掟上今日子の色見本

著者 : 西尾維新 VOFAN
  • 講談社 (2018年1月18日発売)
3.43
  • (4)
  • (5)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :129
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062208758

作品紹介

シリーズ最新刊!

誘拐された忘却探偵。
ボディガードの僕には、
毎日が“彼女を守るラストチャンス”

「掟上今日子は預かった。返してほしければ、十億円用意しろ」
置手紙探偵事務所唯一の従業員・親切守が受けた、突然の脅迫電話。天涯孤独の忘却探偵を救い出せるのは自分だけ。今日子さんのような推理力はもたないけれど、彼には今日子さんとの「記憶」がある。手探りで捜査を開始する守。一方、今日子さんは犯人のもとで目を覚まして――?
純白の名探偵&青年警備員VS. 漆黒の誘拐犯! 頭脳戦の結末は!?

掟上今日子の色見本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今日子さんったら、誘拐されても相変わらず(笑)
    まったく、あの回転の速さには舌を巻く。それで周囲を翻弄もしているけど(笑)
    警備員親切くん、がんばったね。
    犯人のことは、すっかり勘違いしてた。まさかの!
    次は、夏とのことだけど、今日子さんの過去が明らかになるのはいつー?
    さて、あいかわらず冤罪体質の厄介くんのようだけど、いったい何が起こったのー?次はその事件ってことはないよねぇ。

  • 今作は親切が久々の登場で、事件解決へ一役買う。今日子さんや厄介との絶妙な会話のリズムが良かった。今日子さんは忘却の能力を毎日同じ服を着ないというコーディネートにも活用されているようで、ファッショナブルな一面も感じた。厄介もちょこちょこと登場し、今日子さんとの絡みなどが面白かった。冤罪を呼び込む能力?巻き込まれる能力?は相変わらずなのかなと感じる。そこが忘却探偵に彩を添える要素かなとも思う。色見本と事件との関連が徐々に明らかになり、意外な顛末だと感じ、配色の鮮やかさが印象に残る。

  • 今回はなんと今日子さんが誘拐されるお話。
    そして厄介ではなく、私設警備員(?)の親切さんが活躍するお話でもあります。
    終盤、割とあっさり解決してしまい、ミステリーとしては物足りない印象。
    一方で、今日子さんに関する謎は増えました。
    西尾維新さん、毎回手を変え品を変え、様々なアプローチでしかけてきますね。
    掟上シリーズは、3作に一作ぐらいのペースで、読み応えのある作品が出てくる印象があります。(刊行ペースが速いので、それでも気になりませんが。)
    今回は間をつなぐ作品。。。かな。

  •  シリーズの書名、一括して『掟上今日子の◯◯◯』と漢字三文字なのだが、もし完結するなら、完結作の書名はやはり『掟上今日子の置手紙』なんだろうか。

     ――で。
     事件は解決した。しかし、今日子さんに関する謎は残った。というか増えた。増えた謎が本編よりも印象に、記憶に残った。
     掟上今日子。貴女は一体、何者なんだ。
     そして、前作で掟上探偵事務所への就職を考えた隠舘厄介。後日、本当に履歴書を持ち込んだらしい。どうなったかは、大体想像付くだろうが、是非本編を。

  • 通勤の往復で読了、相変わらずのリーダビリティ。内容は他愛のないもので、ミステリを期待する向きには少々残念な感じか。次はミステリ度が高い内容を期待。

  • 2018年19冊目。 逮捕されたり、誘拐されたり大忙しの今日子さん。数々の備えは何でもあり感がハンパないけど、それを納得させるだけの今日子さんの底知れなさは凄い。厄介の就職が一行で断られてたのは本当に笑える。前作の感動は何処へ…。

  •  忘却探偵シリーズ第10巻。
     今度は探偵さらわれた!(ドンキー2っぽく)
     掟上今日子のボディーガード親切守が受け取った電話は、身代金10億円を用意しろというものだった。

     自称、今日子さんの専門家(ストーカーじみている)の隠館厄介や、アンチ今日子派の日怠井警部からアドバイスを受けた親切は今日子さん奪還のために奔走する。最低時給で。

     最速の探偵、最速の脱出。

  • 久方ぶりに親切視点で、とりあえずそれが嬉しかったです。
    が。
    うーんこのシリーズ、いつになったら終わるんだっていうのはなんかもういうだけ野暮な感じですが、だんだんと引き延ばしが気になるようになってきたなあ。
    この作品ももっと切り詰めて書けば半分くらいになるんじゃないかと。ちょっと中身がスカスカかなあ。まあ西尾の他の作品にも言えることだけど。

  • 親切守視点が久しぶりでした。
    厄介からしたら羨ましいんだろうけど、親切視点だと今日子さんのところで働くの大変そう。

  • 久々の今日子さん
    やっぱりちょっと想像より斜め上のくせ者感炸裂ながら
    今回は今日子さん自身の秘密面も少し披露され
    ちょっと前に進んだ気になれる内容でした

全14件中 1 - 10件を表示

掟上今日子の色見本のその他の作品

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

掟上今日子の色見本を本棚に登録しているひと

ツイートする