火曜日のルビィ

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062202978

作品紹介・あらすじ

いまから僕が話すことが、すべてのひとに信じてもらえるとは思わない。
一人の少女が登場する。何人かの、僕と同世代の男性が、そこにからんでくる。要するに――中年男と少女の物語だ。
高校二年生。17歳の誕生日に――彼女は剃刀で手首を切って死んだ。


「死ぬ前にこの風景が見えていたら、死ななかった」

ほんとうなら誰にも語られることのなかった、「敗者の物語」を、僕が語ろう。

著者プロフィール

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。
1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2002年『流星ワゴン』で「本の雑誌年間ベスト1」、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員を務める。2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授に就任。
『とんび』、『青い鳥』、『流星ワゴン』をはじめ、多くの代表作がドラマ化、映画化されている。

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする