フェルトで作る花モチーフ92 切りっぱなしでカンタン!1輪から楽しめて、失敗なし!

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062204286

作品紹介・あらすじ

手芸店で一般的に売っているシート状のフェルトに、本書の型紙を写して、切って、立体的な花モチーフに仕上げるレシピ本。フェルトだから生地は切りっぱなしでOK。端の処理は不要です。
毛糸やレースを編んで作る花と、雰囲気は似通っていますが、型紙に合わせてフェルトを切れば、一気に面が完成するので、なんといっても簡単で完成までが短時間。
本物の花さながらの立体感を出すためには、ボンドで花びら同士を接着後、小皿に入れて乾かすなど、簡単なポイントがあります。
数多くの花を紹介する本書の花レシピ全てが異なっていては作るのが大変です。構造が似た花は、同一手法や型紙の違いだけで作れるようになっています。

Part1:単体でも花になる上、花芯としても使える花たち。
Part2:基礎的な技法でできる、基本技法の花たち。
Part3:「Part1の花芯」+「Part2の基本技法」の組み合わせでできる花たち。
Part4:Part1~3の手法には属さない独立技法の花たち。

各手法の代表の花はもれなくオールプロセスカットつきで作り方を丁寧にご紹介。初めてでも失敗することがないよう、親切でわかりやすい内容になっています。

もっとも簡単な花は、フェルトを切ったり、花芯を貼ったりなどの作業をしても、20分もあれば完成します。
作った花は接着剤でアクセサリーパーツに貼ったり、ホットメルトでバッグや帽子に貼って使えます。使用実例も多数紹介しているので、好みに合わせてご活用いただけます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

■PieniSieni(ピエニシエニ)
日本フェルタート®協会代表理事。
刺繍枠を使わないオフフープ®技法による立体刺繍を考案。
シートフェルトにビーズや刺繍を施しカラフルな花や昆虫の制作を得意とする。
テレビなどのメディア出演のほか、雑誌や通信講座、キットへのデザイン提供多数。
池袋コミュニティ・カレッジで講師活動をしながら、SUNFELT SHOPでの講師育成講座により講師の育成に励む。
文部科学大臣賞ほか受賞多数。
『立体刺繍で作る 12カ月の花のアクセサリー』(KADOKAWA)、『いちばんちいさなフェルトの花アクセサリー』(エクスナレッジ)など著書多数。

「2021年 『立体刺繍の花と蝶々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

PieniSieniの作品

ツイートする
×