刑事の怒り

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (13)
  • (89)
  • (72)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 417
感想 : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062207942

作品紹介・あらすじ

凄惨な事件の裏に潜む、やむにやまれぬ“想い”を前に、刑事は何を思うのか――。推協賞受賞作「黄昏」を収録、夏目シリーズ最新刊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きな夏目刑事シリーズ。

    #黄昏
    トランクに詰められた老女の遺体が見つかる。容疑者は娘。
    これは…身につまされる話でした。
    娘の想い、後悔、俳句に託された贖罪。
    「願い見る蒲公英の綿毛虹の先」
    娘の幸せを願う母の句に涙があふれた。

    #生贄
    これは同性として、とても重く苦しいテーマ。
    咲の覚悟と、”心の牢獄”の一言が深く胸を抉る。
    夏目も男性なんだと、ちらっと心をよぎった。

    #異邦人
    外国人留学生の日本への憧れと、厳しい現実。そして孤独。
    日本の代名詞のような「桜」と、彼らの目に映る「桜」が、それらを如実に表していると思った。
    クエットの今後を見たくなった。

    #刑事の怒り
    半分ぐらいまで読んで、どうしてタイトルが怒りなのかと思った。
    何ともやりきれない思いが残ります。
    夏目の娘は10年あまりの昏睡から目覚めたとはいえ、今も重篤な状態は続いている。
    どうしてそんなに強くいられるのかと、このシリーズを読んでいて感じていた。
    「信じる」と、言葉に出すことは容易いけれど、
    一番難しいことだと思っているので…

    >彼らの周りには自分を支えてくれる人がいた。
    献身的に支えてくれる人がいる人間が自ら命を絶とうとするとは思えない。

    うーん、果たしてそうだろうか…
    寝たきりの状態に置かれている人が、自分の家族を苦しめてまで生きていたいと思えるだろうか…

    「彼らの周りにいる人たちは不幸なんかじゃない!」
    夏目の叫びと、最後の靖子の涙を見た時に、
    真実が必ずしも遺族の救いにはならないのだと思った。

  • 通り魔によって幼い娘を植物状態にされた夏目信人。
    彼が選んだのは刑事の道だった。
    夏目刑事シリーズ第4弾!

    ・黄昏
    ・生贄
    ・異邦人
    ・刑事の怒り

    被害者と加害者、その家族たちのやむにやまれぬ〝想い〟をみつめてきた
    夏目刑事が出会った4つの事件。
    死体遺棄…年金不正受給・性犯罪・外国人労働者への偏見・
    介護…命。
    社会の歪みが生み出す不平等ややり場のない虚しさを抱えた人々。
    とても重厚な社会問題をテーマに織り込みながら
    事件そのものよりも、その背景にある人間を深く深く描いてる。

    本質を見抜く目を持ち、人に対する優しさや愛情が深い。
    そして人の心に寄り添う。
    そんな夏目刑事が信念を貫き地道な捜査が導く真相はとても切ない。
    今迄、懸命に前を向く人々に常に温かみに満ちたまなざしで見守っていた
    夏目刑事が今回は怒りに燃えていた。
    どんな状態であっても消してしまっていい命なんてない!
    命の在り方についても考えさせられました。

    性犯罪を描いた生贄は、異常過ぎるよ、駄目だよって思うけど
    そこまで追い込まれてしまった被害女性の心理が理解されていない気がして
    ちょっと…って思ってしまいました。
    夏目刑事も男性ですからね。

    夏目刑事やはりとてもとても素敵な刑事さんでした。
    やっばり良いなぁ

  • 2018年21冊目。刑事・夏目シリーズ最新作。⌈黄昏⌋ただただ感動。どうも最近こういうのに弱い。⌈生贄⌋夏目なれどままならないこともある。これこそ当事者にしか理解できないものなのだろう。⌈異邦人⌋これまた難しい問題。それでも救いの見えるラストは素敵。⌈刑事の怒り⌋夏目が見せる静かで激しい怒り。同じ境遇にある夏目だからこそ説得力が増します。

  • 東池袋署から錦糸署へ。刑事・夏目信人シリーズ第4弾。
    淡々としているようで、納得がいかなければ、ねばりづよく捜査を続ける。容疑者をしっかりと見つめ、隠しているものを見逃さない。
    「黄昏」「刑事の怒り」は、身勝手さにいらだちを感じる。「生贄」はつらく、「異邦人」はやるせない。

  • 夏目シリーズ第4弾。
    今作で夏目は錦糸町へ異動。舞台も錦糸町へと変わる。
    隠れた犯罪多発地帯として知られる錦糸町の危険な一面と、夏目ならではの深い視点で事件の真相に迫る4編。
    外国人犯罪、性犯罪、介護疲れ…
    現代の闇を代表する犯罪を描いていて、それぞれ短編といえども、重い。
    そして、表題である「刑事の怒り」普段感情の乱れを感じさせない夏目の心を揺るがす事件が描かれる。ここでは一つの物語に過ぎないが、生きていれば、誰もがぶつかる可能性が高い問題。読み終わった後に考えさせられる内容だった。

  • 事件には加害者と被害者がいて。加害者は罪を償いそしてその罪への報いを受ける。
    けれど、そこには事件を起こさなければならなかった何かがあるはず。その何かを常に考えその罪によりそうのが刑事夏目。今回も悲しくてやるせない「何か」を夏目は見逃さない。なぜその事件は起こったのか。通りいっぺんの捜査では見つけられなかった本当の「罪」。
    けれど今回、夏目が激しい怒りを見せた「何か」は夏目のどうしても許せない、そして譲ることのできない一線だったのだ。夏目の怒りが心を激しく揺さぶった。

  • 夏目刑事シリーズ第4弾。連作短編集。4編。
    今作にて、東池袋署から墨田区錦糸署へと移動になった夏目刑事。年金不正受給、性犯罪、外国人労働、介護といった社会問題をテーマに織り込みながら、事件そのものよりも、その背景にある人間を描く。
    娘が少しずつ回復していることにほっとするが、そのことに相反して「刑事の怒り」では考えさせられる面も。

  • 夏目シリーズ第4弾。
    前作からずいぶん時間が経っているので、背景がなかなか掴めなかったけど、物語としてはすんなり入れた。
    どれも重い内容、でもきっとあるんだろうと思える。
    特に生贄は辛かった。

  • 複雑な読後感。
    勧善懲悪ものの対極にある物語。

    全き善も全き悪も存在しない。
    挽回や明確な救済など期待し得ない、いつ自らにもふりかからないとも限らない状況が描かれている。

    素晴らしい本。

  • 夏目刑事を主人公にしたシリーズの最新刊…だってことを読んで初めて気がついた。
    でも前作までを読んでいなくても特に問題はなし。
    錦糸町署管内での事件の連作短編集。
    錦糸町っていうのがいいね。歌舞伎町でも渋谷でもないとこが。
    ベトナム人通訳の話がとくに印象深かった。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年兵庫県生まれ。2005年に『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2016年に『Aではない君と』で第37回吉川英治文学賞新人賞を、2017年に短編「黄昏」で第70回日本推理作家協会賞<短編部門>を受賞。その他の著書に『闇の底』「刑事・夏目信人」シリーズ、『友罪』『ガーディアン』『告解』などがある。

「2021年 『天使のナイフ 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

刑事の怒りを本棚に登録しているひと

ツイートする
×