ヒーローの選択

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062203333

作品紹介・あらすじ

清水勇介は「奇跡の水、ミラクルネイチャーウォーター」の訪問販売をしていた。ペットボトル10本を担ぎ、足を棒にして歩いても契約は一件もとれない。諦めてアパ―トのチャイムを端から順に鳴らしていると、一室のドアが開き、小学校時代の友人・小山田と再会した。
連絡をとらなくなって久しいが、昔は当時流行っていた特撮ヒーロードラマの真似をして遊んだ仲だ。
小山田はいとも簡単に、宅配水の契約をしてくれるという。その言葉につられて家に上がると、小山田はCDラジカセのスイッチを押し、予言者・ケンジのラップを流す。ラップの内容は、清水がこの部屋に来ることを予言したものだった。さらに小山田は、世界は八百四十一年後に終わることが決まっており、世界の終わりを防ぐため、ケンジに会って「世界を守り隊」に入ってほしいと頼まれる。
どうする、清水?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あー面白い。若干詰め込みすぎ感あったけどそれでも散らばってたいろんなエピソードが終盤にかけて一本の線になる様は見事、何度もページ巡って戻ってを繰り返しちゃった。

    以下ネタバレあり


    あのとき、マンホールから中に入り込んだ男としかつるまない篠田さんだけでてきていない気がするのですがいた?? いない…よね?
    伏線が多すぎてちょっと回収でき損ねてる感があってマイナス1。でも面白かった。

    正解を選ぼうとするから間違える、という言葉がとても重く響いた。正解を選ぼうとしちゃってるわー、間違いまくってるわー、波多さん、、!!
    あと清水の元カノ亜衣ちゃんのコンパでのはじめの水牢の話、ブラックすぎてたまらないね、それもこれも全て一本に繋がってて、まさにヒーローの選択でうっとりした。面白かった!!

    • ryokutya87さん
      確かに篠田さんいない・・・。合コンの巻き髪女は篠田さんって名前だけど、別人のような・・・ですよね。
      行成さんの小説本当に面白いです。もっと...
      確かに篠田さんいない・・・。合コンの巻き髪女は篠田さんって名前だけど、別人のような・・・ですよね。
      行成さんの小説本当に面白いです。もっともっとみんなに広めたいです。
      2016/12/22
  • 水のセールスマン清水くんが、幼馴染の小山田と再会して「世界を守り隊」に入って、ラッパーケンジの予言「八百四十一年後に終わる」世界を救うお話。
    とっても身近な人々だけでストーリーが進んでいくのが、面白かったり、ちょっと引いてみたり。最初モヤモヤとつかみどころない状況から始まって、後半一気に畳みかける感じ。やっぱりちょっと伊坂作品に似てるかもな。
    たぶん、これ、主題は、亜衣の質問「水牢」の答えは?を求め続けるお話なのだと思うけど。状況によるよなーっていうことで応えなんか出ないな、と。昔からある問題でもあるし。
    清水くん達の未来が、結構明るいもので終わっていて良かった。

  • 「世界が終わる」スケールの大きさと、身近なところでピースが繋がっていくアンバランスさが面白い。
    神は小さきところに宿る、という事か。

  • 主人公の気弱な青年はウォーターサーバーの営業マン。
    ある日の訪問営業先で同級生に再開し、「世界が滅びるのを一緒に救おう」と誘われて…

    謎な展開はどんどん進んでいくが、それがおもしろい。会話のテンポもよし。

    そしてラストに待ち受ける真実と、ヒーローの選択。

    自分で選ぶって大切。

  • ミネラルウォーターの営業先で幼馴染みに出会い世界を救う仲間にさせられる主人公。様々な出会いも偶然じゃなくて必然というか予言通りというか。予言が当たるところは面白いけれど、爽快感はなかった。

  • ちょっと風変わりな小説でした。未来は決まってるのか決まってないのか、自分はそれに関わっているのか、何を選択するのか。まとめ方は良かったです。

  • 飲料水の訪問販売をしている清水は売上ワースト1の名を返上すべくアパートを1つずつ回っていく。最後の部屋を訪れると小学校の同級生・小山田が契約と引き換えに無理難題を吹っかけてきた。
    「このままいくと、世界が終わるんだ」

    は? 以外の台詞は出ないわな、普通。預言者ケンジにボクサー崩れのロッキー、小山田、売り方を迷走しているアイドル・ヒカルは世界を救うために悪と戦うのだ!


    所々笑えるし、しんみりもするのだけど。着地点が私にはしっくり来なかったなあ。

  • 予言者ケンジは、ラップのリズムにのせて予言する。宅配水の営業マン清水は、841年後の世界の終わりを防ぐため、「世界を守り隊」の一員となるが・・・
    世界はすべて繋がっていて、因果応報という言葉が頭に浮かぶ。

  • ほんと面白い。そして今作は、行成さんとセットだと思っていた過去2作のような寂寥感はなかった。相変わらず読後感は最高。ほんと面白い。胸がすくような傑作。
    誰もがヒーロー。誰もがヒロイン。その選択は世界を変える力を持っているのだ!
    ハチクマにヒカりんって、ももクロとあかりん?「アレもダメ。コレもダメ。全部ダメ。」ってあーりんのあの歌?という楽しみ方もあったりして。そもそもこの物語自体が「泣くのは自分次第、笑うのも自分次第、さあどうすんのか決めな」「人生、それは死ぬまでのY字路」「いつか来る悲しみなら、ちゃんと来るかわからない。そんなもののせいで今からグズグズしちゃダメだ。」という「DNA狂詩曲」を彷彿とさせる。と思うのは僕だけでしょうか?
    いろんな伏線、いろんなつながりの妙はどうしても伊坂さんチックな印象から抜け出せないけれど、正直、完成度は伊坂さんをすでに超えていると思います。そして何より、読後の良心的な心地良さは格別です。絶対にみんなにも読んでもらいたい。
    (亜衣の考え方だけがちょっと引っ掛かっているのは玉さんに瑕ってことで。)
    それにしても、各章のネーミングはなんだろうこれ?なにかのモチーフがあるはずだと思うんですが、誰かに説明してもらいたいです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1979年生まれ。宮城県出身。東北学院大学教養学部卒業。2012年『名も無き世界のエンドロール』(『マチルダ』改題)で第25回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。他の著書に『本日のメニューは。』『怪盗インビジブル』『ストロング・スタイル』『ヒーローの選択』など。

「2020年 『KILLTASK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行成薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×