KZ’ Deep File いつの日か伝説になる

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 136
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062205597

作品紹介・あらすじ

君たち若者が持つ快活さと真摯さ、繊細さ、どんな事にも真っ直ぐに向かっていく妥協のない気持ちは、今後いつの間にか消えていき、二度と戻ってこないものだ。輝くような今の時間を大切にするといい。(本文より)

古都、長岡京で開かれる旧財閥の懇親会。厳重な警備の中、ナイフを持ち込む少年の目的は!? 二つの蜂の巣、焦げた陶器、誘拐された少女、次々とからむ因縁の糸はどこに続くのか!? 真実を追う少年たちの夢と挫折、友情と葛藤を描く、書き下ろし長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 発売日に即購入。
    毎回思うがこの子たちは本当に中学生なのか…?
    みていてドキドキする。

  • 頭が良くて行動力があり、お互いを大切にしている中学生が、友人を更正させ、その友人と関係のある企業の謎に迫る物語。

  • 設定が、君たちは本当に中学生なの?とつっこみたくなる水準の高い子達。そうは言っても都会とかにはこんな子が沢山いるのか?
    なんか目が話せない感じで一気に読んでしまった!

  • KZ’は読んでて、この本書くのにどれだけの知識や下調べが必要なんだ…といつも思うけど、Deepはそれがさらに深まっているからほんとすごいなって思う。今回の内容も知識の引き出しと絡め方が上手くて、読んでて楽しい。

  • 和典は黒木の誘いで小学校時代の友人健斗を伴い
    小塚もくわえ4人で古都長岡京で開かれる旧財閥の懇親会に参加する

    謎を秘めた健斗のもくろみ
    大財閥の総帥村上の隠された過去
    スズメバチの巣から明らかになる戦時中の闇

    「俺の夢はヒーローだ。多くの人間を救って英雄と呼ばれ、死んだら伝説の男になるんだ」

    思春期男子の友情と葛藤に社会問題をブレンドした極上のミステリー
    シリーズ累計140万部、青い鳥文庫の大人気シリーズスピンオフ第3弾

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説で脚光をあびる。フランス政府観光局親善大使。著作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『シャネル』『アンジェリク緋色の旗』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』『幕末銃姫伝』『i維新銃姫伝』など多数。青い鳥文庫ではKZのほかに「妖精チームG(ジェニ)」シリーズ、『マリー・アントワネット物語』『三銃士』も手がけている。

「2021年 『探偵チームKZ事件ノート シンデレラ階段は知っている 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤本ひとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮下奈都
ヨシタケシンス...
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×