カラスヤサトシの日本文学紀行

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062207539

作品紹介・あらすじ

日本文学史上では語られることの少ない作品の面白さをカラスヤサトシ節ともいえるユーモラスな語り口と漫画でひもとくユニークな名作案内。林芙美子、北原白秋、正宗白鳥、原民喜、斎藤緑雨、坪内逍遙……後世に名を残す文士たちの素顔と名文の数々が、現代によみがえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近代文学のこういう読み方もあるんだなあと、ちょっとした目ウロコ。「生きる苦悩とかの部分はやや飛ばし気味」に「失われた世界を文学を介して見る」という視点が新鮮だ。確かに、明治から大正、昭和の戦前にかけての日本や日本人の姿を知るのに、文学作品は格好の素材だろう。作者は「明治期の風景や文化、大正期の空気感などに惹かれるが、現代にはついていけてない」そうだが、本当に、今の世の中に違和感を抱く若い人に近代文学を読むようすすめるというのはいいかもしれない。

    夏目漱石や川端康成といったビッグネームに、芥川龍之介、太宰治、横光利一など、まあ当然だわねという作家も登場するのだが、特徴的なのは、きちんと読んでる人がどれくらいいるのか?という顔ぶれがたくさん出てくることだ。国木田独歩・徳田秋声・長塚節・田山花袋など、そりゃ文学史的知識として名前は知ってるけど…。葛西善蔵・近松秋江・嘉村礒多あたりは、コアな私小説ファン以外あまり読まないのでは。小沼丹・小杉天外なんかもかなりマニアック。岩阪恵子・小島政二郎・奥野信太郎・上司小剣…、それ誰?

    いいなあと思ったのが、自分が気になったことはきちんと調べるという作者の姿勢。ある一つの事実を確かめるために、何冊も決して安くはない古書を買ったりしている。いろんなことがあまりにお手軽になった今、こういうスタンスって貴重じゃないかな。

  • 2018/10/10読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1973年大阪府出身。関西大学社会学部卒業。2003年、『月刊アフタヌーン』読者ページの欄外に自らの体験を題材にした4コマ漫画『愛読者ボイス選手権 特別版』を掲載し始めると、次第に人気を集め、2006年からは独立したページを持つようになり、2006年に掲載作をまとめた作品集『カラスヤサトシ』が刊行された。

「2017年 『カラスヤサトシの日本文学紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カラスヤ・サトシの作品

ツイートする
×