成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい グローバル人材になるための99のアドバイス

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (3)
  • (6)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206495

作品紹介・あらすじ

世界を目指す君に、僕のすべてを伝えたい――

ビジネスマンにして、NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」の講師である著者が
自らの体験をもとに若者たちに贈る「キャリアアドバイス」。
「面白くて役に立つ」一冊です。

第1章 あなたの英語、こうすれば上達する
 あなたの勉強法、間違っていませんか?
 「夢を現実にする一番いい方法は、目を覚ますことである」(ポール・バレリー)
 巷の俗説に惑わされず、正しい勉強法をお教えします。
第2章 「現在位置」を知って「目的地」までのロードマップを作ろう
 語学学習の、まず第一歩は?
 目的地を決めること。次に現在位置を知ることです。
 「どこに行こうとしているのかわかっていなければ、どの道を通ってもどこにも行けない」(ヘンリー・キッシンジャー)
第3章 英語は使わざるを得ない世界共通のツール
 なぜ、英語を学ぶのですか?
 「英語の力を磨くことが、世界に向かって羽ばたく道」(杉田敏)
第4章 実践!ビジネス英語
 学校で習う英語との違いは?
 「ビジネス英語は、話すように書きましょう」(杉田敏)
第5章 グローバルキャリアを目指して
 アメリカでの職探し。求められる人材とは?
 「専門馬鹿」は尊敬されない。雑談力をつけよう」(杉田敏)
第6章 手を挙げよう。すべてにチャレンジしてみよう
 ビジネスの現場で無理難題をどう捌くか?
 「ある仕事ができるかと聞かれたら、『もちろんできます』と返事することだ。それから懸命にそのやり方を見付けよ」(セオドア・ルーズベルト)
第7章 どこでも通用する常識は、どこにも存在しない
 「絶対的真理がないように、永遠の真実もない」(フリードリヒ・ニーチェ)
 国際人となるために何が必要かお伝えします。
第8章 新しい時代の新しいマナー
 辞表はメールで送っていいか?
 新時代のマナーを解説します。
第9章 ぬるま湯から出て次のステージに進もう
 「退路を絶つな」(杉田敏)
 何度かの転職を経験した著者だから語れる、次のステージへの進み方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最高のアドバイス 自分より頭のいい人とつきあえ

    夢を実現する一番いい方法は、目を覚ますことである The best way to make your dream come true is to wake up. Paul Valery

    読んだり聞いたりすることへの理解力は、かなりの程度、あなたの語彙によって決定される。だから毎日、あなたの語彙数を増やしなさい。 Your understanding of what you read and hear is, to a very large degree, determined by your vocabulary, so improve your vocabulary daily. Zig Ziglar

    すべての物事は困難の段階を経て、やがて容易になる All things are difficult before they are eagy. Thomas Fuller

    どこに行こうとしているのかわかっていなければ、どの道を通ってもどこにもいけない If you do not know where you are going, every road will get you no where. Henry Kissinger

    いずれという日はこない
    One of these days is none of these days.

    大阪 、東京ビジネス英語勉強会

    osaka-english.cocolog-nifty.com
    sites.google.com/view/tokyo-study

    skype vipabc

    英国海軍
    困難なことはすぐにやれ、不可能なことを行うには時間が要る The difficult should be done at once; the immposble takes longer.

    達成したことはあまりにも少ない、やるべきことは多い。 So little done, so much to do. Cecil Rhodes

    時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ、他の何事も管理することはできない。 Tiem is the scarcest resource, and unless it is managed, nothing else can be managed. Pter F. Drucker

    忙しいだけでは十分でない。アリだって忙しい。問題は何をして忙しいかということである
    It is not enough to be busy; so are the ants. The question is :What are we busy about?
    Henry David Thoreau

    行動を起こせば必ず幸福がもたらされるとは限らない。だが、行動しなければ幸福にはなれない Action may not always bring happiness; but there is no happiness without action. Benjamin Disraeli

    世界で最も優秀な教育を施してくれるところが3つある。ローマンカソリック、マフィア、そしてGE

    友達と一緒に会社を立ち上げるのは、友もお金も失う最短の道

    退路は断つな  Don't burn your bridge.

    立派の生き方をせよ。それが最大の復讐だ。
    Live well. It is the greatest revenge. the Talmud

    自らの人生をコントロールせよ。さもなければ、他人がそうすることになるだろう。 Jack Welch
    Control your own destiny or someone else will.


