それ自体が奇跡

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (7)
  • (22)
  • (27)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 148
感想 : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206730

作品紹介・あらすじ

田口夫妻が勤める百貨店で唯一の定休日である元日。夫の貢が「本気のサッカーがしたい」と宣言し、妻の綾が「絶対ダメ」と反対したことから、二人の波乱の一年が幕を開けた。

会社のサッカー部が廃止になり、くすぶっていた貢の元を、大学の先輩だという立花が訪れた。サッカーチーム「カピターレ東京」に入団し、東京23区で初めてのJリーグ入りを共に目指してほしいと熱心に勧誘される。報酬ゼロなのに本気のサッカーへの誘いに心を動かされた貢は、その場で「やります」と返事をしていた。

高卒で百貨店に入社して13年、そろそろ子どもを産みたい、と考えていた綾は、夫の突然の宣言に異を唱える。特にイヤだったのは、それが相談ではなく事後報告だったことだ。夫との関係がぎくしゃくしたせいか、綾は仕事で初歩的なミスをしてしまうが、それがきっかけで客の天野と知り合い、二人で映画に行くことに……。

30歳、結婚3年め、共働き。
夫が本気の夢を追い始め、妻は別の男に惹かれ始めた。
初めて訪れた危機を、田口夫妻は乗り越えられるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夫婦三部作 第三作

  • 「その愛の程度」「近いはずの人」に続く夫婦三部作のラストを飾る作品。

    百貨店に勤める夫婦の転機。

    始まりの日
    迷走の三月
    反感の四月
    奔走の五月
    共感の六月
    暴走の七月
    直感の八月
    迷走の九月
    痛感の十月
    並走の十一月
    交感の十二月
    始まりの日

    百貨店に勤める田口貢・綾夫妻。

    学生時代サッカーに専念していた貢にプロを目指すチームからのオファーがあり、綾に相談なくチーム参加を決めてしまう。

    サッカーと仕事の両立は大変で、綾も紳士的なお客さんとの寄り道をしそうに。

    現実と理想で揺れ動く田口夫妻。

    2人の未来は?


    夫婦三部作とは知らずに最終作を先に読んでしまいました。

    夫婦という英単語がないところや、紙一枚で公にパートナーを好きと宣言するところの件など、小野寺さんの良いとこ詰まってます。

  • 31歳、百貨店勤務の夫貢が、プロを目指すサッカーのクラブチームで本気をサッカーをすると言い出した。
    同じ百貨店に勤務する妻綾は、それを応援することが出来ない。
    そんな夫婦の1年の物語。

    著者の作品の登場人物の、メインの女性は、ちょっと気が強めであまり好感の持てるタイプではないことが多く、今回綾にも気持ちを添えることが出来なかった。
    子供がいたとしたら、私も綾のように反対したと思うが、この2人は子供がいないのだから、応援してあげて欲しかったなと思う。
    一方貢は、淡々とサッカー向き合い、仕事も頑張っていて好感が持てる。

    1年を経て、2人の絆は深まった様子ではあったけれど、名古屋に行ってしまうんだ…と少し意外な感じがしてしまった。
    貢のフォローをすることを選ばない綾には、やっぱり共感出来ないかも。

  • サッカーの小説ってあんまり読んだ事なかったけど、年を取ってまた真剣にサッカーをやる⚽️サラリーマンサッカー⚽️って題材身近に感じた。たしかにレベルは違えど、サッカーの、試合が始まったら普段の嫌な事や仕事の事なんて、何一つ考えないし、アドレナリンでてたら、痛みとかも感じないしね。若い頃のようにプレーできなくなっても、怪我のリスクがあっても、⚽️試合ってやりたくなるんだよね。おれも会社のサッカー部には最近参加してないけど、同年代でやれるクラブでも入ろうか?悩んでいた時に出会えた小説です。仕事以外にも何かに打ち込めるって幸せな時間の過ごし方だよね。

  • 結婚4年目子供なし。
    夫がサッカーに情熱を注ぎ 少しギクシャクし始めた夫婦の話。

  • 結婚3年目でデパート勤務の田口貢・綾夫妻の物語だが、貢はデパートのサッカー部で活躍していたが、部が廃部となり落ち込んでいたところへ、東京の地元のサッカークラブから入団要請がくる.即決したが綾には事後通告だったため、不穏な雰囲気になる.しかし貢は初志貫徹で活動し始める.綾は仕事のミスで天野亮介と知り合い、映画を見る仲になる.貢の活躍でチームは良い所まで行くが最後に敗退する.亮介との会話で貢の様子を話したところ、亮介の会社が貢のチームのスポンサーになる話が持ち上がる.デパートの仕事の内容や、貢のチームの試合ぶりがテンポよく書かれており、楽しく読めた.

  • サッカーに全く興味がないのですが…
    面白く読めました。

    こういうトーンのお話好きです。

    夫婦3部作…だと知らず…
    他2作も読んでみたいです。

  • 面白かった。そして上手いと思った。
    さりげない表現ながら貢と綾のその時々の表情までも浮かんでくるよう。
    試合の描写も臨場感があり見事。
    予想通りの展開だったが、薄っぺらな感じは全くなかった。

  • 若い夫婦の物語。少し感動もの

  • <す>
    小野寺の作品を古い順に読んでいこうと奥付で発行年月を調べてその順番に積み上げて一番上からこの本を取って読み始める。少し読んだところであれ「オリンピックの終了する頃には・・」とかちょっと思惑と違うなあと考えて件の山をよく見ると上から新しい順に並んでいるではないか。あちゃーいかんと思って本を変えようかと思ったけれどもう少し読んじまったし小野寺作品はまあ古い順に読まなくても別に構わないということにも気づいて来ていたのでそのまま読むことにした。またもや感想でもなんでもない詰まらない僕のお話で文字数が埋まってしまった。いつも誠にすまぬ。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞し、デビュー。’08年『ROCKER』で第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。著書に『ひりつく夜の音』『本日も教官なり』『ライフ』『ナオタの星』『みつばの郵便屋さん』シリーズ、『その愛の程度』を一作目とする『近いはずの人』『それ自体が奇跡』の夫婦三部作、『縁』『天使と悪魔のシネマ』『片見里荒川コネクション』などがある。’19年『ひと』で本屋大賞2位。


「2021年 『縁』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野寺史宜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野寺史宜
村田 沙耶香
中山 七里
宮下奈都
辻村 深月
小野寺 史宜
朝井リョウ
池井戸 潤
小野寺 史宜
小野寺 史宜
米澤 穂信
伊吹有喜
奥田 英朗
柚木麻子
恩田 陸
三浦 しをん
小野寺史宜
辻村 深月
瀬尾まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×