コンテクスト・オブ・ザ・デッド

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (9)
  • (26)
  • (34)
  • (13)
  • (8)
  • 本棚登録 :273
  • レビュー :52
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062203340

作品紹介・あらすじ

「あなた、まだ、自分が生きていると思っているんですか?」

編集者の須賀は作家と渋谷で打ち合わせ中、スクランブル交差点で女の子を襲うゾンビを目撃する。各地で変質暴動者=ゾンビの出現が相次ぐ中、火葬されたはずの文豪たちまで甦り始め……。

デビュー10年目の極貧作家K、久しぶりに小説を発表した美人作家の桃咲カヲル、家族で北へ逃げる小説家志望の南雲晶、区の福祉事務所でゾンビ対策に追われるケースワーカーの新垣、ゾンビに噛まれてしまった女子高生の青崎希。

この世界で生き残れるのは誰なのか!? 芥川賞受賞で話題を攫った羽田圭介が現代日本を撃つゾンビ・サバイバル問題作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もともとゾンビが好きだ。ロメロ監督のゾンビ映画もみるし、それ以外の超B級ゾンビ映画もみるし、ゲームでバイオハザードもやるし、海外ドラマのウォーキング・デッドも最新シーズンまで、みている。だから、本屋で『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』を見かけた時、すぐに買うことにした。真っ赤な表紙に真っ青な顔色の女の子の写真。アメリカ映画っぽい「DEAD」の文字。しかも作者は羽田圭介さん。
    ゾンビって映画やドラマやゲームのイメージで、小説では読んだことなかった。マンガでも最近はやってるのがあるけど、わたしは読んでない。映像なし、視覚情報なしで、どうゾンビが描かれるんだろうと思ったけど、想像以上に面白かった。
    日本人の妙に察しがいい、順応性の高い感じがよく出ていて、自分でも実際こういう行動をとるだろうな、と想像できた。銃社会じゃないけどどうするのかなと思ったら竹槍だし、しかも日本が誇る武器にまで昇華させちゃうし。「あれ、ゾンビじゃね?」ああ言いそう。
    ゾンビものだからってサバイバルや乱闘シーンに終始するわけでもなく、むしろ「小説」を巡って、内省を深める静かさがあった。ただし、一度でも小説を書きたいと思ったことのある人間にとっては、その静かな内省シーンこそが、ひりひりと痛みをもって突いてくる。ゾンビになる文脈。作中の創作論でがんがんハードルをあげておきながら、作者の羽田さんは、見事にそれを超えたんだと思う。こんな小説読んだことない、と思った。

  • 羽田ワールド全開の不思議な小説。

    交差点を渡りきり、騒ぎを覗こうと須賀が少し人をかき分けるとぽっかり空いた輪の内側へと躍り出た。そして、輪の中心にいるそれと目が合った。
    ・・・
    彼がなにであるかを理解した。
    「あれ、ゾンビじゃね?」
    (本文より)

    小説家や出版業界、編集者に対する痛烈なアンチテーゼ。
    何故ゾンビ化した人達が大量に発生する中、バスが動いてたり、コンビにが開いてたり(その人達は働いてるって事)するのか、矛盾する事だらけだけど、
    羽田くんの本。何冊か読んだけど結構きらいじゃないんだよね。

    contextとは
    (文章の)前後関係、文脈、脈絡、コンテキスト、状況、環境

  • 「文脈」(コンテクスト)に乗っかることによりオリジナル性を喪失した人々が次々とゾンビ化していく世界を舞台にした群像劇。

    http://www.vagrantup.jp/entry/2016/12/19/152051

    • あよはたさん
      この本おもしろそうですね。
      misyobunさんもおすすめなので、読んでみようかな~
      2018/03/12
    • 魚に感謝!!!さん
      是非読んで下さい!
      2018/03/12
  • 最後まで読むのに苦労した。苦行

  • 「何故にゾンビ??」と思いながら読み始めて、途中「からなるほどなぁ」と。映画でよくあるドタバタじゃなかった。読み終わった今、すごく考えてる。自分の事を。わたし、そっち側だわ…

  • とーっても面白かったです。
    でも、他の方のレビューをみたら(やっぱりみてしまった)必ずしも評価は高くなかったのでびっくりしました。

    ゾンビ退治のエンタメ小説ではないためか、描写が怖くなくて、それがまたよかったです。スプラッター映画とか超苦手なので。。表紙はコワすぎですけどね。

    ソンビが登場する奇想天外なオープニングなのに、いつもどおり著者の主題がストレートに伝わり、流石だと思いました。
    空気を読めない人が批判される世間の風潮や、内輪にしか通じないコミュニケーションで盛り上がる様を明確に批判し、自分で考えることを放棄し人の意見に堂々と乗っかることの危うさを生きる屍(しかばね)=ゾンビとして表現する皮肉な面白さは格別です。
    私自身ハッとすることが多くありました。

    一番に頭をよぎったのが昨今の北朝鮮問題。ミサイル発射かも、核かも、などの情報があるのに、周りの空気を読み、思考を停止し、普通に日常を送り続ける・・・これってコワイなと。
    でも、自分で考え(パニックを引き起こすような)声を上げるのは空気が読めない人のすることですから、誰もしないという・・・
    不安なのに、解決のための思考を停止させ、他人に委ねるのって思っている以上にまずいことだという気がしてきました。

    思考の多様性が確保されないと種の存続の危険に繋がるという、その警笛を鳴らした挑発的な作品だと思います。

  • 第一部までわりと度肝抜かれつつも面白く読めたのですが、長かったな。。。笑。
    結構皮肉がきいていて、とくにラストなんかは秀悦。
    このKも羽田さん自身がモデルという体なのかしら。(わたしは成功者Kのほうを先に読んでいます)
    そもそもゾンビとかいう設定が苦手なのですがそのなかでは面白く読めました。

  • 図書館で借りた本。
    ゾンビの話。と知らずに借りてしまって、ゾンビ苦手なので苦労しました。登場人物が多く、場面も多く変わるので、ついていくのに苦労し、大変読み終わるのに時間がかかりました。結局、ちゃんと理解しないまま、読了。苦手ジャンルには手を出してはいけないということがよくわかりました。

  • 同時期に芥川賞を受賞した本職芸人又吉クンよりやたらとテレビに出まくり最近はバス旅のレギュラーにもなってしまった本職小説家羽田圭介、奴はいったいどこに行こうとしているのか?と思ってたらちゃんと本も書いていた。
    で本作、目立ちがり屋らしいド派手な装丁でモデルにアイドルまで起用して気合と勢いは十二分にも伝わってくる反面内容はセオリー通りのお約束はキチッと守ったゾンビ小説でその辺りには彼のマジメな一面も見え隠れする。
    でもやっぱり長過ぎる、狙いも言いたいこともわかるのだがそれを伝えるのにこの長さは必要か?
    小説の文脈もバス旅の経路もコンパクトさは結構大事だぞ

  • 新たな感覚のゾンビ。ただ内容が突飛すぎる。

全52件中 1 - 10件を表示

コンテクスト・オブ・ザ・デッドのその他の作品

羽田圭介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コンテクスト・オブ・ザ・デッドを本棚に登録しているひと

ツイートする