水の都 黄金の国

著者 :
  • 講談社
3.30
  • (0)
  • (14)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201513

作品紹介・あらすじ

海に浮かぶ街、ヴェネツィア。
この地で友を亡くし、同じ悲しみを知る君と出会った。

時は明治。日本語講師としてイタリアに赴任した誠次郎は、下宿先の料理店で働く美青年・ルカとともに、迷宮都市で起きる様々な怪事件にかかわることになって――?

水上都市で起きる難事件を、二人は“智慧”と“情”で解き明かす。
マルコ・ポーロのように東方で財を成した大富豪が、見初めた花売り娘を探す「黄金の国」
ゴンドラに乗った仮面姿の怪人が、金貨をばら撒くという「水の都の怪人」
“カサノヴァ”とあだ名された男が、魚雷の設計図を盗んで消える「錬金術師の夢」
“ガリレオの望遠鏡”を逆さにのぞいたせいで失踪した米国人を探す「新地動説」

温かくて切ないミステリー

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  海の街・ヴェネツィアを舞台とした連作ミステリ。
     明治時代に、祖国を飛び出し、イタリアに日本語講師として赴任した青年が、街で起こる奇妙な事件の数々を解き明かしてゆく。
     才気走ってはいない地味な男が、敢えて知恵を振り翳さずに、持ち前の気の好さと人情でもって謎を解きほぐす下りは、筆者従来の良き作風と言えよう。
     異国の地で亡くした友人を偲ぶ彼の感傷が優しく、温かい友情が、沁み入る水のように心を浸すのが心地好い。

  • 時は明治の頃、水の都ヴェネツィア。亡き旧友が没したこの地に日本語講師として赴任した主人公が、旧友を知る下宿先の青年と共にこの地で起きる怪事件にかかわる――

    三木先生の作品は、青年が、もう一人の青年に心酔して慕う関係性を描かれる事が多い印象ですが、今作はちょっと変わってて、心酔先の相手が既に死没してるという状況。そこで残された、同じ痛みを持つ二人の青年の関係がどう進展していくのか…というワクワク感が良かったですね。

  • 個々の事件は小さいものですが、ちょっと前の時代の雰囲気もあって楽しめました。
    ただ個性的なキャラが多いのに、あまり人物の内面に踏み込んでいないので、もったいない印象。もう少しキャラのことも深く知りたかったです。

  • 明治時代に日本語講師としてヴェネツィアに赴任した誠次郎が、さまざまな事件を体験する短編集。
    ヴェネツィアの風景や人々の人情が美しくしんみりする話。ゴンドラに乗った仮面姿の怪人が金貨をばら撒くなんて想像するだけで楽しい。最初は頼りなさげだった誠次郎が成長していくのもよかった。前任者の清人について描写があまりないので、それほど皆に慕われるのがピンとこなくて、そこは残念。

  • ミステリというには軽いけど、すっと読めて、面白い。事件の謎を解くというよりも、登場人物たちの心をそっと覗いていくお話たち。

  • 一つ一つは三木先生っぽい話。

    ラストの、持っていき方はずるいな。

  • ヴェネツィアを舞台に、日本語講師として滞在中の誠次郎を探偵役として、様々な事件の謎解きを描く。
    富豪の人探し、ヴェネツィア版ねずみ小僧の登場、カサノヴァの異名を持つ謎の人物と人間消失、ガリレオの望遠鏡に纏わる伝説と人間消失その2。
    ミステリーとしては軽い。
    帝都シリーズを思わせる、友情ともそれ以上とも付かない萌え関係。誠次郎のキャラクターがやや薄いのが残念。シリーズとして続くのなら良いけれど。今は亡き清人を思い続けながらも誠次郎に傾倒していきそうなルカが切ない。

  • 作中でルカが指摘されているし本人も自覚している、分かったうえで書かれているんだけど、誠次郎と清人を比べるのはあまり良い気分ではないかな。最後まで読めばちゃんとルカの気持ちも分かるんだけど、若干のもやもやは否めない。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年生まれ。秋田県出身。2008年、第2回ミステリーズ!新人賞最終候補作となった短編を改稿、連作化した短編集『人魚は空に還る』(東京創元社)でデビュー。他の著書に『クラーク巴里探偵録』(幻冬舎)、『百年の記憶 哀しみを刻む石』(講談社)などがある。

「2019年 『赤レンガの御庭番』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木笙子の作品

水の都 黄金の国を本棚に登録しているひと

ツイートする
×