老侍

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209458

作品紹介・あらすじ

戦国時代に、「定年」はない――。

「意地の天寿」……龍造寺家兼(齢九十三)
「勝てばよかろう」……朝倉宗滴(齢八十二)
「不屈なれ」……長野業正(齢七十一)
「捨て身の思慕」……宇佐美定満(齢七十六)
「魂の檻」……武田信虎(齢八十一)
「過ぎたるもの」……島左近(齢六十一)

群雄割拠の戦国時代。武士たちは身命を賭して主君に仕え、家を守り、己の矜持のためにその生涯を生き抜いた。どんなに老いて体が衰えたとしても、その経験と智慧が輝きを失うことはない。常に戦いの中に身を置き、死を傍らに感じる中で、武将たちはいかに考え、いかに生き残っていったのか。最期の最期まで「侍」であることにこだわりつづけた、六人の武将たちの生き様を描く作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短編集、龍造寺家兼、浅倉宗滴、長野業正、宇佐美定満、武田信虎、島左近。
    戦国時代に定年はなく、老いてなお、最後まで侍であることにこだわり続けた武将。

  • 面白かった。余りスポットの当たらない名将、かつて老将の話たち。いずれの主人公も濃い生き方でとても印象に残った。

  • まだ3作品しか読んでないが、この書き手、好きだ。
    宗滴の爺に翻弄され、信虎にはイライラさせられ、島左近には熱いものを感じた。
    表紙も良い。爺に、睨め付けられている……

  • 龍造寺家兼、朝倉宗滴、長野業正、武田信虎、島左近の晩年を描くまさに老侍!どれも面白かったが1番は朝倉宗滴!軍神的なイメージだったが良い意味で期待を裏切られた。勝てば良しの言葉が吉川先生によって上手く物語になっていて面白かった!30万の敵を1万で退けたのは島津義弘よりすごい!龍造寺家兼は今まで読んだこともないながら家兼のこともあまり知らず隆信の曽祖父くらいとしか認識していなかったのでどうなるかハラハラしながら読めた。長野業正は真田幸綱との友情を描いている。主君である上杉憲政を越後に追放したというのは初めて読んだ。新しい解釈が入れられているのは嬉しい。武田信虎は吉川先生の作品では珍しく感じたのだが人物の心の内での独り言的なものは信虎をコミカルに描いていて良かった。しかし信虎の戦上手は歳を老いても変わらない!最後の島左近は、吉川先生が以前描かれた「治部の礎」の外伝的な感じで良かった!左近の最後は感動した!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2010年「我が糸は誰を操る」で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞。同作は、『戯史三國志 我が糸は誰を操る』と改題し、翌年に刊行。12年『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』、15年『誉れの赤』でそれぞれ第33回、第36回吉川英治文学新人賞候補となる。16年『闘鬼 斎藤一』で第4回野村胡堂賞受賞。7人の作家による“競作長篇”『決戦! 関ヶ原』『決戦! 関ヶ原2』『決戦! 三國志』『決戦! 川中島』『決戦! 賤ヶ岳』にも参加している。他に、『関羽を斬った男』『治部の礎』『裏関ヶ原』『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』『老侍』『雷雲の龍 会津に吼える』『憂き夜に花を』『ぜにざむらい』などがある。

「2021年 『新風記 日本創生録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川永青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×