ガーディアン

著者 :
  • 講談社
3.34
  • (10)
  • (58)
  • (83)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 348
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062204781

作品紹介・あらすじ

匿名生徒による自警団「ガーディアン」が治安を守る中学校に赴任した秋葉は、問題が少なく安堵する。ガーディアンのメンバーは、問題のある生徒らに「制裁」を行っていた。相次ぐ長期欠席を怪しんだ秋葉が生徒の身を案じるが、同僚は激務に疲弊し事なかれ主義だ。秋葉が学校の秘密に気づくと、少年少女は一変し、天国から地獄に叩き落とされる。大人と子供の思惑が幾重にも交差し――薬丸岳史上最大級の衝撃があなたの胸を打つ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ガーディアン…保護者・後見人・守護するなどの意味をもつ

    新しい中学に赴任して半年の秋葉悟郎。
    これまでの中学に比べて至って問題の少ない学校だというのが、
    ここにきて半年余りの感想だったが、長期欠席者が多いという違和感を感じる…。

    匿名生徒による自警団「ガーディアン」が治安を守る中学校。
    ガーディアンのメンバーは、問題のある生徒らに「制裁」を行っていた。
    相次ぐ長期欠席を怪しんだ秋葉が、生徒の身を案じるが、
    同僚は激務に疲弊し事なかれ主義だ。
    秋葉は単身、学校の謎に迫ろうとし、秘密に気付くと
    生徒たちは一変し、天国から地獄に叩き落とされる。
    大人と子供の思惑が幾重にも交差しー。

    舞台が中学校ということもあり、とにかく登場人物が多く、
    生徒たちはその場面にによって、苗字で呼ばれたり、名前で呼ばれたりするため、
    非常に混乱し、前半は読み進めるのに苦労しました。
    しかし、中盤からは一気に物語に引き込まれました。

    いつもいつまでも繰り返される虐め自殺のニュース。
    自殺しなくても…と、色々な思いが胸を駆け巡っていましたが、
    先生にいじめがあると疑われた時点で、いじめられている側はさらにひどい目に遭わされる。
    周りの生徒もそれがわかってるから、いじめてる人間を刺激しない様に傍観するしかない。
    子供は大人が思っているよりもっと残忍で狡猾で、複雑…。

    スマホやSNSが普及し、教師は生徒の悩みを把握しきれない。
    先生って何なのか…。先生は無力なのか…。
    ガーディアンは必要悪なのか…。
    現代の学校が抱える問題に取り組んだ作品でした。
    自警団等と思いもよらないものを登場させる。
    さすが、薬丸さん凄いです。
    夏目刑事が登場するのも、ファンとしてはとっても嬉しかった。

    いじめや困難は学校だけでおこるわけではない。
    学校を出て働き始めても、いえ、生きているかぎり人間は様々な困難に直面します。
    深いテーマでした。考えさせられました。
    そしてラストはゾワッとしました。衝撃的でした。

  • デビュー以来追いかけている薬丸岳さん。
    少年犯罪をテーマにした作品のイメージが強いせいか、
    この作品は、今まで読んできた薬丸さんとは少し違う印象を受けました。

    友だちを助けたい──
    その一心でできた組織だったはずが、知らず形を変え、
    目には見えない力でがんじがらめにして、
    その結果、彼らをひとりぼっちにさせてしまったなんて皮肉。
    見方を変えれば、制裁という名の”いじめ”のように思えたりもした。
    ただ、それにより助けられた子どもたちもいたわけで…
    果たして”ガーディアン”は必要悪なのか、それとも…
    考えは堂々めぐりするばかり…

    そして衝撃のラスト…
    これには呆然としました。

    また自分でも驚いたのが、夏目刑事が登場した瞬間の安堵感。
    この人ならきっと助けてくれるんじゃないか。
    何か解決の糸口を見出してくれるのではないか。と…
    誰でもいい。そういう人がそばにいてくれれば、彼らはきっと救われる。
    そうしたらガーディアンなんていらないのに…

    ”顔の見える友だち”この一言が、深く胸に残ります。

  • 薬丸岳さんは好きな作家さんのひとり。
    薬丸さんのミステリーは面白く、この本が11冊目になる。

    秋葉が赴任した中学は、生徒たちが大人しく、何の問題もない。
    これまで務めた学校と比べ、不自然なくらいに。
    その理由は、生徒たちによる自警団、ガーディアンの存在があったからだ。
    その存在を知るのは生徒たちだけ。

    何かがおかしい。
    そう感じた秋葉は、独自に調べ始めるが、彼自身がガーディアンのターゲットとなり…

    ラスト数行で、「えっ?」と思わされる展開。
    ここで終わるの…?

