仮面の君に告ぐ

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (10)
  • (25)
  • (33)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 177
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062208970

作品紹介・あらすじ

そんな、嘘でしょ……。

目を覚ませば、身体は別人。
しかも“私”は一年前に殺されていた?!
犯人への復讐に燃える恋人を前に、果たして何ができるのか。


涌井和沙は、目を覚ますと病院のベッドにいた。戸惑っているうちに、「モリさん、目覚めたんですね」と看護師から声をかけられる。沸き起こる違和感に鏡をのぞいた和沙は驚愕する。そこに映っていたのは赤の他人――森千鶴だった。意識はそのまま、身体は他人になってしまったことにパニックになった和沙は、恋人の慎介を頼ろうとするも、慎介は自分に気づいてくれない……。胸が潰れそうになる中、追い打ちをかけるように新たな事実が判明する。一年前、涌井和沙は何者かに殺害されたというのだ。千鶴の弟・潤の力を借り、少しずつ事態を把握していく和沙だったが、なにやら信介が不穏な動きを見せ始め……。


一組のカップルに訪れた、奇跡の十日間。
そのラストに思わず“震える”再読必至のミステリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ★3.5

    湧井和沙は、気がつくと病院のベットにいた。
    戸惑ううちに、「モリさん、目が覚めたんですね」と看護師から声をかけられる。
    鏡をのぞいた和沙は驚愕する。
    そこに映っていたのは赤の他人ーー森千鶴だった。
    パニックになった和沙は、恋人の早田慎介を頼ろうとするも、
    彼は自分に気づいてくれない…。
    胸が押し潰される中、追い打ちをかけるように新たな事実が判明する。
    一年前、和沙は何者かに殺害されたというのだ。
    千鶴の弟・潤の力を借り、少しずつ事態を把握していく和沙だったが、
    慎介が不穏な動きを見せ始め…。

    恋人・和沙が殺されて一年。
    容疑者は証拠不十分で釈放。
    納得が出来ない慎介は歯科医を辞め、容疑者が勤めていた物流センターに勤め、
    容疑者を探し出し、恨みを晴らそうとしていた。
    その頃、殺害された和沙は目覚めると病院のベットの上。身体は別人。
    困惑するばかりの中、しかも自分が一年前に殺されていた事を知る。
    犯人への復讐に燃える恋人・慎介を何とか止めさせたいと行動に出る。
    そこからタイムリミットまでの10日間を描いたミステリー。

    いつもの横関さんらしいスピード感と、和沙はどうなるの?
    犯人は誰?二人はどうなるの?という謎で一気に読めました。
    ラストはいつもの様に大どんでん返し。
    え━━━(゚o゚〃)━━━!!! って言葉が頭の中で一杯。
    なんて事なの…。
    これでタイトルの意味に納得。
    本当に仮面をかぶっていたのは君だったんだね…。
    告げたのは…。

    和沙とても素敵な女性だっただけに悲しかったなぁ。
    後味が悪かったなぁ。

  • 病院で1年間意識のなかった森千鶴が、突然目を覚ます。しかしその女性の心は、結婚直前に殺されてしまった涌井和沙のものだった。和沙は千鶴の弟の力を借り、なんとか婚約者であった早田慎介に近づく。残された時間の中、犯人を捜すが・・・
    他人の体に生まれ変わるというのは有りとしても、その他の部分がその他かなり無理があるような。最後も、強引にどんでん返し風を狙っているような。

  • 結婚直前に婚約者を殺された男と一年後別人として目を覚ました女。
    他人の身体を借りていられるのはおそらく十日間。
    彼女は容疑不十分で釈放された被疑者をつけ狙う恋人に気づき、限られた時間の中で止めようと奔走し始める。
    次第に湧き上がって来る生への渇望と、被疑者の突然の死で謎が深まる事件の真相。

    確かに結末が気になってどんどん読み進めたし、最後には驚いた。
    驚いたけれど、うわあ騙された!…というスカッとした気持ちよりは、え?ちょっと唐突過ぎない?という戸惑いが大きい。
    大どんでん返しの意外性の演出の為なのか伏線の張り方が雑と言うか今ひとつ好みじゃない。
    そもそも最後が犯人が逮捕されてから一年後なのはおかしい気がする…婚約者が殺された事件の真相が手紙の推測の通りなら絶対それまでの取り調べの中で自白しているのでは?

