さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?

  • 講談社
2.86
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206501

作品紹介・あらすじ

新入部員を迎えることになった、さいとう市立さいとう高校野球部。強豪中学出身のキャッチャー・長瀞智樹や妙鉱五志をはじめ、個性豊かな新しい顔ぶれに、期待が高まるメンバーたち。
紅白戦で後輩と新バッテリーを組むことになった山田勇作に、新たな変化が訪れ……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回はちょっとグダグダだったかな。
    紅白戦も事情がそうなのだけれども
    中途半端な感じで終わってしまいましたからね。

    と、言うかねこの作品、大変伏字が多い(笑)
    悪乗りクラスで多いんだよ(笑)
    まあネズミーさんはいろいろアウトだけれどもね。
    製品名を伏字で出すなと(笑)

    今回は勇作君は希望届の集合場所を
    素晴らしい場所で書いてくださっています。
    ちょ、それは届けることができないなぁ。

    この後輩君たちも
    素地があって伸びしろ、すごいと思うんだ。
    でも続きが出てないのよね。

  • やっぱり野球描写があまりない。笑。
    後輩のピッチャー性格変わりすぎ。

  • 山田勇作と山本一良―幼馴染の最強バッテリーで甲子園出場を目指すが、野球部なのになんだかユルい、さいとう市立さいとう高校野球部には難題が山積。美術教師にして野球部の監督をつとめる鈴木先生は独自の練習方法を編み出し、一筋縄ではいかない先輩たちは頼りない。野球の強豪中学出身の新入部員の二人が入部して、はじめて一良以外とバッテリーを組むことになった勇作は、ついにマウンドに立つことになるが…。

  • さっと読めました。次も楽しみ、また会おうな。

  • 新入部員を迎えることになった、さいとう市立さいとう高校野球部。
    強豪中学出身のキャッチャー・長瀞智樹や妙鉱五志をはじめ、個性豊かな新しい顔ぶれに、期待が高まるメンバーたち。
    紅白戦で後輩と新バッテリーを組むことになった山田勇作に、新たな変化が訪れ……。
    (アマゾンより引用)

    うん。
    面白い。
    こんな部活だったら楽しいだろうなぁ

  • やっぱり軽い。 2017.8.31

  • 野球小説だよね。
    高校野球だよね。
    遊び過ぎですよ。
    好きな人は好きなんだよね。
    自分には合わないですね。

  •   さいとう高校シリーズ第三弾。
     こういう語り口なのかも知れないが、本題からそれたり、温泉の妄想ばかりで読みずらかった。

  • 新入部員を迎えることになった、さいとう市立さいとう高校野球部。強豪中学出身のキャッチャー・長瀞智樹や妙鉱五志をはじめ、個性豊かな新しい顔ぶれに、期待が高まるメンバーたち。
    紅白戦で後輩と新バッテリーを組むことになった山田勇作に、新たな変化が訪れ……。

  • 温泉愛がちょっとうっとうしくて、テンションが高すぎる、お気楽高校野球小説。鈴木監督のキャラや指導方法は好きなのだけど。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、岡山県生まれ。青山学院大学を卒業後、小学校講師を経て作家デビュー。「バッテリー」シリーズで野間児童文芸賞、日本児童文学者協会賞、小学館児童出版文化賞を受賞。『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学から、ミステリー、SF、時代小説など幅広いジャンルで活躍している。著書多数。

「2021年 『にゃん! 鈴江三万石江戸屋敷見聞帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさのあつこの作品

ツイートする
×