カラーリーフ図鑑 明度と高さの組み合わせで庭をグレードアップする

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062208109

作品紹介・あらすじ

庭を美しく演出する材料としていま最も注目されているカラーリーフに早くから注目し、数多くの美しい実例を多数つくり好評を博す著者が、その使い方のコツからおすすめの種類を紹介するカラーリーフ図鑑の決定版。
 パート1ではカラーリーフを使った美しい庭の実例を紹介。パート2ではカラーリーフの葉色の明度と高さが果たす役割を解説し、効果的な組み合わせ方をだれにでもわかりやすく教えます。
 パート3~5では、ブライトカラー・ゴールド&ホワイト、ブライトカラー・シルバー、ダークカラー・ブロンズ&レッド・ブラックの3つの系統別に、著者がおすすめの草花やグラス類、樹木を高さの低いものから高いもの順に紹介。
 さらに1色ページでは鮮やかな葉色を保つための栽培や管理のコツなどの情報と種苗の入手先リストを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 始めたばかりの庭づくり。まだあちこちにスペースがある。
    リーフでスペースをかせがなければ閑散としたまま。だからリーフの本を読んでみました(^^)。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

園芸家。2007年まで愛知県安城市の植物園デンパークに勤務、以後独立。これまで2万種を超える植物を栽培しており豊富な知識を誇る。ジャンルを問わずさまざまな植物の導入、栽培、それを利用したガーデンづくりを実践する園芸のスペシャリスト。とくにカラーリーフや色彩をテーマとしたデザインには定評があり、日本の気候に合った装飾的園芸の基礎を築いた草分け的存在でもある。著書に『宿根草図鑑』。

「2014年 『庭をきれいに見せる 宿根草の選び方・使い方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本規詔の作品

カラーリーフ図鑑 明度と高さの組み合わせで庭をグレードアップするを本棚に登録しているひと

ツイートする
×