代表作でわかる 印象派BOX

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209113

作品紹介・あらすじ

画家の生涯、代表作、人物相関‥…小さな1冊で印象派のすべてがわかる! 印象派と周辺画家、合計32人の作品を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アートが好きな人はとっても楽しく読めます。
    それぞれの時代の印象派の特徴やプロフィール、関係性などざっくり説明されてます。

  • コンパクトにまとまっていて印象派入門として最適。いい本!

  • それぞれの画家の代表作をまとめてあって、さらりと読める。

  • 印象派の画家たちの経歴と代表作品をコンパクトに時系列でまとめてある。そのなかで印象派を理解するうえでのキーワードの解説があったり、正方形の面白いデザインだったり、入門に最適。

  • 印象派の画家の相関図が面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

冨田 章(とみた・あきら)
1958年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。成城大学大学院文学研究科修了。財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現在、東京ステーションギャラリー館長。これまで 「ロートレック展 パリ、美しい時代を生きて」「巨匠ピカソ 魂のポートレート」「没後100 年記念オーブリー・ビアズリー展」「シャガール—三次元の世界」「メスキータ」などの展覧会に関わる。

「2021年 『ビアズリー怪奇幻想名品集 増補改訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冨田章の作品

ツイートする
×