さらば白人国家アメリカ

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (9)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200240

作品紹介・あらすじ

「二大政党の将来がどうなるかはわからない。ただ言えるのは、アメリカが白い肌に青い目で英語を話す人々の国だった時代は、確実に終わるということだ」――トランプ対ヒラリー、史上最悪の大統領選が暴いた大国の黄昏。在米の人気コラムニスト町山智浩氏が、党大会、演説集会をはじめ各地の「現場」で体感したサイレント・マジョリティの叫び!
1980年に人口の8割を占めた白人は、現在62%。やがて白人が人口の半分を割り、マイノリティへと転落する日がやってくる。白人たちのアイデンティティ・クライシスは、アメリカをどこに向かわせるのか!? シンクタンク、全米ライフル協会、アンチ人工中絶、スーパーPACと最高裁、肥満と大企業……「アメリカを操ってきたもの」たちの暴走と矛盾に斬りこむスーパーコラム。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ノリツッコミが面白い。アメリカの近代政治史が分かりやすく書いてある。
    ★白人人口が減り続けている。1980年には人口の8割いたが2043年には全人口の半数を切る。
    ★上院議員より大きな力を持つ「ヘリテージ財団とハドソン研究所」
    ★最高裁判事は終身で大統領でも更迭することができない。誰かが死ぬか引退した時しか任命できない。
    ★学校給食を運営できず、コカコーラやピザハットが格安で商品を提供している。
    ★貧乏人ほど肥満で栄養失調。野菜を売ってる店がない上(フードデザート)に、価格が高い(政府から野菜農家への補助金は1%しかでない)
    ★自由の女神の足元には「疲れた者たち、貧しい者たち、自由の空気を求めてひしめく者たち、岸辺で拒まれた哀れな者たちを私に送りなさい。家もなく、嵐に打たれた者たちを、ここに来させなさい。」と書かれている。
    ★投票時に現大統領の支持率が5割を超えていたら同じ政党の候補者が勝つ場合がほとんど。
    ★トランプはプロレスラーの悪役と同じで、反則すればするほど人気が出るように、暴言すればするほど支持率が上がる。
    ★アンドリュー ジャクソン大統領がAll Correct(全て正しい)を頭文字をOKと間違えたのが始りという伝説がある

  • 最高裁判事は終身だから大統領でも更迭することができない。
    ジェブブッシュは優秀だが、もうブッシュ家が大統領やることにはみんなが嫌がっていた。
    サンダースはニューヨーク生まれだが、両親はユダヤ系移民でポーランドに残った父の一族はホロコーストの犠牲になった。

  • クーリエ・ジャポン掲載時から好きだったコラムを一気読みできてなんたる充実感!(発売されてたの知らなくて読むの遅くなってしまった~)
    町山氏は漠然としたお国や政党批判じゃなくて政治家の個人名を挙げた上でその発言や来歴を紹介して説明してくれるので、なんというか掴みやすいんだなぁ。
    トランプが大統領になることはないだろうという見通しで終わってはいるものの、何故そういえるのか、トランプが如何に共和党のアウトサイダーなのかがよく分かって勉強になった気持ち。
    しかしキリスト教徒じゃなく同性婚も中絶もそれこそ個人の自由でしょという感覚の私からすると、共和党って…必要なんですかね…いっそ無くなった方が良い国になるんじゃ…なんて思ってしまいますね。

  • 大統領選でのまさかのトランプの勝利。アメリカで何が起こっているの?!という疑問を解き明かしてくれる本でした。
    以下は備忘録です。(ブクログの引用機能が使いづらいので。笑)
    ・トランプ支持者の平均像は、夫婦で年収7万ドル台中流、中高年の高卒の白人。(8割以上が中高年。大卒率はわずか19%)
    ・不法移民による暴力犯罪は多いのか?1990〜2013にかけて350万人から1100万人へと3倍に増加している。アメリカの暴力犯罪件数は現在も減り続けている。
    ・マーケティングのプロであるトランプは的確にサイレントマジョリティのニーズをつかみ、彼らを共和党から奪い取った。
    ・1980に、人口の8割を占めた白人は、現在は62%にすぎない。2043年には白人が全人口の半分を切り、マイノリティに転落する。その恐怖が人種差別的なトランプへの支持につながっている。

  • 17/02/13。

  • びっくりしました。アメリカの政党政治と司法の仕組み、社会の歴史等を現場でのルポを交えて臨場感たっぷり、分かりやすい言葉で解説してくれている「いまアメリカで何が起きているのか?」をやさしく知るための超・良書。
    著者のことは、映画評論家で、アメリカ社会を流行語などで切り取ったルポ的な著作を多く出されている方としてお名前は知っていたものの著者を1冊読んだのは初めてでしたが、すばらしい内容。他の著作も読んでみたくなりました。

  • アメリカ大統領選を巡る候補者とメディア論調をまとめている。アメリカ在住の著者だから分かる現在のアメリカ。

  • 図書館で予約して借りた。

    アメリカ合衆国の大統領選挙では、町山智浩もまた、最後の最後まで、様々なデータを提示して、ヒラリーの勝利を断言し、大ハズレした1人である。

    でも、彼の本はいつも面白いよ。
    オルト右翼の記述なんて、彼が一番上手に描写してる。

  • 3分の1くらい読んで挫折。
    ちゃんと読めば面白いんだろうけど…
    時間のある時読み直そう。

  • 町山智浩のアメリカ政治コラム集の最新版。主役はもちろんトランプ氏。共和党の凋落は共和党支持者の9割にのぼる白人高齢者の人口減によるもので、共和党でもなんでもない外様トランプが、共和党の綱領に反する政策をぶちあげ、移民への怨嗟をあおって喝采をあび、共和党主流派の他の候補者を駆逐して大統領選の候補になるのは、共和党の事実上の崩壊を意味するのだ。惜しむらくは、前作よりも政治コラムに偏りすぎて話のバラエティが乏しいのと、トランプ登場が本作の後半なので、それまでがあまり馴染みのない人の話ばかりなこと。

全12件中 1 - 10件を表示

さらば白人国家アメリカのその他の作品

さらば白人国家アメリカ Kindle版 さらば白人国家アメリカ 町山智浩

町山智浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
ピエール ルメー...
町山 智浩
村田 沙耶香
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

さらば白人国家アメリカはこんな本です

ツイートする