無駄のないクローゼットの作り方 暮らしも生き方も軽やかに (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062207669

作品紹介・あらすじ

「お金も時間もかけているのに、日本人女性はファッションで損をしていてもったいない!」と欧米ファッション界が一目置く”伝説のマサコ”が、本当におしゃれになるためのワードローブの作り方、装い方を、理論的かつ具体的に指南します。
 「おしゃれになりたいなら黒のパンツはやめる」「ワードローブは1本のラックにかかる量だけで十分」「いつも同じような服なのを怖がらない」など、独自の美意識と合理的なロジックに基づく、これまでにない大人のためのレッスンです。
 そして実践すると、クローゼットが整い、毎日の服に迷いがなくなるだけでなく、暮らし方、生き方もどんどん軽やかに、シンプルになっていくのがマサコ流哲学の真骨頂です。
 これまでの服が似合わなくなってきた、何を着たらいいのかわからない、と”服難民”に陥りがちな大人の女性、必読です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 顔だけきれいにする日本人、ではフランス人は? 『無駄のないクローゼットの作り方』 | J-CAST BOOKウォッチ
    https://www.j-cast.com/bookwatch/2018/02/08006895.html

    講談社のPR
    「お金も時間もかけているのに、日本人女性はファッションで損をしていてもったいない!」と欧米ファッション界が一目置く”伝説のマサコ”が、本当におしゃれになるためのワードローブの作り方、装い方を、理論的かつ具体的に指南します。
     「おしゃれになりたいなら黒のパンツはやめる」「ワードローブは1本のラックにかかる量だけで十分」「いつも同じような服なのを怖がらない」など、独自の美意識と合理的なロジックに基づく、これまでにない大人のためのレッスンです。
     そして実践すると、クローゼットが整い、毎日の服に迷いがなくなるだけでなく、暮らし方、生き方もどんどん軽やかに、シンプルになっていくのがマサコ流哲学の真骨頂です。
     これまでの服が似合わなくなってきた、何を着たらいいのかわからない、と”服難民”に陥りがちな大人の女性、必読です。
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062207669

  • ぱきぱきとおばさん世代にエールを送る本。なかなかおもしろかったです。顔より身体に気を遣うとか、苦手なことをやってみるとか。リーディンググラス、興味ある! mEeyye というブランドでLaviantで買えるそう。ネットだと試せないので思案中。

  • おしゃれというのは、限られた人だけの特権ではない。
    大切なのは、自分自身をよく知ること。
    こういうおしゃれの本に書かれているのは、大体同じことだとわかってきた。

    腕時計欲しいな。

    meeyee
    https://coggle.it/diagram/WmtAIP8LdQAB2XeN/t/%E7%84%A1%E9%A7%84%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9

  • 2018.1.11 読了

全7件中 1 - 7件を表示

熊倉正子の作品

ツイートする
×