おしごとのおはなし 新聞記者 新聞記者は、せいぎの味方? (シリーズおしごとのおはなし 新聞記者)

  • 講談社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209007

作品紹介・あらすじ

子どもたちに人気の職業をテーマにした童話シリーズ「おしごとのおはなし」。
あこがれのお仕事や子どもに身近なお仕事を題材に、10人の豪華執筆陣が描き下ろした、小学中級向けの創作童話です。
大好評につき、第2期シリーズを刊行します。

●シリーズ「おしごとのおはなし」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。
また、シリーズを通して読むことで、さまざまな職業に触れることができ、視野が広がります。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、職業への理解が深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。

ぼくは堀江誠、小学3年生。クラスメイトの優等生、徳永仁志くんは、新聞記者になって、正義のための仕事をするのがゆめなんだって。
 でも、お父さんが新聞記者だから、ぼくは知ってる。新聞記者なんて、人を傷つけるし、人にきらわれるし、そんなにいい仕事じゃない。
 なのに、徳永くんは、「堀江くん、学級新聞をいっしょに作ろう!」なんて、目をキラキラさせて言ってきて……。
 
●シリーズ「おしごとのおはなし」(第2期)のラインアップ

2017年11月刊
まんが家(小林深雪)
パイロット(吉野万理子)

2017年12月刊
保育士(井上林子)
お笑い芸人(安田夏菜)

2018年1月
美容師(市川朔久子)
看護師(いとうみく)
新聞記者(みうらかれん)

2018年2月
声優(如月かずさ)
プロ野球選手(くすのきしげのり)
スクールカウンセラー(戸森しるこ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3年生の誠のパパは新聞記者

    クラスの徳永くんが「新聞記者になりたい」というけれど
    「あんな仕事がしたいなんて、へんなの」と思ってしまう

    新聞記者も「マスコミ」だから
    だれかを傷つける、悪者の仕事じゃないか

    そう思っている誠は
    徳永君に学級新聞を読んでパパのアドバイスがほしいとたのまれる

    「……徳永くん。ほんとうに正義の味方になりたいなら、新聞記者になるのなんか、やめたほうがいいよ。」

    “おはなしを楽しみながらあこがれのお仕事がよくわかる!”

    一流の童話作家とイラストレーターがコラボした講談社の「おしごとのおはなし」シリーズ第2期10冊のうちの1冊、2018年1月刊

    絵童話じたてで小学校低学年からの“キャリア教育”にも

  •  誠のパパは、新聞記者。誠は、パパの仕事がそんなにいい仕事だとは思えないでいた。新聞記者になるのが夢だという徳永くんが、誠のパパが新聞記者だと知り話しかけてきた。今つくっている学級新聞をパパに見せて、プロのアドバイスがほしいのだという。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1993年1月11日生まれ。兵庫県芦屋市出身。大阪芸術大学文芸学科卒業。大学在学中、『夜明けの落語』(講談社刊)で第52回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。

「2018年 『チア☆ダン ROCKETS (3)きみはひとりじゃない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おしごとのおはなし 新聞記者 新聞記者は、せいぎの味方? (シリーズおしごとのおはなし 新聞記者)のその他の作品

みうらかれんの作品

ツイートする