってたとしても凄い。
    スタップに関しては確かに彼女一人に
    全てを押し付けたあの状況は異常だった。
    研究について知らなかった頃は
    なんだこいつ、としか思わなかったけど
    研究者と触れ合うようになった今読むと
    彼女の主張にも聞くべき点はある。
    そもそもポスドク時代の論文の責任著者が
    筆頭著者の肩を持たずに自己保身に走ったのは
    いろんな意味でひどい。
    また、そんな研究者は確かにいると言えるし。
    もちろん小保方氏もひどい。
    そもそも大学院行く時も適当だし、
    その後のもろもろ突っ込まれた多種のミスは
    完全にアホのすること。
    ただそんなもろもろを越える何かが彼女にあったのに、
    どうもこれまた怪しい別研究者の裏切りによって燃え盛った
    バッシングの異常な盛り上がりが
    彼女の未来を閉ざしてしまったのはもったいなかったんじゃないかな。
    元気になったら外国でまた博士とりなおせばいいと思うけどな〜
    森達也の本読んで思ったけど
    メディアの印象操作と、
    それに踊らされて一斉に正義を語って攻撃する庶民、
    変な世の中だよな。

  • 情緒的な文章の波。読み進めて行くうちにだんだんと「小保方ワールド」に取り込まれかけたが、読了後に残ったのは不信感だった。
    百歩譲って恣意的にデータ改ざんをしたのでないにしてもやはりデータによる裏付けの重要性を理解できてなかったことになる。
    また例の「200回」については本書で200回キメラマウスまで作ったように誤解されたとあるが、では結局何回できたのか。そこについては書かれていない。
    そもそも200回ってどこからでてきた数字なのか。手順どおりにやってできるなら、200回も繰り返しデータを出さずとも、極端な話、5回でも10回でも良いのでは?
    ハーバードに行く経緯にしても、STAP細胞の発表にしても、書かれている事をそのまま受け取るなら余りにも本人も周囲も曖昧であり密室的で、どのみちおかしな話。
    味方になってくれた人には申し訳ない気持ちを表し、そうじゃない人をやり玉にあげる。いったいこの本は誰のために書いたのだろうか。

    ある一人の人物のこれまでの生き様としては「色々経験をされましたね、お疲れ様。一日も早く健康を取り戻しこれからの人生を大切に」と願うが、ある一人の化学者として、また社会人としては未熟であり(読む限り)結局自覚がないままなんだと残念に思った。
    またそしてそれを利用した周囲がいたのも事実で各々猛省は必要であろう。むろんそれに踊らされた我々も。

全177件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

千葉県生まれ。早稲田大学、同大学大学院、東京女子医科大学先端生命科学研究所、ハーバード大学医学大学院、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)で研究に従事。2014年12月、理化学研究所を退職。著書に『あの日』がある。

「2018年 『小保方晴子日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小保方晴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの日を本棚に登録しているひと

ツイートする
×