新宿ナイチンゲール

著者 :
  • 講談社
2.83
  • (2)
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 69
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209076

作品紹介・あらすじ

桑原ひまりは新宿のネットカフェで寝泊まりしながら派遣ナースとして働いている。ネット経由で依頼を受け、患者の自宅まで赴き、泊まり込みで介護をするのが仕事だった。派遣先の事情はさまざまだが、家族が旅行をしたり外出して羽を伸ばす間の留守番しながらの介護では、ミュージシャン志望で恋人の宗一を派遣先に呼んで、二人で好き勝手に過ごしたりしている。ある日、宗一にだまされて借金の保証人にされていたひまりは、彼が逃げたため、借金取りに追い詰められることになる。
理不尽だらけの介護現場から目を背けない冷徹な筆致が選考委員に評価され、第12回小説現代長編新人賞奨励賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019/1/26

  • 決して道徳的ではない終わり方をしているが、私はこの終わり方、好きである。なによりひまりらしい。
    ひまりは自分に正直に生きている。なんとなく看護師になったという仕事への動機も、お金のためにしか介護をしたくないという想いも。全てひまりらしかった。ひまりに感情移入した頃に、事件が重なって行くので、うまくできてんなーとか思いながら読みましたw面白かった!!!

  • 看護師、ネカフェ暮らし、28歳。
    介護料金1日8万円?

    ネット経由で依頼を受けて、患者の自宅に泊まり込んで介護する彼女、なぜこんな生活になったのか?なぜ抜け出せないのか?

    よくある介護の世界かと思いきや、甘さを排した生への固執と醜さを描き、現代が抱える家族の崩壊がすぐそこに・・・

    明日、家族の誰か介護が必要になったら、あなたはどうしますか?

  • 派遣で介護をするナース桑原ひまりの物語。
    介護シーンはすごくリアルだと思ったら、作家さんは元ナースの方。現場の雰囲気や家族とのやり取りで思うところがこの本に詰め込まれているのだと思う。
    ラストは他の方も書かれているが「?」のところがあるが、物語を終わらせるにはよかったのかもしれないと思います。

    介護する方の気持ちがわかる一冊だと思います。ひまりのような人だけではないでしょうが、こんな気持ちでないと務まらない現場なのかもしれません。

  • ひまりと利用者・家族との会話、利用者の家族背景の多様さはリアリティがあって面白いんだけど、エンディングが残念。ひまりにも可哀想な所もあるけれど、後味が悪い。

  • 満喫に寝泊まりして日雇いの老人介護している女の子。どうして家出しているのかとか終わり方とかスッキリしない。これから増えそうな仕事だけど。

  • どうして最後にひまりは、そんなふうになるの…

  • ひどい終わり方

  • ひまり。酷い

  • 図書館で借りた本。自宅で介護している家に派遣され介護を手伝う仕事をしているひまり。短日の仕事ながら理不尽な扱いを受けたり、家庭の諸問題も垣間見てしまう事もありながら、淡々と下の世話を続けるひまり。ネカフェに寝泊まりし、彼氏は売れないミュージシャン。ある日彼氏が作った借金の連帯保証人になってしまった事からひまりは取り立てに追われるが…ひまりがなぜ普通の病院の看護師の仕事をしないのか?借金の行方が最後に分かるが、胸糞悪い最後かな。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年埼玉県生まれ。春日部准看護学校卒業の現役ナース。2017年、「ネカフェナース」で第12回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し、受賞作を改題した『新宿ナイチンゲール』を2018年1月に刊行してデビュー。本作が受賞後第1作となる。

「2019年 『わたしは誰も看たくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小原周子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
湊 かなえ
坂木司
三浦 しをん
辻村 深月
米澤穂信
湊 かなえ
64
横山 秀夫
塩田 武士
東野 圭吾
宮下奈都
島本 理生
塩田 武士
桐野 夏生
東野 圭吾
恩田 陸
柚月 裕子
又吉 直樹
東野 圭吾
米澤 穂信
東野 圭吾
桐野夏生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×