野球エリート 野球選手の人生は13歳で決まる (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206785

作品紹介・あらすじ

「ドラフトで人生が決まる」と言われたのはもう昔話だ。
才能のある野球選手はすでに中学時代からその名は全国に響き渡り、有力高校が争奪戦を繰り広げるなど、転機となる時期が低年齢化している。

★今春、選抜高校野球で優勝投手になった2年生・根尾昂はなぜ、進学先を大阪桐蔭高に決めたのか。

★今年の「怪物1年生」は愛知に2人いる
 東邦・石川昂弥、愛工大名電・稲生堅二の今

★元巨人・前田幸長が語る「プロで通用する中学生」の見抜き方

★プロで二刀流をめざす青学大1年生・鈴木駿輔の英才教育は10歳ではじまった

★甲子園の「天才球児」ソフトバンク内野手・古沢勝吾はどこでつまづいたか

★オコエ瑠偉にたちはだかる「壁」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校有力校の青田買いを中心に描いた小説。ちょっと陳腐かな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1963年、広島県生まれ。86年に法政大学文学部卒業後、日刊現代に入社。88年より、スポーツ編集部でプロ野球取材を担当。同社勤務のかたわら週刊誌、月刊誌でスポーツを中心に人物ノンフィクションを多数執筆。2006年独立。著書には『失われた甲子園』『プロ野球「第二の人生」』『プロ野球 二軍監督』『最後のクジラ』(以上、講談社)、『野球エリート』(講談社+α新書)、『すごい! 広島カープ』(PHP文庫)などがある。


「2019年 『広島力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤坂英一の作品

ツイートする
×