ARTBOX ルノワールの犬と猫 印象派の動物たち (講談社ARTピース)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200219

作品紹介・あらすじ

家族や、美女の足元にさりげなく存在する動物たち。見過ごされがちなそれらに注目すると、印象派作品のもう一つの側面が見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ルノワールの犬と猫が描かれた作品を中心に、マネ、シスレー、ルソー、ボナール、モネ、モリゾ、カサット、ヴュイヤル、ミレー、ゴーガン、ドガ、の動物が登場する絵画を59点収めた小さな画集。

    なんといってもルノワールのワンちゃん、ネコちゃんのモフモフ加減と豊かな表情がいいです。
    表紙に使われている『ジュリー・マネ(猫を抱く子ども)』のネコちゃんも喉のゴロゴロが聴こえてきそう。
    ちなみにこのお嬢さんは友人のマネの弟のひとり娘だとか。
    裏表紙に使われているルノワール『犬の頭部』の愛くるしい瞳のワンちゃんは猫派の自分も心奪われた。

    ルノワールなんて名前と絵の印象(ぼわっとしてふわっ)しか知らなかったのだけど、こうやって絵の背景やらアップにしたときの筆遣いやらを観ているとだんだん好きになってくる。
    いつか本物見に行きたいな。

    • やまさん
      5552さん
      こんばんは。
      いいね!有難うございます。
      きょうは、一日雨が降っている。
      困ったものだ。
      やま
      5552さん
      こんばんは。
      いいね!有難うございます。
      きょうは、一日雨が降っている。
      困ったものだ。
      やま
      2019/11/22
    • 5552さん
      やまさん
      こんばんは。
      雨が降っていて底冷えがしますね。
      私も洗濯物が乾かなくて困ります。
      明日は晴れるといいですね!
      やまさん
      こんばんは。
      雨が降っていて底冷えがしますね。
      私も洗濯物が乾かなくて困ります。
      明日は晴れるといいですね!
      2019/11/22
  • ルノワールが描いた動物たち。
    特に、犬と猫にスポットを当てて、他の印象派の画家が描く動物も交えて載せている画集。

    タイトルが「犬と猫」なのに、犬の数が圧倒的に多いのは、猫派の自分にとっては少し残念なところ。

    「眠る猫 」の猫は、今にも動き出しそう。みた瞬間に、かわいい!!!と、トリコになる姿。
    「ジュリー・マネ(猫を抱く子ども)」の猫の表情!!みた瞬間に幸せになれる表情。

    「犬の頭部」の犬は。。。瞳が愛くるしすぎて、息をするのも忘れてしまいそうなほど。

    ルノワールの描く犬猫は、本当に生きている。
    そして、人間の伴侶として、しわあせな家庭生活の一部となっている気がする。
    それを覗いてみて、優しい気持ちになれる画集。

    あー、本当にかわいい。。
    優しい時間だ。。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1969年生まれ。財団法人ひろしま美術館学芸員、岩手県立美術館専門学芸員を経て、現在、三菱一号館美術館上席学芸員。専門はフランス近代美術。主な担当展覧会に「モネ―睡蓮の世界」(共同監修、2001)、「シャルダン―静寂の巨匠」(2012)、「ルドン―秘密の花園」(2018)、「全員巨匠! フィリップス・コレクション展」(2018)など多数。「ルドン―秘密の花園」では第13回西洋美術振興財団賞「学術賞」を受賞した。主な著書に『もっと知りたいモネ 生涯と作品』『モネ作品集』(東京美術)、『ルノワールの犬と猫 印象派の動物たち』(講談社)、共著に『モネ入門―「睡蓮」を読み解く六つの話』(地中美術館)、『地中美術館』(公益財団法人福武財団)がある。

「2020年 『図説 モネ「睡蓮」の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安井裕雄の作品

ツイートする
×