黒のショートショート 地球人が微笑む時

著者 :
  • 講談社
3.10
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209427

作品紹介・あらすじ

ショートショート作家・童話作家である山口タオが30年にわたって書きためてきた作品を厳選した、自選ショートショート集。
 平均数ページのごく短い作品の中に、ハッとされる意外な視点と、ユーモア、ホラー、童話の味わいが詰まっています。
 どちらかというと怖い感じの作品を「黒のショートショート」、どちらかというとほのぼの系の作品を「白のショートショート」にまとめ、2冊同時に発売します。

(収録作品)18編

ある男の人生
オレたちに足はない
天国行きの風船
お向かいの家
地球人が微笑む時
ファイナル・アンサー
復讐
ファルルーが出てくる日
落ちこぼれ
終焉
丘の上の銀行員
知能犯
死神
博士の異常な発明
白い朝
赤い夜
夏至の惑星
二十歳になったら

(解説・井上雅彦)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「黒」ということなので、こちらはややホラーめいたブラックな話が多いかも。でもちょっといい話もあったりして。どこかにお気に入りが見つかりそうな一冊です。
    お気に入りは「死神」。一番嫌な話です。とんでもなく怖いのだけれど、この本の中では現実感も一番強い話なので、なおさら嫌だなあ。
    「オレたちに足はない」も印象的。一見ユーモラスなんだけれど……怖いや、やっぱり。

  • 前半は翻訳ショートショート風だった。オチがわからないのもいくつかあってモヤモヤ。これから「白」を読むのでそちらも楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。東京大学工学部都市工学科卒。星新一ショートショートコンテスト最優秀作受賞。作品に、『もしも日本人がみんな米つぶだったら』(講談社)、「のらねこソクラテス」シリーズ、『ことばかくれんぼ』(いずれも岩崎書店)、『7分間でゾッとする7つの話』『ロケットじどうはんばいき 快足スプレー』(講談社)など。東京新聞に、1コマ漫画「大江戸ことわざ珍百景」を連載中(絵・田丸芳枝)。東京都在住。

「2018年 『黒のショートショート 地球人が微笑む時』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口タオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村山 早紀
ヨシタケシンス...
道尾秀介
柚木 麻子
伊坂 幸太郎
柚木麻子
宮下奈都
三浦 しをん
今村 昌弘
森見登美彦
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×