• Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062204675

作品紹介・あらすじ

村田喜代子×酒井駒子「手なし娘協会」
長野まゆみ×田中健太郎「あめふらし」
松浦寿輝×及川賢治(100%オレンジ)「BB/PP」
多和田葉子×牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」
千早茜×宇野亞喜良「ラプンツェル」
穂村弘×ささめやゆき「赤ずきん」

6人の作家×6人の画家による夢のコラボレーション
斬新な解釈による大人のための新しいグリム童話集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 童話はいつも子供に夢を与えてくれる。
    現実では到底あり得ないことも簡単に叶えてくれる。
    そして現実社会に幻滅した大人もまた、夢のような世界へ逃避してしまいたいのかもしれない。
    そんないつまでも夢見がちな大人に対する警告のように、6人の作家による童話が鋭い剣の切っ先で読み手を突き刺す。
    現実はそんなに甘くはないよ、とほくそ笑みながら。

    特に多和田さんの『ヘンゼルとグレーテル』の救いのないオチと、千早さんの『ラプンツェル』の野生の獣のような荒々しさが良かった。
    どの童話も挿し絵がとても素敵。
    絵が素敵なだけに余計に物語が残酷に思えてゾクゾクした。

  • 村田喜代子/酒井駒子「手なし娘協会」←美しい…
    長野まゆみ/田中健太郎「あめふらし」←神さまの落し物…
    松浦寿輝/及川賢治「BB/PP」←本当に「川の光」の人だよね…思わず再確認
    多和田葉子/牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」←最後が面白かった
    千早茜/宇野亞喜良「ラプンツェル」←たくましい
    穂村弘/ささめやゆき「赤ずきん」←ちょっとわかりにくかった…

    大人のための新・グリム童話集=帯より=


    村田さんと酒井さんのコラボに飛びついたのだけど、それ以上に一気読みになったのが、ずっと気になっていたけど手にしていなかった青ひげベースのAIものの「BB/PP」。…面白かった。6話全部、絵やページの色にも凝っていて豪華な一冊。

    場所とか物とか現代風になっているので、元のグリム童話をしっかりと覚えていたらもっと楽しめるんだろうなぁ。

    • けいたんさん
      こんにちは(^-^)/

      今日感想を書きにきたらまっき〜♪さんのこの感想が1番上で嬉しくてビックリしましたヾ(≧∪≦*)ノ〃

      読...
      こんにちは(^-^)/

      今日感想を書きにきたらまっき〜♪さんのこの感想が1番上で嬉しくてビックリしましたヾ(≧∪≦*)ノ〃

      読み終わったんだね!
      元のグリム童話をしっかり覚えていたらって私も思いました。私全然覚えてなくて。
      青ひげを一気読みとはまっき〜♪さん頼もしい(*≧艸≦) 私最後は怖くて怖くて。
      「川の光」ってどんな本だろう。あとでチェックしてみますね!
      「赤ずきん」私も分かりにくかったです。
      本当に豪華な本なのでもっともっと深く読んでみたいです。

      一緒に読めて嬉しかったです(*≧∀≦)ゞ
      2017/05/26
    • まっきーさん
      けいたんさん、こんばんは~。

      昼に感想書いた時に“けいたんさんに報告しに行かねば!”と思っていたのですが、けいたんさんに見つかってしま...
      けいたんさん、こんばんは~。

      昼に感想書いた時に“けいたんさんに報告しに行かねば!”と思っていたのですが、けいたんさんに見つかってしまいましたね(^^)

      ベースのグリム童話知ってるのと知らないのがあって、けっこう現代風になっているのでグリム童話も読みたいなぁ…と思いましたね。
      けいたんさんも書かれていましたが、目が目が~…となりました。ページの色がカラフルで視力が落ちてきている今日この頃の私にはちょっとつらい部分もありました。

      BBPPのPPって…ほんと、エッ…と思いましたが、あーいうこわい系?好きで、こわいもの見たさ?みたいな感じです。
      「光の川」は映画にもなってカワネズミ?のお引越し&冒険もので、ガンバの冒険みたいなお話です。(映画家族で楽しめました)

      「赤ずきん」は2回読んでしまいました。詩っぽかったですね。それにしてもこのコラボ豪華メンバーですよね。酒井駒子さんの絵がきれいでうっとりしてしまいました。

      また似たような時期に同じ本を読めるかもしれませんね♪シンクロ楽しいです゚!(^^)!
      2017/05/26
  • もともと暗黒っぽいグリム童話が現代風大人話に(゜゜;)「ヘンゼルとグレーテル」のカタリーナは可哀想だったなぁ( ´△`)