    あの夏目信人刑事がちらりと登場したのが、ちょっと嬉しい。

  • 英語教師・秋葉が赴任した石原中学校は、不思議なくらい問題のない中学校だった。しかし、そこには生徒たちが作る自警団「ガーディアン」の存在があった。「ガーディアン」は、生徒たちの問題を自分たちの力で解決し、表面上は学校が平和であるように装っていた。学校が変わり始めたのは、秋葉が赴任する前の年の2学期から。その時、何が起こっていたのか?なぜ、他の教師たちは学校が変わったことを不思議に思わないのか?そんな疑問から秋葉は「ガーディアン」の正体に迫っていく。「ガーディアン」が出来た理由、そして、その背後に隠された暗黙の了解。その謎が明かされていくにつれ、涙が溢れそうになった。初めて「天使のナイフ」を読んだ時と同じくらいの衝撃を感じた1冊。ほんの少しだけど、夏目刑事が登場しているのも、見逃せない。

  • 2019.12.29 読了
    “子供は大人が思っているよりもっと残忍で狡猾で、複雑なんです” — p.223より

    漫画でありそうな設定。子供には子供の世界があることを、大人になると忘れてしまう。

  • うーん、薬丸さんにしては小さく納まってるなぁという印象です。多感な年頃の中学校が舞台でもちろん重大な問題を扱ってはいるのだけど、子どもたちの行動と教師の行動がちぐはぐで上滑りしているように感じました。登場人物が多すぎて覚えていられず、その点だけ難解でした。主人公の教師が誠実なのは良いとして、この中学校の教師は(最終的に)優等生すぎて非現実的。本当にこんなに頑張ってくれる教師ばかりなら夢があります。

  • 教師は、無力か?些か現実離れした生徒設定が、なんだか陳腐だけど、テーマはすごく面白い。万能ではないが、無力ではない。うん、これは分かる。それで、オチもまたいい。ミイラ取りがミイラになる。ありきたりだけど、この奔流の中での終着点であることに意義があった。読み方によっては、真理を突き詰めると、生徒の持つ関係性の力に、教師の力は到底及ぶべくもないと。もちろん、そんな意図で結末を書いたわけではないだろうけど、そんな読み方を与えてくれた題材ということで、星三つ。

  • 学校の平穏と安定のために結成された自警集団ガーディアン。学校に平和を齎し所期の目的はあたかも達成しているかのようにも見えるが、それぞれの人間にそれぞれの立場で暗い闇をも齎している。教師にできることに限界はあるが、無力ではない。綺麗な言葉だが、人はそれだけでは満足してくれないのが現実。必要悪たるものの意味を深く考えされた。この国に生じている大きな歪みを克明に映し出している。必要悪は必要悪として永遠にその存在は続いていく。

  • 秋葉は、新たに赴任した中学校は特に問題がない思っていた。しかしながら、ある生徒の突然の登校拒否をきっかけに、数年前までは荒れていたということを知る。問題解決を試みると、生徒による自警団「ガーディアン」の存在が。彼らの抵抗にあいながらも真相を探るが・・・
    学園ものだからやむを得ないのだろうが、登場人物が多すぎた。間が空くと、ページを前に戻すことも。現実的には、モンスターペアレンツなどの組み合わせもあるのかなと。
    夏目刑事が少しではあるが登場したのは面白かった。

  • 薬丸氏にしてはめずらしい学園ミステリー

    登場人物が多すぎて頭の整理がつかなかったのか 自分の好みのジャンルとは違ったのか あまり集中できずに併読しながら読み終えたが 思いがけない夏目刑事の登場で少し救われたキモチになった

    卒業したばかりの学生さんなら何か感じるところがあるかな

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年兵庫県生まれ。2005年に『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2016年に『Aではない君と』で第37回吉川英治文学賞新人賞を、2017年に短編「黄昏」で第70回日本推理作家協会賞<短編部門>を受賞。その他の著書に『闇の底』「刑事・夏目信人」シリーズ、『友罪』『ガーディアン』『告解』などがある。

「2021年 『天使のナイフ 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
誉田 哲也
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
雫井 脩介
薬丸 岳
東野 圭吾
湊 かなえ
米澤 穂信
恩田 陸
東野 圭吾
貫井 徳郎
宮部みゆき
柚月 裕子
奥田 英朗
塩田 武士
東野 圭吾
柚木麻子
宮下奈都
薬丸 岳
伊坂幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ガーディアンを本棚に登録しているひと

ツイートする
×