イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

  • 講談社
4.19
  • (16)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 220
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062201773

作品紹介・あらすじ

コンピュータとインターネットは現代のひときわ重要な発明に数えられるが、だれが作ったのかはあまり知られていない。その源に一人の女性がいた。
第1巻では、コンピュータの母といわれる伯爵夫人エイダ・ラブレスの存在から、世界初のコンピュータの誕生、プログラミングの歴史、トランジスタとマイクロチップの発明、そしてインターネットが生まれるまでを網羅する。

【イノベーションは、人文科学と自然科学の交差点から生まれる!】
コンピュータとインターネットは現代のひときわ重要な発明に数えられるが、だれが作ったのかはあまり知られていない。どちらも、雑誌の表紙を飾ったり、エジソンやベル、モールスらと並んで殿堂入りするにふさわしい一人の天才発明家が、屋根裏やガレージというなにもないところから生み出したわけではない。

むしろ逆で、デジタル時代の発明は、ほとんどがコラボレーションのなかから生まれてきた。
そこには、独創的な人間や、少数ながら真の天才まで、魅力的な人間が数多くかかわっている。

本書は、そうした先駆者、ハッカーや発明家、アントレプレナー(起業家)たちがどんな人間だったか、何を考えたのか、その創造性の源がなんだったのかをつづった物語だ。(中略)

なにより印象に残ったのは、デジタル時代の真の創造性は、芸術と科学を結び付けられる人から生まれてきたという事実だ。美を大切と考える人たちだ。

「僕は子どものころ、自分は文系だと思っていたのに、エレクトロニクスが好きになってしまった」――伝記に着手してすぐ、ジョブズにこう言われた。
「その後、文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値があると、僕のヒーローのひとり、ポラロイド社のエドウィン・ランドが語った話を読んで、そういう人間になろうと思ったんだ」

文系と理系、つまり人文科学と自然科学の交差点に立った時に安らぎを感じられる人こそが、人間と機械の共生をつくり出していく。それが、本書のメインテーマだ。
……序章より

*コンピュータ概念をつくった孤独な数学者、アラン・チューリング
*世界初の電子式コンピュータ「ENIAC」をプログラミングした6人の理系女子
*トランジスタ発明の背景にあった「名を残したいという欲望」
*外向きの人・内向きの人・実行する人のトリオで生まれたインテルの成功
*創造性をみつける達人J.C.R.リックライダーがまとめたチームのイノベーション

ページをめくる手が止まらない!
この歴史を知らなければ、機械と人間が共生する時代を、生き抜くことはできない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上下2冊本。副題が「いかにしてハッカー、天才、ギークはデジタル革命を創り出したか」であり、コンピュータ、ソフトウェア、インターネット、ウェブが生まれてきた歴史を概観するのに最適な書物。正確性を求めるあまり詳細すぎる部分もあり、特に前半部分は読みにくい。実際、何度も挫折。ただし読了すると、コンピューターと人間の共生、(決して突然・偶発ではなく)前世代の遺産を引き継いでイノベーションが起きていること、新発想はチームで起きていることなど、多くの教訓が得られる。頑張って一読したい一冊。あとでジワジワ来る。

  • バベッジ&エイダの時代から始まり、トランジスタやマイクロチップの開発を経て、インターネットへと繋がるコンピュータの歴史が語られています。
    そこには多くの人が登場しますが、彼らが協力したり反発したり、外向的な人や内向的な人、情熱的な人もいます。そうした様々な人たちから、今のコンピュータやネットが生まれたのだと思うと、感慨深い気持ちになります。

  • 技術の生い立ちを知ることができる。

  • この手のコンピュータの歴史書に共通するのが前半はまったく時間が進まないがある時から(インターネットの普及のあたりから)急激に時間が加速し始める。

  • ●デジタル時代の発明は、有名な発明家1人が生み出したわけではなく、ほとんどがコラボレーションの中から生まれてきた。
    ●1937年 電気機械式コンピュータ ベル研究所 論理演算 AND,OR,NOT,XOR,IF/THENなど。IBMでマークI。コンラート・ツーゼ 機械式Z1。アイオワ州のアタナソフ、コンデンサでメモリー。モークリーの訪問。エンジニアのエッカート。二人でENIAC。これがコンピュータの最初。
    ●エニグマを使ったドイツ軍用暗号を解読しようと作られた英国コロッサス
    ●プログラミングは女性チームの活躍、グレースホッパー。
    ●マイクロチップ シリコンの処理を変えれば
    どんな電子部品でも作れる。抵抗やトランジスタを一枚のスライス上に作る事が可能。

  • IWa

  • コンピュータやインターネットは「誰が作ったのか」を追ったノンフィクション。本書はパート1にあたり、コンピュータ・プログラミング・トランジスタ・マイクロチップから インターネットまで、それぞれのイノベーションを牽引した人物(チーム)の歴史が描かれる。これらのイノベーションは1人の人物が作ったとは言い難く、そのほとんどがコラボ レーションから生まれた奇跡であることが分かる、それらは人間の歓喜・憎悪・嫉妬など様々な感情渦巻く歴史であり濃密な物語として楽しめた(パート2も読んでみたい)。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/522995

  • 007

    違う能力の人がバランスよく集まった時に力が最大になる

  • コンピュータの歴史をまとめた本で、上巻は19世紀からインターネットの誕生までになります。

    イノベーションには傑出した個人の才能だけではなく、ハード面なども含めてチームとして対応する必要があることがよくわかります。
    大学で情報関連や数学、物理あたりを教育する場合には、こういった歴史も併せて教えると、教えられる側も見方が変わってくるんじゃないかと思います。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ウォルター・アイザックソン【著者】Walter Isaacson
1952年生まれ。ハーバード大学で歴史と文学の学位を取得後、オックスフォード大学に進んで哲学、政治学、経済学の修士号を取得。英国『サンデー・タイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであるとともに伝記作家でもある。2003年よりアスペン研究所特別研究員。著書に世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』1・2、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』上下、『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。テュレーン大学歴史学教授。


「2019年 『イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウォルター・アイザックソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
フィル・ナイト
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史を本棚に登録しているひと

ツイートする
×