  • 豪華なラインナップ。
    中でも村田喜代子さんと多和田葉子さんを楽しみに読む。
    多和田葉子さん「ヘンゼルとグレーテル」は“暗黒”“グリム”“童話”のコンセプトを実に巧みに消化していて秀逸。暗黒度、高し。そして誰もいなくなった。
    村田喜代子さん「手なし娘協会」は暗黒っていうのではないけど、グリム童話から材を採った一風変わった設定と、あっけらかんとした感じが村田さんらしくて好き。ラストに一抹の薄気味悪さを残すところも実に村田さん。酒井駒子さんの挿絵が美しく格調高い。

  • 6人の作家と6人の画家、
    イラストレーターによるグリム童話のオマージュとなる短編集。
    松浦寿輝氏と穂村弘氏以外は初読み作家さん。
    ファンタジー色ある作品やブラックユーモアのある作品など
    バラエティに富んでいるが、足元を掬われるような、
    そこはかとない厭な悪意に満ち溢れている。
    物語に添えられる絵も素晴らしく愉しむ事ができて、
    共作集の中でも秀でている一冊。
    しかし、多和田葉子氏の「ヘンゼルとグレーテル」の
    登場人物カタリーナが魔女となるのは、なんだか哀れすぎる。

  • (2018/9/8読了)
    グリム童話が好きなので読んでみることに。なんだか救いのない、教訓めいたものもない物語だった。特に「あめふらし」はさっぱりわからなかった。やっぱり、長野さんとの相性が良くないんだな。
    内容はともかくとして、それぞれの個性的な絵は美しく、ページをめくると紙の色も文字の色も次々と変わって、その後色の風合いも可愛らしくて、楽しかったな。牧野千穂さんの絵が一番好き。

    (内容)
    6人の人気作家と人気画家による夢の競演!怖くて美しい、大人のための新・グリム童話集。

    (目次)
    村田喜代子×酒井駒子「手なし娘協会」
    長野まゆみ×田中健太郎「あめふらし」
    松浦寿輝×及川賢治(100%オレンジ)「BB/PP」
    多和田葉子×牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」
    千早茜×宇野亞喜良「ラプンツェル」
    穂村弘×ささめやゆき「赤ずきん」

  • グリム童話にインスパイアされた短編集。6人の作家による競作。それぞれに個性的なイラストが付いており凝った本になっています。
    でもというか、やはりというか怖い感じに仕上がっているのは、グリムだから?
    まあ、めでたしめでたしで終わるのがお約束の昔話ですから、大人向けにリメイクとなれば怖い話になってしまうかな。ちょっとグロイ感じになっているかな?

  • 人の作家と絵師のコラボによる、グリム童話をモチーフにして新たに紡がれた物語。

    一作目「手なし娘」は私は知りませんでしたが後半は誰もが知っているであろう物語が、各々の解釈で語られています。元々グリム童話は残酷な話が多いように思えますが、『暗黒』とついていてもどちらかと言えば物悲しさを強く感じました。
    挿絵もそれぞれ個性的で美しく、見るのが楽しかったです。

  • ページの色が違ったり、挿絵がたくさんあったりで、本としてとっても面白かったです。
    ただ、お話はかーなーりーグロテスク。そういう意味では大人向けですね(子供には刺激が強すぎてトラウマになりそう)。さすが、暗黒というだけあるわ。
    グロさで言うなら青ひげ、救いのなさで言うならヘンゼルとグレーテル。ラプンツェルもなかなか強烈でした。
    絵は、酒井駒子さんのが一番素敵だと思いました。

  • 松浦さんが上手いと思う

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多和田葉子(たわだ・ようこ)
小説家、詩人。1960年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学大学院修士課程修了。文学博士(チューリッヒ大学)。
1982年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。1991年『かかとを失くして』で群像新人文学賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞を受賞。2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞、2002年『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞、2005年にゲーテ・メダル、2009年に早稲田大学坪内逍遙大賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。2016年にドイツのクライスト賞を日本人で初めて受賞。
著書に『ゴットハルト鉄道』『飛魂』『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』『旅をする裸の眼』『ボルドーの義兄』『献灯使』『百年の散歩』などがある。
本書の続編『星に仄めかされて』は2020年に刊行された。


「2021年 『地球にちりばめられて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多和田葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
多和田葉子
エラ・フランシス...
西 加奈子
今村夏子
ヨシタケシンス...
恩田 陸
益田ミリ
三浦 しをん
宮下奈都
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

暗黒グリム童話集を本棚に登録しているひと

ツイートする
×