現世怪談 招かざる客

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201049

作品紹介・あらすじ

六甲山の無限ループに現れた大鳥居!?
死者から叩き付けられたダイヤの指輪!?
雑木林に突然現れた「どこでもドア」!?

この世で起きた
奇妙で恐ろしき怪異の数々。
「新耳袋」「九十九怪談」著者の新シリーズ誕生

日本各地には今なお多くの怪異が目撃されているという。
著者が現地へ足を運び、蒐集した21の実話怪談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすかった。
    怪談だけどあまり怖くなかった。

  • 図書館

    お稲荷様の鳥居におしっこをして罰が当たる話と、
    六甲山の牛女を見に行った際の不思議な体験がおもしろかった。

  • この程よい距離感、恐いような、そこまででもないような辺りが、こういった話に縁遠い自分には、安心して読めるので大変良いです。

  •  祖父の葬儀の準備でバタバタしている中、一人祖父の遺体を見つめていたが、突然祖父の顔を覆っていた布が風もないのにふわりと舞い上がって畳の上に……。

     表題作をはじめ、怖い話に不思議な話、心温まる話など、21の怪異譚を収録。
     少々自作品、または自分が関わった作品や番組への宣伝をしているきらいもありますが、怪談本としては及第点です。
     とても感動したのが、両親の前で意地を張り続ける娘の前に現れたモノの話「帰ってこないで」、とても恐怖を感じたのが、亡くなった人からかかってきた電話の話「カセットテープ」ですね。

  • 六甲山の無限ループに現れた大鳥居!?
    死者から叩き付けられたダイヤの指輪!?
    雑木林に突然現れた「どこでもドア」!?

    この世で起きた
    奇妙で恐ろしき怪異の数々。
    「新耳袋」「九十九怪談」著者の新シリーズ誕生

    日本各地には今なお多くの怪異が目撃されているという。
    著者が現地へ足を運び、蒐集した21の実話怪談。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

きはら・ひろかつ 1960年生まれ。主な著作に「新耳袋」「隣之怪」「九十九怪談」の各シリーズがある。マンガ・ドラマCDの原作の他、出版、ゲーム、公式携帯サイト「怪談百物語新耳袋」等のプロデュースを手掛ける。

「2019年 『九十九怪談 第十夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原浩勝の作品

ツイートする
×