ブーちゃん

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201360

作品紹介・あらすじ

藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
捨て猫だったブーちゃんが拾われて、飼い主が変わったり、ほかの家に入り込んだり。波瀾万丈の人生が猫目線で描かれます。
モノクロの線画に、ほどよく着彩された、
「最初に出合った猫を描いた、ぼくの最初の猫の絵だから、ぼくの猫の原点となった絵といってもいいだろう」と語る、著者にとっても思いの深い作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 60年前の作品なので、動物の扱いが雑な印象も受けるのですが、本当のお家を見つけられてよかったなと思いました。ブーちゃん可愛い

  • 藤城さんの影絵が好きなので、絵本も出されていると聞き図書館で借りてみた。影絵ではなくイラストの絵本だった。猫の行動が愛らしい素敵な絵本。

  • 藤城さんらしい優しさを感じられる絵本。あとがきによると、ご自身の終戦後間もない頃の体験を元にした作品とのこと。布団にもぐりこんでくるブーちゃんが可愛らしい。ところで、どうしてブーと名づけたのだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1924年 東京生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業後、「暮しの手帖」に影絵を連載。影絵劇、人形劇の舞台公演など多方面で活躍。
  1983年 影絵本『銀河鉄道の夜』がBIB国際絵本原画展で金のリンゴ賞を受賞。
  1989年 紫綬褒章を受賞。2016年、21年の歳月をかけた『アッシジの聖フランシスコ』完成
  1995年 勲四等旭日小綬章を綬章。
  著書に『藤原清治影絵画集』『イエス』『天地創造』『ヨーロッパの教会』『アッシジの聖フランシスコ』などがある。

「2019年 『風の交響楽(シンフォニー)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤城清治の作品

ツイートする
×