女が美しい国は戦争をしない 美容家メイ牛山の生涯

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062206853

作品紹介・あらすじ

戦前、モダンガールが闊歩する東京・銀座に大評判の美容師がいた。山口県から18歳で単身上京、後にメイ牛山と呼ばれる高根マサコは何も手本のない時代に独自の美意識で次々に斬新なヘアメイクを創造していく。戦争、パーマネント禁止、疎開。暗い時代にも希望を見失わず、焼け跡で心に誓った「日本じゅうの女性を美しくする」という夢は高度成長期に大きく開花する。六本木に開いた東洋一のサロン、作家や芸術家たちとの交流。年齢にとらわれない女性美を追究し、明治・大正・昭和・平成を駆け抜けた美のマエストロ、メイ牛山の一代記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • メイ牛山の信念に感銘を受けた。再読したい。

  • コスメブランドとしてのハリウッド、聞き覚えがあるわ~!と思って読んだ。

  • これまで断片的にしか知らなかったメイ先生の生涯がわかりました。六本木のサロンの写真や、お弟子さんの中で知ったお名前があり、とても懐かしく感じました。

  • ◆幸せづくり生涯追求 [評者]桜木奈央子=フォトグラファー (東京新聞)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017121002000178.html

    講談社のPR
    戦前、モダンガールが闊歩する東京・銀座に大評判の美容師がいた。
    山口県から18歳で単身上京、後にメイ牛山と呼ばれる高根マサコは何も手本のない時代に独自の美意識で次々に斬新なヘアメイクを創造していく。戦争、パーマネント禁止、疎開。暗い時代にも希望を見失わず、焼け跡で心に誓った「日本じゅうの女性を美しくする」という夢は高度成長期に大きく開花する。六本木に開いた東洋一のサロン、作家や芸術家たちとの交流。年齢にとらわれない女性美を追究し、明治・大正・昭和・平成を駆け抜けた美のマエストロ、メイ牛山の一代記。
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062206853

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

北海道札幌市生まれ。脚本家。おもな脚本作品に、映画『イノセントワールド』、『天使に見捨てられた夜』、『狼少女』、テレビドラマ「スカイハイ」「恋して悪魔」。ほかに児童小説『ストグレ!』(講談社)などがある。

「2017年 『女が美しい国は戦争をしない 美容家メイ牛山の生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川智子の作品

ツイートする
×