スタンフォード大学 マインドフルネス教室

制作 : 坂井 純子 
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :147
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201704

作品紹介・あらすじ

意識・価値観を変えれば、あなたの能力はまだまだ伸びる!
エリートの卵たちの魂を揺さぶる感動の授業。

あなたは目の前のことに本当に集中できていますか?   
あなたは相手の言葉に真剣に耳を傾けていますか?
あなたは自分の弱さを人に見せられますか?

その場への集中、相手の価値を見いだすための観察などを通じ、
自分の意識と価値観を変えてゆく。

リーダーシップ、キラーストレスへの対応策など、
その効果が科学的に実証され、
ビジネス界・医療界・教育・子育ての応用でも大注目のマインドフルネスの真髄と実践。


各章に実際のエクササイズも掲載。

第1章 念(Mindfulness)
マインドフルネスとは何か/マインドフルネスの科学的根拠/マインドフル・リーダーシップ/マインドフル・エデュケーション etc.

第2章 初心(Beginners Mind)
自分の「弱さ」を体験する/あるフットボール選手の物語/謙虚さが自分を成長させる/VUCAワールド etc.

第3章 本当の自分(Authenticity)
あなたは誰か/人生の目的を見つける/日本人祖母の話/比較することについて etc.

第4章 絆(Connectedness)
つながりの科学/共感を発達させる/「私たち」という感覚  etc.

第5章 聴く力(The Heart of Listening)
「聴」という文字/聴くという贈り物/間と沈黙/聴く力は優れたリーダーの条件  etc.  

第6章 受容(Acceptance)
「仕方がない」という思想/平静の祈り/森田療法/変化と受容/スティーブ・ジョブズの受容について/手放すということ etc.

第7章 感謝(Gratitude)
感謝と幸せの関係/価値を見いだす知能/病気における感謝/「今はただ感謝だけが残る」 etc.

第8章 義理、人情、責任(Responsibility)
「特権」と「責任」/義理の真の意味/私たちこそリーダーだ/マインドフルネスと社会改革 etc.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スタンフォード大学で教鞭をとる著者(日本生まれ米国育ち)による、マインドフルネスの諸要素に関する解説書。

    内容は、著者がスタンフォード大学で行っている授業がベースで、前半は自己と向き合い内省すること、後半は他者と自分との関係性のなかで自分がどうあることが望ましいか考察するという形式をとっている。

    相談援助職としては、人の話を傾聴し共感することの効用というのは一応知っているつもりではいたが、本書のように実践とそれが話し手・聞き手にもたらす効果について詳しく書いてあり、理解が進んだ感じはあります。また、弱さを持つ自分を振り返り、受け入れることが最初に述べられていたこともとてもよく納得できました。

    個人的に残念に思った点は、①マインドフルネスは科学的根拠のある~と所々で言っている割に、研究成果に関する記述が少なく、著者の実体験に関する記述が相当に多かったこと(もちろん研究成果を披露することがメインでないことは承知していますが、どんなevidenceがあるのかは気になる。また、体験談にあまり感情移入できなかったことも一因かもしれない)、②訳後の文章にあまりなじめなかったこと(本書は恐らく、著者が英語で記載したものを別の翻訳者が日本語訳したもの。日本語で馴染みのない言葉が多数並ぶことや、単語の順序の問題なのか、ちょっと読みづらい印象でした)。

  • 特に5章「傾聴」がよかった。

    •会話を支配しない
    •自分の好奇心をおさえる
    •何らかの言葉をフィルターにかけ、メッセージを歪め、異なる視点から考えられなくさせている自身の先入観を暴き出す(ほんの一瞬でも自分の信じているものを捨てる)

  • 日系アメリカ人の著者による、マインドフルネス思想について記述した一冊。

    西欧文明から見た日本人の考え方は神秘的に見えるらしく、好意的に書かれていたのが印象的。

  • ダイバーシティの本でもある。偏見、偏った考え方になっている自分に気づくことができると思う。

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=150555

  • よかった、雰囲気が伝わってくるようで、すっと読めた。死を意識したり、儚さを意識したときに、スタートする

  • 意識を変えるだけで、あなたの才能・能力はまだまだ伸びる! 日本人の血を引くスタンフォード大学教授が、マインドフルネスで集中力・共感力を高め、複雑な社会を生き抜く力を身につける方法を説く。

    第1章 念(Mindfulness)
    第2章 初心(Beginner’s Mind)
    第3章 本当の自分(Authenticity)
    第4章 絆(Connectedness)
    第5章 聴く力(The Heart of Listening)
    第6章 受容(Acceptance)
    第7章 感謝(Gratitude)
    第8章 義理、人情、責任(Responsibility)

  • 日本生まれ、米国で育ちのスタンフォード大学在籍の心理学者の著書。

    マインドフルネスとは、瞑想習慣であるとともに、「覚醒した瞑想」と説明。それは集中力、感情のコンントロールなど、ビジネスパーソンに必要な資質全般にわたって影響を及ぼすものである。また、マインドフルネスは私たちを人間たらしめる多くの重要な性質、たとえば、先天的に備えている共感力、思いやり、親切心によって私たちが互いに深くつながっていることを理解する能力にも作用する。

    ゆえにマインドフルネスは自分が何者であるかを探り、自分の世界観と自分のいる場所を問いながら、意識を目覚めさせて自己や世界と調和して暮らすことを可能にしてくれる。

    また、マインドフルな状態は 「フロー」との関わりが深い。例えば、上記のにある「人間たらしめる多くの重要な性質を理解」し、「自己や世界と調和」を認識できれば、 人が何かしらの活動を行うとき自ずとエネルギッシュにその活動に集中し、完全に巻き込まれ、楽しむことに浸りきった精神状態になる。

    禅の言葉で説明すると、それは「完全にその瞬間に存在する状態」、ただひとつのことに集中し、自分のすることに平穏と幸福を見出す状態となり、マインドフルな状態かつフロー状態である。

    禅、マインドフル、フローの良質な関係を学べる一冊でした。

  • 感銘を受けたり、参考となる記述は沢山あったがどうしても自己啓発の要素は拭いきれていないように感じた。本書は一読するよりも、読んだものの要約を読んだり聞いたり、マンガで要約したり、テレビ化などをしてわかりやすく大衆向けにすると良いと感じた。

全10件中 1 - 10件を表示

スタンフォード大学 マインドフルネス教室のその他の作品

スタンフォード大学 マインドフルネス教室 Kindle版 スタンフォード大学 マインドフルネス教室 スティーヴン・マーフィ重松

スティーヴン・マーフィ重松の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
村田 沙耶香
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

スタンフォード大学 マインドフルネス教室を本棚に登録しているひと

ツイートする