たべもののおはなし オムライス オムライスのたまご (たべもののおはなしシリーズ)

  • 講談社
4.05
  • (6)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062202640

作品紹介・あらすじ

たまごというのは、もともと、ゆめみがちな食べものでして、にわとりのママから生まれたときから、白いからの中には、ゆめがいっぱい、つまっているのです。
 一番人気のゆめは、オムライスです。つやつやの黄色いうすやきたまごになって、オレンジ色のケチャップライスをくるんとつつみこむ。はなやかで、ほこらしげなあの晴れすがたに、だれもがあこがれているのです。
 同じママから生まれたタマコ、タマミ、タマエ、タマキの四姉妹も、やっぱり、オムライスをゆめみていました。
 しかし、四姉妹を買ったのは、れいぞうこにトマトケチャップどころか、バターも、マヨネーズもおいていない、おばあさんで!?
 本気でゆめをかなえるなら、もっと、自分でがんばらなきゃ、とさとったタマキは、れいぞうこをとびだし、ゆめをかなえるたびに出ました。
 ながいたびのはてに行きついたのは、「まぼろしのオムライス」をつくるというレストラン小山。しかし、そこで「まぼろしのオムライス」となるためには、力をつくして、オーディションをかちぬかなければならないのです。 
 はたして、タマキはゆめをかなえることができるのでしょうか!?

●刊行の趣旨
 子どもたちが大好きなおいしい食べ物が登場する創作童話を、10人の豪華執筆陣が書き下ろしました。
 身近なテーマで、読書に慣れていない子でも読みやすい、小学校低学年向け童話シリーズです。

●シリーズ「たべもののおはなし」の特色
・直木賞、野間児童文芸賞受賞作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・誰にとっても身近な「食べ物」がテーマなので、本を読む習慣のないお子さんでも手に取りやすい作品ばかりです。
・ほぼすべての場面に、人気画家のイラストが入っているので、1、2年生でも一人で読めます。
・巻末コラムでは、栄養、マナー、文化等について簡単に紹介。食べ物への理解が深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。

●シリーズ「たべもののおはなし」のラインアップ
2016年10月発売
オムライス のおはなし (森 絵都)
おむすび のおはなし (もとしたいづみ)
以下、続刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まぼろしのオムライスのたまごに選ばれるべきさまざまな難関を通り抜け‥勝ち取ることはできるか⁈

  • あこがれのオムライスになるため、冷蔵庫を飛び出し、オーディションにいどむ!

  • 低学年用
    たまごには野望があった!

  • 森絵都さんと陣崎草子さんのタッグのおはなし、面白くないわけがない!
    確かに多摩御陵の花形だな、オムライス笑。可愛いたくさんの卵達にほっこり。

  • たまごたちの一番人気の夢は、オムライスになること。
    タマコ、タマミ、タマエ、タマキの四姉妹の憧れも、やっぱり、オムライス。
    でも、四姉妹はおばあさんに買われて・・・。

    本気で夢をかなえるなら、もっと、自分でがんばらなきゃ!タマキは、冷蔵庫を飛び出し、夢を叶える旅へ!

    「まぼろしのオムライス」となるために待ち受けてたのは、オーディション!頑張れタマキ!!w


    ところで、1人分のオムライスには卵2個は必要かと!!
    とツッコんだのは私だけではないはず、と信じますww

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

森 絵都(もり えと)
1968年、東京都生まれの小説家、翻訳家。早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。
1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞し、同作は2008年に映画化もされた。2006年、短編集『風に舞いあがるビニールシート』で、第135回直木賞を受賞。
その後も活躍を続けており、2017年『みかづき』で第12回中央公論文芸賞を受賞、2017年本屋大賞2位。同作は2019年にNHKでドラマ化された。それ以外にも、多数の文学賞を受賞している。

森絵都の作品

ツイートする
×