• Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062204675

作品紹介・あらすじ

村田喜代子×酒井駒子「手なし娘協会」
長野まゆみ×田中健太郎「あめふらし」
松浦寿輝×及川賢治(100%オレンジ)「BB/PP」
多和田葉子×牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」
千早茜×宇野亞喜良「ラプンツェル」
穂村弘×ささめやゆき「赤ずきん」

6人の作家×6人の画家による夢のコラボレーション
斬新な解釈による大人のための新しいグリム童話集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 童話はいつも子供に夢を与えてくれる。
    現実では到底あり得ないことも簡単に叶えてくれる。
    そして現実社会に幻滅した大人もまた、夢のような世界へ逃避してしまいたいのかもしれない。
    そんないつまでも夢見がちな大人に対する警告のように、6人の作家による童話が鋭い剣の切っ先で読み手を突き刺す。
    現実はそんなに甘くはないよ、とほくそ笑みながら。

    特に多和田さんの『ヘンゼルとグレーテル』の救いのないオチと、千早さんの『ラプンツェル』の野生の獣のような荒々しさが良かった。
    どの童話も挿し絵がとても素敵。
    絵が素敵なだけに余計に物語が残酷に思えてゾクゾクした。

  • グリム童話のパスティーシュアンソロジー。5人の作家×5人のイラストレーターのコラボという豪華さも魅力だけど、ページごとに紙色やインク色が違ったりして、ものすごくカラフル、1冊の本としての完成度が素晴らしい。

    村田喜代子×酒井駒子の「手なし娘協会」が好きでした。酒井駒子さんの絵がもともと好きなのもあるけれど、手なし娘が森に横たわってる挿画とか、まるでミレーのオフィーリアのよう。世界各国の手なし娘たちが5年に一度一同に会し、それぞれの逸話を語り合うという設定も、なぜか類似の民話が世界各国にあること、そのバリエーションと重ねあわせられており面白い。手なし娘については以前フランス製アニメ映画(https://booklog.jp/users/yamaitsu/archives/1/B07KLSJ1RW)を見たときにちょっと調べたりしたので興味深かった。

    松浦寿輝の「BB/PP」はご本人の単行本で既読だったのだけどやっぱり面白い。近未来の青髭(Blue Beard=BB)と、人間の妻を殺害するのに飽きた彼が特注した紫の陰毛(Purple Pubes=PP)の精巧なアンドロイドの物語。怖いんだけど、PPの逆襲をつい痛快と思ってしまう。

    多和田葉子×牧野千穂の「ヘンゼルとグレーテル」は、さすがドイツに詳しい多和田さんらしく、ヘンゼルとグレーテル一家の貧しさの背景などが妙にリアル。捨てられた子供たちと、魔女側の来歴が交互に描かれており、結末は童話通りながら、魔女よばわりされた不幸な女性が気の毒に、そしてピュアなはずの子供たちが浅はかで身勝手に思えてしまうという皮肉。

    千早茜×宇野亞喜良の「ラプンツェル」は、大好きな宇野亞喜良の挿画がやっぱり素敵。魔女の役割を担うのが近未来の音楽家=男性となっており、ラプンツェルは貧しさから買われた野性味のある歌の上手い少女となっている。

    ※収録
    「手なし娘協会」村田喜代子×酒井駒子/「あめふらし」長野まゆみ×田中健太郎/「BB/PP」松浦寿輝×及川賢治/「ヘンゼルとグレーテル」多和田葉子×牧野千穂/「ラプンツェル」千早茜×宇野亞喜良/「赤ずきん」穂村弘×ささめやゆき

  • もともと暗黒っぽいグリム童話が現代風大人話に(゜゜;)「ヘンゼルとグレーテル」のカタリーナは可哀想だったなぁ( ´△`)

