監督の問題

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (9)
  • (24)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206648

作品紹介・あらすじ

吉川英治新人文学賞受賞後第一作。プロ野球を引退したばかりの元スラッガー、宇恵康彦。彼が就任したのは連続最下位の新興チーム「新潟アイビス」の監督だった。上を見れば、短気ですぐに監督をクビにする若きオーナー。下を見れば、キャンプ中に若手を引き連れ朝帰りするベテラン投手。仲間であるはずのコーチたちにも諍いが……問題だらけの球団にルーキー監督が挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元スラッガーの宇恵康彦は、引退してすぐに連続最下位の弱小球団の監督に就任。結果が出ないとすぐにクビを切るオーナー、チーム方針に従わないベテラン、年上の実績のある投手コーチ。様々なトラブルを抱えながらも、シーズンを戦い続ける。
    ユーモラスに描かれており、中にはあの人?と推測できる人も登場する。プロ野球が舞台ではあるが、野球に詳しくない人でも人情モノとしても楽しめる作品。

  • 新潟アイビスというチーム名から
    独立リーグの話だと思ってた。

    1軍半の選手が独立リーグに行き
    そこで見たもので再生していく話。

    本当は2000本安打まで後一本で引退した
    40代前半の新人監督が悪戦苦闘する話。

    奥さんが要所要所を締めてて
    ツンデレとみせかけて………
    支えてもらうには自分から懐に飛び込まないとダメだよなーと。

  • 面白かった。もっと読んでいたかったという感想。筋の上では確かに必要なのかもしらんけど、恋愛話より野球の話を読みたかった。

  • すんなりと読めた。
    スポーツチームの課題がしっかりと描かれながら、読み物として面白かった。
    ただスポーツの醍醐味までは踏み入れていないが、目的は監督の心情なのでそれはそれで良いかと。

  • プロ野球を引退したスラッガーが弱小球団の監督に就任。愛すべき人柄で悩み迷いながらチームとともに成長していく姿を描いたストーリーには素直に共感。初読みの作家さんで、偶然図書館の書棚で見かけ題名に惹かれて手に取った本だが、肩の力を抜いて楽しめる良作。

  • 書きすぎるとネタバレになるから。
    架空のプロ野球球団の新米監督の話かな。
    普通にスーッと読めた感じです。
    可もなく不可もなくって感じでした。

  • 僕自身もやっていた野球の話なので、特に引っかかる事もなくサラッと読めたわけだけど、う〜ん、弱いチームを立て直すというありがちな話で、いまひとつ盛り上がらなかったかな。
    結果的に最後は負けたわけだけど、勝って終わったら終わったで、うまく出来過ぎって事になるし、終わり方は難しい。元スポーツ紙記者という事もあって、普段あまり目にする事のない監督の裏側を描いてるのは良いと思った。
    ただ、広報の恋のくだりは、無くてもよかったような。無理くりに恋愛要素を入れ込んだ感があって、全体を通してみるとしっくり来なかったように思う。
    ま、とは言え面白くなかったわけではないので、星3つです。

  • 本城作品には珍しいコミカル調。
    悪くないけれど、シリアスの方が好み。

    第1章 ときは金なり
    第2章 やさしい言葉
    第3章 とく別な一勝
    第4章 鬼の謎かけ
    第5章 広報の恋
    第6章 祭りのあと

  • この作者にしては(野球物でも)暴力的なシーンがなくて良かった。でも美人広報とかテンプレ感は相変わらず。

  • サッカーW杯が終わり、急遽、日本代表を任された西野監督についての「手のひら返し」がメディアやSNSで起こっています。主にハリルホジッチの戦術によるリーダーシップと西野のチームマネージメントによるリーダーシップとの対比で語られていますが、サッカーと野球の違いはあれ、主人公の宇恵監督は西野監督派かな。「部下が一生懸命訴えてきた時は、部下と同じ立場に立って喋ること。否定する場合は絶対に笑みは漏らさないこと。」なんか、サラリーマンでもそうかもしれない、としみじみ思います。「トリセツ」からの本城雅人ですが、本当、巧みな書き手ですね。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産経新聞社入社後、産経新聞浦和総局を経て、その後サンケイスポーツで記者として活躍。退職後、2009年、『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、デビュー。同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。2016年、『トリダシ』が第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補となる。2017年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞する。その他の作品に、『スカウト・デイズ』『紙の城』『傍流の記者』『オールドタイムズ』『あかり野牧場』『終わりの歌が聴こえる』など。

「2021年 『時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本城雅人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×