腹ペコ騒動記 世界満腹食べ歩き

著者 :
  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062207911

作品紹介・あらすじ

食べるぞ、世界の地元メシ。

元・人気添乗員の作家が出会った料理と面白い人々。
世界は「うまい」にあふれている。

読めば空腹、イラストたっぷり旅グルメエッセー。

<おしながき>

・キューバの「プリン」 ・アメリカの「ロブスター」 ・中国の「焼きハマグリ」 ・タイの「アヒルラーメン」 ・マレーシアの「福建麺」 ・スリランカの「カレーパン」 ・トルコの「サバサンド」 ・イタリアの「レモンピッツァ」 ・オランダの「コロッケ」 ・セネガルの「チェプジェン」

本書には、その他にも多数のメニューをご用意しております。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元・人気添乗員の作家が出会った料理と面白い人々。読めば空腹、イラストたっぷり旅グルメエッセイ。

    。・゚+. *.。゚+。・゚+. *.。゚+。・゚+. *.。゚+。・゚

    資料ID:1063636
    請求番号:596.049/O48

    7/19(月)~9/8日(水)まで郵送貸出中!
    フォームで申込みをすると、
    短期大学部図書館の本を郵送で貸出します。
    申込みはコチラ!▼
    https://forms.office.com/r/i7SRjj8vcJ

    OPACトップページのクイックサーチに
    資料IDを入力して検索すると資料の詳細を
    確認できます。
    OPACトップページはコチラ!▼
    https://opac.eiyo.ac.jp/

  • 食べることと、海外旅行が大好きな私にとっては、1ページ1ページがおいしくて楽しくてたまらなかった。
    インドのミールス、ドイツの豚肉料理、アジアの様々な麺料理・・・食べに出かけたい!!

  • 食べることも異文化コミュも大好きな私には、この手の食べ歩きエッセイがとても楽しい。厳しく躾けられて好き嫌いなどないと思っていた若い頃は、世界の食べ物の奥の深さを知りませんでした。こんなに舌に合わない食材があったとは!というわけで私は羊肉文化圏と、タイ・ベトナムなどの甘・酸・辛(&パクチー…)食文化圏には踏み込めません。そんな世間の狭い偏食人間から見ると、どんな文化や料理も「良い!美味い!」と楽しんでいる岡崎さんのような人は尊敬せざるを得ないのです。面白かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1962年、愛知県生まれ。文化学院中退後、世界各国を巡る。30歳で帰国し、海外専門のフリー添乗員として活躍。その後、自身の経験を活かして小説や新書を発表、『添乗員騒動記』シリーズ(旅行人、KADOKAWA)がベストセラーとなる。『日本の食欲、世界で第何位?』(新潮新書)、『裏原宿署特命捜査室さくらポリス』(祥伝社)、『サバーイ・サバーイ 小説 在チェンマイ日本国総領事館』(講談社)など著書多数。

「2021年 『食べるぞ!世界の地元メシ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎大五の作品

ツイートする
×