  • 豪華なラインナップ。
    中でも村田喜代子さんと多和田葉子さんを楽しみに読む。
    多和田葉子さん「ヘンゼルとグレーテル」は“暗黒”“グリム”“童話”のコンセプトを実に巧みに消化していて秀逸。暗黒度、高し。そして誰もいなくなった。
    村田喜代子さん「手なし娘協会」は暗黒っていうのではないけど、グリム童話から材を採った一風変わった設定と、あっけらかんとした感じが村田さんらしくて好き。ラストに一抹の薄気味悪さを残すところも実に村田さん。酒井駒子さんの挿絵が美しく格調高い。

  • 6人の作家と6人の画家、
    イラストレーターによるグリム童話のオマージュとなる短編集。
    松浦寿輝氏と穂村弘氏以外は初読み作家さん。
    ファンタジー色ある作品やブラックユーモアのある作品など
    バラエティに富んでいるが、足元を掬われるような、
    そこはかとない厭な悪意に満ち溢れている。
    物語に添えられる絵も素晴らしく愉しむ事ができて、
    共作集の中でも秀でている一冊。
    しかし、多和田葉子氏の「ヘンゼルとグレーテル」の
    登場人物カタリーナが魔女となるのは、なんだか哀れすぎる。

  • (2018/9/8読了)
    グリム童話が好きなので読んでみることに。なんだか救いのない、教訓めいたものもない物語だった。特に「あめふらし」はさっぱりわからなかった。やっぱり、長野さんとの相性が良くないんだな。
    内容はともかくとして、それぞれの個性的な絵は美しく、ページをめくると紙の色も文字の色も次々と変わって、その後色の風合いも可愛らしくて、楽しかったな。牧野千穂さんの絵が一番好き。

    (内容)
    6人の人気作家と人気画家による夢の競演!怖くて美しい、大人のための新・グリム童話集。

    (目次)
    村田喜代子×酒井駒子「手なし娘協会」
    長野まゆみ×田中健太郎「あめふらし」
    松浦寿輝×及川賢治(100%オレンジ)「BB/PP」
    多和田葉子×牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」
    千早茜×宇野亞喜良「ラプンツェル」
    穂村弘×ささめやゆき「赤ずきん」

  • グリム童話にインスパイアされた短編集。6人の作家による競作。それぞれに個性的なイラストが付いており凝った本になっています。
    でもというか、やはりというか怖い感じに仕上がっているのは、グリムだから?
    まあ、めでたしめでたしで終わるのがお約束の昔話ですから、大人向けにリメイクとなれば怖い話になってしまうかな。ちょっとグロイ感じになっているかな?

  • 人の作家と絵師のコラボによる、グリム童話をモチーフにして新たに紡がれた物語。

    一作目「手なし娘」は私は知りませんでしたが後半は誰もが知っているであろう物語が、各々の解釈で語られています。元々グリム童話は残酷な話が多いように思えますが、『暗黒』とついていてもどちらかと言えば物悲しさを強く感じました。
    挿絵もそれぞれ個性的で美しく、見るのが楽しかったです。

  • ページの色が違ったり、挿絵がたくさんあったりで、本としてとっても面白かったです。
    ただ、お話はかーなーりーグロテスク。そういう意味では大人向けですね(子供には刺激が強すぎてトラウマになりそう)。さすが、暗黒というだけあるわ。
    グロさで言うなら青ひげ、救いのなさで言うならヘンゼルとグレーテル。ラプンツェルもなかなか強烈でした。
    絵は、酒井駒子さんのが一番素敵だと思いました。

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ。著書に『犬婿入り』(芥川賞)、『雪の練習生』(野間文芸賞)、『雲をつかむ話』(読売文学賞)、『献灯使』(全米図書賞)『地球にちりばめられて』『星に仄めかされて』など。

「2022年 『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多和田葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
益田ミリ
キャンデス・フレ...
恩田 陸
多和田葉子
夏目漱石
大竹 昭子
今村夏子
本谷 有希子
エラ・フランシス...
辻村 深月
皆川 博子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×