  • NHKのラジオ講座はかなりレベルが高かった。だいぶお世話になったのと、挑発的なタイトルに興味をそそられて借りてみたけど、自慢話の集まりみたいな感じで、あまり感銘を受けるものではなかった。こういうガツガツした上司のもとでは働けない。著者の中身は典型的なアメリカ人のイメージを彷彿とさせる。ハングリーに努力をしてきた人なんだろう。SUITSのHarveyみたいな感じ。

  • 第1章 あなたの英語、こうすれば上達する
     あなたの勉強法、間違っていませんか?
     「夢を現実にする一番いい方法は、目を覚ますことである」(ポール・バレリー)
     巷の俗説に惑わされず、正しい勉強法をお教えします。
    第2章 「現在位置」を知って「目的地」までのロードマップを作ろう
     語学学習の、まず第一歩は?
     目的地を決めること。次に現在位置を知ることです。
     「どこに行こうとしているのかわかっていなければ、どの道を通ってもどこにも行けない」(ヘンリー・キッシンジャー)
    第3章 英語は使わざるを得ない世界共通のツール
     なぜ、英語を学ぶのですか?
     「英語の力を磨くことが、世界に向かって羽ばたく道」(杉田敏)
    第4章 実践!ビジネス英語
     学校で習う英語との違いは?
     「ビジネス英語は、話すように書きましょう」(杉田敏)
    第5章 グローバルキャリアを目指して
     アメリカでの職探し。求められる人材とは?
     「専門馬鹿」は尊敬されない。雑談力をつけよう」(杉田敏)
    第6章 手を挙げよう。すべてにチャレンジしてみよう
     ビジネスの現場で無理難題をどう捌くか?
     「ある仕事ができるかと聞かれたら、『もちろんできます』と返事することだ。それから懸命にそのやり方を見付けよ」(セオドア・ルーズベルト)
    第7章 どこでも通用する常識は、どこにも存在しない
     「絶対的真理がないように、永遠の真実もない」(フリードリヒ・ニーチェ)
     国際人となるために何が必要かお伝えします。
    第8章 新しい時代の新しいマナー
     辞表はメールで送っていいか?
     新時代のマナーを解説します。
    第9章 ぬるま湯から出て次のステージに進もう
     「退路を絶つな」(杉田敏)
     何度かの転職を経験した著者だから語れる、次のステージへの進み方。

  • タイトル、そして杉田先生が著者ということで読んだ。
    その中で気になるフレーズ、考え方があったので、
    記録しておく。


    ①お金は歩いてあなたのところには来ない

    ②断らない。どうしたらできるのかを考えるのがプロ
     The difficult should be done at once.
    The impossible takes a little longer.

    Whenever you are asked if you can do a job,
    tell them "Certainly I can."
    Then get busy and find out how to do it.


    ③行動しなければ、幸福になれない
     Action may bot always bring happiness.
    But there is no happiness without action.

    ④退路は断つな、自らの運命は自らコントロールしよう
     Control your own destiny or someone else will.


    最後に勉強になった雑学

    ローマ数字でVが5を意味するのは、
    手の5本指の形を示したものだったから。
    そして10は、Vを上下にくっつけてXにした。

  • 会社に3年いて、上司がバカに見えなかったら、あなたは進歩していないかもしれない

    プロとは、努力をやめなかったアマのこと

    第一印象を与えるのに、二度目の機会はやってこない

  • ビジネス英会話でおなじみの杉田先生のエッセイ。アマゾンのレビューが非常に良かったので買って見ましたが、ただのエッセイでした。

    いい情報もありましたが、サラッと読み流す程度の本かと思いました。

  • 実践ビジネス英語の杉田敏さんのビジネス・人生に対する考え方が記されていてとても参考になった。その道のプロならではの教訓がよくわかった。自分より頭のいい人から刺激を受けよ、英語を使いこなすために語彙を増やせ、目標はできるだけ現実的で具体的なものに、面接を受けた後は礼状を書け、難問に当たった時でも不可能を可能にするよう考えよ、自分の人生における長期、中期、短期の目標を確立し、毎年、毎月、毎週何をやるか考えよ、等PDCAの考え方である。ビジネスの基本をおさらいしていきたい。

  • 最高の英語教材だと自分が思っている、NHKラジオ「実践ビジネス英語」の著者である杉田敏の新刊。
    ラジオの方でとてもお世話になっているので楽しみにして読んでみたが、…ちょっと期待外れだったか。
    ・ビジネスで英語を使うなら、高いレベルになるよう心がけるべき
    ・高いレベルの英語力を獲得するには、不断の努力が欠かせない
    ・英語ができるだけではダメ。ユーモアがないと

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和女子大学客員教授。1944年東京・神田の生まれ。87年からNHKラジオ「やさしいビジネス英語」「実践ビジネス英語」などの講師を2020年度まで通算32年半務める。2020年度NHK放送文化賞受賞。66年青山学院大学経済学部卒業後「朝日イブニングニュース」記者を経て71年オハイオ州立大学に留学。「シンシナティ・ポスト」経済記者から73年PR会社バーソン・マーステラのニューヨーク本社に入社。日本ゼネラル・エレクトリック取締役副社長(人事・広報担当)、プラップジャパン代表取締役社長などを歴任。著書に『アメリカ人の「ココロ」を理解するための教養としての英語』(NHK出版)、『成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい』(講談社)、『現代アメリカを読み解く』(DHC)ほか多数。

「2021年 『音声DL BOOK 杉田敏の 現代ビジネス英語 2021年 夏号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉田敏の作品

成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい グローバル人材になるための99のアドバイスを本棚に登録しているひと

ツイートする
×