  • 恋人を何者かに殺害された歯科医師の早田慎介。
    殺されたはずの和沙の魂は、なぜか一年後、別の女性に乗り移って目覚める。
    彼が復讐を企てようとしているのではないかと、素性をごまかして別人の女性として和沙は慎介に接近していく。

    よくある「ゴースト」ネタではあるのだけれど、和沙のさっぱりした気性が気持ちよく、軽快なミステリー調の展開も楽しく読んだだけに、最後の展開にはとってつけたような印象を受けてびっくりした。
    びっくりさせる、という意図は成功してるけど、物語として破綻してないか?
    けっこういろいろなところに無理がある話なような気がするんだけれど。

    最後の最後までは面白く読んだだけにラストの落差にちょっとがっかりしてしまった。

  • 結末はわからなかったから、無事に作者の術中にはまっていたのだとは思うが...。

    内容よりもまず、タイトルと、装丁にもっともっとずっと気を使わなければならないのでは???を、ここんとこで一番思った作品。横関さんの本で無ければ、手に取らない見た目。

    百歩譲って、タイトルはこれだったとしても、何故にこんなにもラノベっぽい装丁なのか。
    意図不明。

  • 一年前に殺された涌井和沙は病室のベッドで目を醒める。限定10日間森千鶴という一年間意識がかなった女性の体を借りて、婚約者だった早田慎介に犯人復讐を阻止しようと近づいていく。率直な感想…犯人を突き止め警察に連行されるも犯人像が薄い。最後の展開のストーリーに無理はないのか…犯人の動機がはっきりしない。

  •  うーん。好きな作家さんだけに残念。
     
     物語は、ある歯科医の婚約者が何者かに殺され、1年後、その婚約者の魂が別の人間に乗り移り、歯科医の前に現れる。この世に滞在していられるのは恐らく10日間。
     歯科医はその事件の容疑者を警察に突き出すべく、自ら真相を追っていた。その歯科医を危険に晒さないようにするのが使命と思い、2人で真相を追い求める。そこには目を覆いたくなるような真相があり・・・。

     というような内容なのだが、乗り移った人格事自体になんらかのトリックがあれば面白かったのにと思わずにいられなかった。横関さんならではの読後感の良さがないのも残念。

  • 図書館で借りた本。和沙は歯科医の早田と婚約中。結婚式の日取りも決まっていたのに誰かに殺害されてしまう。恋人の早田は容疑者を疑い復讐を企だてる。和沙は病院で目覚め森千鶴という全く知らない女性に憑依していた。森千鶴として早田に近づいていく。そして早田の復讐を止めようとするが…誰が和沙を殺したのか?は最後に明かされるが、わざと話を二転三転させている感じだし、読者をビックリさせたいんだろうなぁという意図は分かるけど、またこのパターンか。というしかない。

  • 目が覚めたら、知らない女性の体の中にいた和沙。
    どうしたらいいか、分からないよね。
    その女性の弟くんが助けてくれてよかった。
    この潤くんが、本当にいい子で大好き。
    結婚予定だった恋人の慎介は、自分を殺した犯人への復讐をしようとしているのか。
    そばにいるのに和沙に気付かない慎介や、何も知らない家族と和沙の再会に切なくなる。
    (でも、あの母親、気付いてたような気がするけど、、、)
    迫るタイムリミットに和沙の決断が切ない。
    ラストは本当に衝撃だった。
    でも、思い返して色々、そういえば、というところがあるのがさすが。
    素晴しい1冊。

  •  ラストはほんとにびっくりした。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒業。
2010年『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。ほかの作品に『グッバイ・ヒーロー』『チェインギャングは忘れない』『沈黙のエール』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』『スマイルメーカー』『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』(いずれも講談社文庫)、『炎上チャンピオン』『ピエロがいる街』『仮面の君に告ぐ』(いずれも講談社)などがある。


「2021年 『ルパンの娘 映画ノベライズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横関大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×