通りすがりのあなた

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (7)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062207201

作品紹介・あらすじ

大学三年の一年間、モラトリアムに逃げこむように香港大学に留学したサホは、マイケルというABC(アメリカン・ボーン・チャイニーズ)と出会う。冴えない自分と、人気者の彼。付き合っているようで、本当のところはわからない。やがてマイケルは、奇妙な「秘密」を漏らすようになって――(「世界が終わる前に」)

17歳の夏休み、パナマに短期留学をすることになったハルナ。ホームステイ先では日本との習慣の違いに右往左往し、学校ではスペイン語が全く分からず困り果てる毎日。そのうえ、クラスで冴えないジェニファーがあれこれ世話を焼いてくるようになって、正直ちょっと迷惑なのだが……(「友達なんかじゃない」)

念願の世界一周旅行を始めた矢先、ボリビアで高山病になったリサを助けてくれたのは、同じく旅行中のコウさんだった。同じルートの少し先を旅するコウさんとは、会えそうでなかなか会えない。コウさんを追いかけて旅するうちに、リサの中で彼に伝えたい言葉が溢れてきて――(「世界一周鬼ごっこ」)

言葉や距離を超えて築かれる、友達とも恋人とも名づけられない“あなた”との関係。7通りの切ない人間模様を描く、はあちゅう初の小説集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • All stories are related to foreign country. After reading this book, I feel like to go abroad.
    (えりりんさん)

  • 7つの短編が入った小説。
    どれもタイトルの通り、一時的に知り合い通り過ぎていく人との出会いの話。
    コミュニケーションの中でもやっと不快に感じたりアウェイな環境での弱い立場など、誰もが感じたことのある心情がリアルに描かれていた。
    旅の話が多く、旅をした友人から話を聞いているような。本を読むからこそ自分でできない体験が本を通してできるそんな一冊。

  • 友達でも恋人でも夫婦でもない
    “名前のつけられない人間関係”を描いた小説。

    私も今まさに
    名前のつけられない関係の人のことを
    考える日々を送っていたので、

    日本では名前がついてないだけなんだよ、と、
    世界目線を提示してもらえたのがよかった。

  • 香港に留学したとき、冴えない私によくしてくれた人気者のマイケルの心の闇。

    失恋と職場の先輩の自殺に心がふさいだときに助けてくれた妖精の存在。

    イギリス精神が根付いているマリアと日本とイギリスで過ごした価値観のこと。

    青春を謳歌中の女子大生が合コンで知り合った人の六本木の部屋に住む森さんとの交流。

    パナマに留学して自分のホームステイ先を恨んだけれど、それを羨む人もいたこと。

    サンディエゴの彼氏の家で過ごした夏休みに出会ったルームメイトのアレックス。

    世界一周旅行中に出会ったコウさんとの捕まえることのできなかった追いかけっこ。

    日本での価値観だけに縛られていては、もったいないのかもね。
    名前のつけられない人間関係。
    友達でもなければ恋人でもない、人生で一度しか会ったことがない人なのに、強烈に記憶に残っている人。
    いるよね、そういう人、たぶん。

    友達なんかじゃない、でのパナマ留学のやつが印象的。

  • 180830 − 180906

    ちょっぴり著者の人格とかを考えちゃった本でした。良いとか悪いとかではなくてね。

  • 思ったより女流作家然とした短編集だったな…。
    なんとも名状しがたい友情?親愛?で繋がった人達の切り取った日常。
    さびしくてもはがゆくても、生きていくから、あなたのことを思い出す日があるよ。

  • 繊細な感情表現と、はあちゅうさんならではの新鮮な視点を知ることができた。はあちゅうさんの小説はふんわりとした軽やかさがあり、読みやすいけど、深い。不思議な感覚。
    六本木のネバーランドが一番好きかな~。

    一番印象的だった文章:
    そもそも、「救う」なんて傲慢だと思う。彼は今、彼の住む世界では幸せかもしれないから。精神を病むこたは不幸せに思われがちだけれど、それは周りからの見え方であって、本人にとってつらいかどうかは、本人しかわからないことだ。私の孤独が私だけのものであるように、彼の感情は彼の持ち物だ。
    いま身内に精神疾患を抱えてる者がいるので、この文章を読んでからは、なんだかあれこれ考えてしまう。

  • いまどき女子っぽい。

  • 2017.12.27
    早く読み進めたいような、でもなんだかページをめくるのが少し緊張するような・・そんな感じやった。
    恋人でも友達でも家族でもない関係、もう二度と会うことはないだろうけど確かに存在したあの人との瞬間、ああなんかわかるかも、と。うまく説明できないけど、誰しもそういうことってあるんだなと思った。

  • ふんわり、優しい日記のような一冊。この年代だからこその表現や描写。数年後に読んだら、当時の気持ちが蘇るのか、全然違う気持ちになるのか。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に 『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』『半径5メートルの野望』『通りすがりのあなた』など。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」が好評。

「2018年 『いつかすべての恋が思い出になる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

通りすがりのあなたのその他の作品

通りすがりのあなた Kindle版 通りすがりのあなた はあちゅう

はあちゅうの作品

ツイートする