キネマの天使 レンズの奥の殺人者

著者 :
  • 講談社
3.18
  • (0)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062208765

作品紹介・あらすじ

Q.スクリプターとは?
A.映画の撮影現場で、フィルムを繋ぐときに矛盾が出ないように、役者の動き・衣装など映像に写るすべてを記録&管理する仕事。

スクリプター・東風亜矢子。ベテランの多い映画業界ではまだまだ若手。人気映画監督が率いるチームで、現場全体を冷静に眺めることができるスクリプターゆえに、トラブル解決に奔走する日々だ。カメラマン、録音技師、照明……職人気質のスタッフたちと、強烈な個性をもった役者たちと共に取り組む新作撮影もこれからが佳境――という最中、アクションシーンに欠かせないスタントマンが刺殺されてしまう。一体誰が、何のために!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スクリプター・東風亜矢子。人気映画監督の率いるチームの撮影現場で働いている。
    ある日、スタントマンが詐害され、亜矢子も事件に巻き込まれていく。
    (スクリプターとは、映画の撮影現場で、フィルムを繋ぐときに矛盾が出ないように、役者の動き・衣装など映像に写るすべてを記録&管理する仕事。)

    明るくて陰惨でなくて、赤川次郎はいいなと思う。
    (図書館)

  • 32歳の東風亜矢子は、人気映画監督の率いるチームの撮影現場でスクリプターとして働いている。そんなある日、アクションシーンに欠かせないスタントマンが刺殺され、彼女自身も事件に巻き込まれていく。

  • スクリプター・東風亜矢子。
    ベテランの多い映画業界ではまだまだ若手。
    人気映画監督が率いるチーム“正木組”で、現場全体を冷静に眺めることができるスクリプターゆえに、トラブル解決に奔走する日々だ。
    カメラマン、録音技師、照明…職人気質のスタッフたちと、強烈な個性をもった役者たちと共に取り組む新作撮影もこれからが佳境―という最中、アクションシーンに欠かせないスタントマンが刺殺されてしまう。
    一体誰が、何のために!?
    ニューヒロインにして名探偵は、映画について何でも知ってるスクリプター!
    (アマゾンより引用)

    赤川作品にしてはなんとかまとまってたって感じ(笑)

  • いい意味で、リアリティのない、現実離れした登場人物や展開が、他人事で読めるのがいいよね赤川次郎作品。
    主人公は映画製作のスクリプターの女性、親や出会う人の設定が、いやいやそんな都合よく、、、ってかんじなんだけど、さくさく読めて後味さっぱりというかんじ。ひとがしんでもぜんぜんショック感のない、2時間ドラマを見るようなかんじ。すごいなあと毎回思う。ひさしぶりに読んだけど近著の欄をみて多筆ぶりに驚く。三姉妹シリーズとか小学校の頃ハマったなあ。東野圭吾さんとかと並んで、読んだことないひとはいないんじゃないだろうかと思う有名作家さん。いつまでも作品を世に出し続けてほしい。

  • 2時間ドラマにできそう。面白い。

  • 読みやすい作品だった。
    主人公が明るくて好感がもてる。
    最後はグダグダな感じで、いまいちすっきりしなかったけど。赤川作品ではありがちだし。



    Q.スクリプターとは?
    A.映画の撮影現場で、フィルムを繋ぐときに矛盾が出ないように、役者の動き・衣装など映像に写るすべてを記録&管理する仕事。

    スクリプター・東風亜矢子。ベテランの多い映画業界ではまだまだ若手。人気映画監督が率いるチーム<正木組>で、現場全体を冷静に眺めることができるスクリプターゆえに、トラブル解決に奔走する日々だ。カメラマン、録音技師、照明……職人気質のスタッフたちと、強烈な個性をもった役者たちと共に取り組む新作撮影もこれからが佳境――という最中、アクションシーンに欠かせないスタントマンが刺殺されてしまう。一体誰が、何のために!?

  • 面白かった。テンポよく話が進んで飽きさせなかった。

  • ヒロイン亜矢子が男前でかっこいい!
    困ったちゃんな正木監督に亜矢子ママも好き。
    大和田は途中でキャラ崩壊してたような(笑)
    女優さんたちも、みんな魅力的。
    涼子とアリサのシーンは傑作!
    スタントマンって、大変なお仕事だよね。プロ意識を持った安井や森川は素晴らしい。
    赤川作品は、ろくでもない奴はちゃんとそれなりのことが待っているから痛快。

  • 自分が仕組んだこととは言え不運な自己。変な考えを持たない、起こさないということだよね。
    人から頼りにされる亜矢子って面倒見がいいのかなぁ。本人の幸せを望むな。
    映画の仕事っておもしろそうね。何かを作り出す仕事に共通していることなのか?

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『三毛猫ホームズの茶話会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×