童話作家になる方法

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062200387

作品紹介・あらすじ

累計100万部を突破し今夏、3Dアニメ映画として公開決定した児童文学『ルドルフとイッパイアッテナ』の原作者が”童話を書く秘訣”を伝授!
「独創的物語を目指すなかれ」、「テーマは後、先にプロット」といった、物語とは何かを考えさせられるメッセージや、物語を思いつく方法、動物を上手く書く方法、新人賞に応募する人へのアドバイスなどの具体的なハウツーもユーモアにあふれる筆致で語られ、読み物としても楽しめます。「挿絵について」「児童書の読者について」など、児童書業界のさまざまな裏事情も紹介。
作家を目指す人、物語を書いてみたい人、童話のようなちょっと楽しい視点で毎日を過ごしてみたい人におすすめです。




「私にはそのときまだ、語るべき話、物語がまったくなかったのだ。ワープロの前にすわっても、書くことがなかったのである。

 児童文学にしても童話にしても、そのようなものを書こうと思ったこともなく、それどころか最後にその類のものを読んでから二十年以上たっているのだ。いったい何をどうやって書いたらよいのか、私は見当がつかなかった。

『えーっ! 書くことがあったから、新人賞に応募しようと思ったんじゃないの?』

と、そう言いたくなる人もいるだろう。そう言いたい気持ちはわかるが、じっさい、ほんとうに、私には、入賞して三十万円もらった場合に買うべきものはあったが、応募するための物語はなかったのだ。

 だが、肝心なことは、入賞して三十万円もらった場合に買うべきものがあったということであり、書くべき物語があるかどうかではない。三十万円は必要なのだ。それなら、物語は作ればいい!

 じゃあ、どうやって?」

──本文より。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 斉藤洋節が炸裂しつつ、作家になるためのアレコレがこれ本気か?冗談か?というドキッとするような辛辣なエピソードを交えて描いてあり大変面白かったです。
    多分、半分本気な感じだと思う。
    出版されてる本の裏話的なこともあり、既読は読み返したくなるし、未読なものは読んでみたくなりました。

  • カスが書いたカスのような本。灰谷某や谷川某の偽善は言うまでもないが、一方、このようにシャランとけち臭い俗を書いてしまう自称童話作家も如何なものか。死ぬまでにこの作家のケチくささを100人には伝えてしまうことだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

斉藤洋(さいとう ひろし)
東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞、『ルドルフ ともだち ひとりだち』で野間児童文芸新人賞、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。作品に「白狐魔記」シリーズ、「西遊記」シリーズ、「なん者・にん者・ぬん者」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、『K町の奇妙なおとなたち』『オイレ夫人の深夜画廊』『らくごで笑学校』などがあり、出版点数は300を超える。

「2021年 『もうひとつのアンデルセン童話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
スティーヴン・ミ...
伊坂 幸太郎
エラ・フランシス...
ミヒャエル・エン...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×