ヨーコさんの“言葉” ふっふっふ

  • 講談社
3.92
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209083

作品紹介・あらすじ

大好評! NHKの人気番組「ヨーコさんの“言葉”」ついに第4弾刊行! 
300万部突破、大ベストセラー絵本『100万回生きたねこ』の著者、佐野洋子さんによるエッセイは、痛快で心を貫く言葉であふれています。ヨーコさんの世界観にぴったりだと大好評の北村裕花さんの250点近いイラストも、オールカラーで収録。

「自分の気づいていない心の奥底の気持ちを掘り起こしてくれて感動です」「私は70歳になりますが、今後の人生をいかに楽しく生きていくか参考になります」「おもしろい! 鋭い! そしてちょっと切ない」
読者のみなさんから多くのお便りをいただいています。

第4弾にも要望が多かった作品や本になったらいっそう切ないエピソード、ふっふっふと笑いが込み上げてくるものまで、第4弾もたくさんの方の応援で誕生いたしました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんなに世代がちがうとおもわれるのに、一つ一つの言葉に「そう、そうですよね」と頷いてしまう。

  •  佐野洋子(1938~2010、享年72)文&北村裕花(1983~)絵「ヨーコさんの言葉 ふっふっふ」、2018.1発行。9話収録されています。以前目にしたものもいくつか入っています。「いつ死んでもいい。でも今日でなくていい。」名言だと思います(^-^)

  • ついこの間、成人した娘と息子に、絵本でも読み聞かせしたこの佐野洋子氏の本の話をしたばかりでした。

    風呂戦争の所を読みながら、私は子供べったりの主婦だったので、お風呂でのこんな苦労はなかったけど、、、流儀というものは、何処の家にもあるし、又、自分の流儀が、正しいと思い込んでいる節も多々あるかも、、、と、思いながら、北村裕花師のイラストを眺めながら、子育ては、大変だったけど、楽しかったと、つくづく思う。

    たかがゴミ袋、、、で、作者は、ゴミ袋と一緒に、男をゴミに出してしまったの。と、、、
    この最後の「の」が、付くことで、ひどい仕打ちのようなのが、仕方なかったのよ!と、、、訴えている所がいい。(笑)
    2005年の夏 作者は韓流ドラマに嵌まったそうである。ヨン様命ではないが、ご近所の私位の年齢の方々が、いそいそと、もうテレビが、始まるからと、、、世間話もせずに家へと、急いでいた。
    私は、皆のように、熱く成れずに、今思うと、何をしていたのだろうか?と、、、
    人間熱くなれるものがあるというだけでも、人生の中で、輝ける自分の存在があるのだと、、、思う。

    今日でなくていい、、、、、90歳のおじいさんの葬式に沢山の弔問者。
    自分の葬式の時に、泣いてくれる人は何人いるのだろうと、、、
    生まれる時は、予定日が決まっているが、死ぬときは、いつお迎えが来るかわからない。
    97歳のおばあさんが、もう充分生きたわ、いつお迎えが、来てもいい。でも今日でなくてもいい。、、、、
    若い人だったら、笑える言葉であろうが、年輪を重ねるごとに、この言葉、心に響く。

    人は、皆に生かされていると、、、

  • 知らなかった、、、4冊目!

    講談社のPR(版元ドットコム)
    大好評! NHKの人気番組「ヨーコさんの“言葉”」ついに第4弾刊行! 
    300万部突破、大ベストセラー絵本『100万回生きたねこ』の著者、佐野洋子さんによるエッセイは、痛快で心を貫く言葉であふれています。ヨーコさんの世界観にぴったりだと大好評の北村裕花さんの250点近いイラストも、オールカラーで収録。
    http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784062209083

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家、エッセイスト。おもな著作に、絵本『100万回生きたねこ』『わたしのぼうし』、童話『わたしが妹だったとき』、エッセイ『神も仏もありませぬ』など。2010年没。

「2021年 『今日でなくてもいい 生きる老いる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐野洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×