孤独の発明 または言語の政治学

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 84
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062208802

作品紹介・あらすじ

人間の言語能力をめぐる先端科学の画期的転回から日本人の美意識を貫く天台思想まで――人間存在の根源を問い直す刺激に満ちた論考。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時間を置きながら読んだので、理解出来ているか不明なまま、ひとまず所感を残したい。

    そもそも孤独とはいかなる状態か。
    全く一人であることが孤独ではないように思う。
    一つには、他者との距離を感じることだと言える。

    この、距離を測るために人間は眼を駆使してきた。
    目で見える範囲だけではなく、俯瞰するという能力にまで発展させた。
    この俯瞰によって、自分を客観視することも、他者に憑依することも出来るようになった。

    ただ、孤独にはもう一つ要素がある。
    それが、自身との対話である。
    つまり、言語があることで人間は孤独を発見することが出来た(と言いたいのではないか、笑)

    この、視覚と言語と俯瞰という繋がりの中で、社会や森羅万象に論を展開させていく。

    見る、見られることの話の中で、先日読んだ『Ank』というミステリー小説を思い出した。
    チンパンジーのアンクが人間を操り、暴動を起こしていくその源には、見る、見られることを媒介とする「共感」があった。

    宗教的感動にも文学的感動にも、感動には「共感」が含まれているように思う。
    そして、その「共感」において、自身と他者が一体化する、またはもっと大きく世界と一体化するような、ある種の幻覚を抱くのだと思う。

    私たちは見えるものも見えないものも、例え騙されていても、言葉によってそれが在るように認識し、また自身のように、肉体という分かりやすい現実を持つ存在であっても「ここにいない」ような認識もする。

    非常に歯応えがあったけれど、記憶に留めておきたい内容ばかりだった。
    拙くてすいません。

  • ふむ

  • 尾崎 真理子の2018年の3冊。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

評論家・編集者

「2020年 『高階秀爾、語る 方法としての日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦雅士の作品

孤独の発明 または言語の政治学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×