告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実

著者 :
  • 講談社
4.40
  • (32)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 241
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062205191

作品紹介・あらすじ

1993年5月4日。タイ国境に近いカンボジア北西部アンピルで、UNTACに文民として初めて参加していた日本人警察官5人が、ポルポト派とみられる武装ゲリラに襲撃された。岡山県警警視、高田晴行さん(当時警部補・33歳)が殺害され、4人が重軽傷を負った。湾岸戦争以来、日本の悲願であった人的な国際貢献の場で起きた惨劇は検証されることなく、23年の月日が流れた。しかし、今、当時の隊員たちが重い口を開き始めている。カンボジアPKOの襲撃事件を様々な角度から描き出す。そこには、戦後日本の安全保障政策が大きく転換しPKOでもさらなる任務が求められることになった今、私たちが目を背けてはならない多くの“真実”がある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本が初めて参加したPKO、UNTAC、明石代表。
    断片は覚えていたが、文民警察官の死については
    完全に忘れていた。

    カンボジア復興を旗印に、海を渡った文民警察官を題材にしたNHK 特集の書籍化。
    日本特有の臭い物にはフタ。現場とトップとの意識の乖離。その中で頑張っていた警察官たち。
    トップにはトップの行動、考え方があるのは理解するものの、現場の警察官たちのことを考えると涙が出てくる。

  • 政府の国際社会への面子及び国内政治への詭弁、そして国際機関トップが日本人である事への配慮。
    決してカンボジアの人々の為ではなく、そうした「政治関係者」の為の現地の状況とは無関係の派遣で高田さんは殺された。悲しくて仕方がない。もっと早くに実情は公にされるべきだった。情報を公開することで正しい議論が進む。

  • どうにも救いのない話… 国内政治や外交において、語られれ国際貢献と現場の落差。完璧に安全であることはあり得ないにしても、あまりにも体制が整っていない中に大した装備もなく投入されてしまう。官僚組織同士の妥協の中で一番犠牲になってしまったのは、未経験ゆえなのだろうか。日本政府の手には負えないものではなかろうかとも思ったりする。

  • 【297冊目】読んで良かった。国際社会において名誉ある地位を占めたいと願う日本国憲法を持つ我ら国民は、本書の内容を吟味すべき。

     UNTACの機能不全と現場軽視の官僚文化、日本政府の非紛争地域であるとの建前維持のための現実無視など、本書から学ぶべき教訓はとてもとても多い。そして、2017年の南スーダンPKOにおける自衛隊日報問題にみられるように、その教訓は過去の話とはなっていない。

     240ページからの数ページは、紛争地で活躍することを志す日本人や、それを他者に望んだり指示したりする人たち全員が必ず読むべき。「国際貢献」の美名の背後にある現実は本来筆舌に尽くしがたいはずで、この記載ですら現実の悲惨さの一端しかとらえていないのだろうけれど、これぐらいの地獄の描写を読んで自分がどう感じるか、その気持ちをよく覚えておかないといけない。

     本書に登場する明石UNTAC代表や柳井俊二PKO事務局長などの発言からは、外交官にこういった現場を担当する能力はないのではないかと感じてしまう。外交上の建前や日本の国際社会における立ち位置ばかりを気にして、執行現場で勤務する職員の健康や生命をそれらに劣後させる発想しかみてとれない。インタビューに答えている人の中で、河野洋平官房長官(当時)だけは、当時は自衛隊派遣のことばかり気にしていたと反省の弁を口にする真摯な姿勢をみせているように思える。

     髙田警視殉職後も、現地での勤務継続を願った同じ班の警察官の思いや、そのうちの何人かは後に在外公館勤務を務めた経緯から察するに、日本史上初の重大ミッションに派遣された警察官たちは士気高く、また、能力も高かったのだろうと思われる。それだけに大変に惜しい出来事。

     本書の副題は「23年目の真実」だが、当事者たちが辛い思いを抱えていたこと、政府から喋らないように圧力がかけられていたこと、そして、マスメディアも一時ニュースに取り上げたもののその後の調査報道につなげられなかったことから、真実がこのように具体的に明らかになるタイミングがここまで遅くなってしまったよう。本書の内容を放送したNHKの番組が数々の賞を受賞したのは納得の出来。

  • 329-H
    閲覧

  • この本を読んで初めて知ったことがたくさんあった

    ただこれ以上書くと硬直した縦割りな仕組みへの罵詈雑言だらけになるのでやめることにする

    知れて良かったと心から思う

  • 良いノンフィクション。

  • PKOで邦人に死人が出ていたこと自体知らなかった。カンボジアPKOだけでボランティア1名、文民警察官1名。

    建設業者でなく各国軍隊の工兵部隊、自衛隊の施設科部隊を送っているあたり、派遣先が安全なわけがなかろうとは常々予想していた。

    PKO法制や安保法制は、先進各国のやり方が現代社会の「多数派」とみなされているのだから、やるべきと思うならそりゃやれば良いんだけど、そもそも前提データ、知識が無いとか、あっても隠すとか、そんな状態で法整備をして最後は現場に責任丸投げ、というのは勘弁してやれやと思う。

    そのあたり、文民警察官も似たような状態だったようだ。護身の品はたとえ防具であっても武器に該当するので日本から派遣先に輸送不可、そもそもPKO法制整備時は自衛隊の話ばかりで文民警察官の話は殆どしなかった、とある。

  • とにかく、こんなにカンボジアの為に尽くしてくれた日本の警察の方がいたこと、知らなかったことがはずかしかった
    そもそも、警察官がカンボジアに派遣されていたなんてニュースになっていたのだろうか
    何ごとも初めに関わる人間は大変な思いをするが、これは、日本の官僚の能天気さによる苦労がほとんどだった
    語ることすら許されなかった方々の証言が生々しく苦しかった 
    23年も胸に抱えてきたなんて、どんな日々だったのか
    読むのが苦しかった
    でも、日本人として知るべきことだと思った

    現在も活動中のPKOは、本当に必要なのだろうか
    意識もバラバラで、寄せ集めのチームが、本当に平和を促すことができるのだろうか
    私なら、自国の争いに外国人がやってきたら、恐怖を覚える

  • Yahoo!ニュース|本屋大賞 2018 ノンフィクション本大賞ノミネート作品。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年3月生まれ。神奈川県出身。2002年NHK入局。ディレクターとして福岡局、報道局社会番組部、大型企画開発センターを経て、2015年から大阪局報道部所属。主な作品に、NHKスペシャル「サミュエル・エトー アフリカを背負う男」、「宇宙の渚 46億年の旅人 流星」、「調査報告 日本のインフラが危ない」、「巨龍中国 大気汚染 超大国の苦闘」など

「2018年 『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

旗手啓介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
角幡唯介
辻村 深月
リンダ グラット...
劉 慈欣
宮下奈都
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×