ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論

  • 講談社
3.67
  • (10)
  • (17)
  • (16)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 250
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209908

作品紹介・あらすじ

「会社の将来を支える新しい価値の創造を、君が担当してくれないか」
この上司のひと言からの僕たちの会社を変える大冒険は始まった・・・・・・。

多くの企業、個人の大きな課題、それは「新商品・サービス、課題解決につながる新たな価値を、どうやって生めばいいのだろう?」ということだろう。

新しい価値をどのように発想するのか。そして生まれた発想をどのように組織の中で実現していくのか。
その解答が「フォーサイト・クリエイション(Foresight Creation)」。
これは大阪ガス行動観察研究所が、1000件以上の行動観察プロジェクトの知見からまとめた実践的メソッドだ。
このメソッドをカリキュラムとしてまとめた「フォーサイト・スクール」はすでに大学や企業などで反響を呼んでいる。

この評判の「フォーサイト・スクール」初の書籍が、なんと物語の形で世に出ることになった。
読者は、悪戦苦闘しながらも懸命に新価値創造プロジェクトを進める若手社員たちとともに、
ワクワクする読書体験を味わいながら、最新のクリエイション・メソッドが学ぶことができる。

是非あなたも、新価値創造の冒険の旅に出かけてみませんか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大阪ガス行動観察研究所の所長である著者が、1000件以上の行動観察プロジェクトの知見から、新しい価値をどのように発想するかに加えて、どのように組織の中で実現していくのか迄を「フォーサイト・クリエイション(Foresight Creation)」としてまとめた一冊。
    新価値創造のプロセスはアートによるところが大きいと認めながらも、それでも言語化出来る所はあるはずだ!という信念のもとに体系化された意欲作。この理論を学んだからといって、新価値創造が直ぐに出来る訳ではないかもしれませんが、少なくとも物事を考え進めるための「骨格」になりうると思います。新価値創造に悩み、もがき苦しんでいる方は、ぜひ一度読んで見て欲しい一冊。お勧め。

    ①着観力
    ・まずやることは、計画を立てることでも、ブレストしてアイディアを出すことでもなく、場に出かけ観察から気付きを得ること。
    ・事実とは実際に起った客観的事実。気付きとは、起ったことに対する「軽い」解釈。事象を見て、事実と気付きを分けて捉える。
    ・既にもっている考えの枠組みを当てはめることは気付きではない。自分自身にとっても新しい発見が気付き。
    ・人には新たな気付きを阻む4つの罠(選択的注意、認知的不協和、確証バイアス、基本的帰属錯誤)がある。
    ・気付きを得るためには、全てをいったん受け入れて、そこから学習するスタンスが重要。

    ②アブダクション(仮説的推論)
    ・気付きを更に深堀して、なぜそういう事実が起こるのか、こういう要因・心理的な動き=insightがあるのではないか、という仮説を立てる。
    ・仮説が正しいかどうかは、この時点では気にしない。新しい仮説をどんどん出していく。

    ③統合
    ・異なる事実を単独で見るのではなく、一見関係の無い事実を統合して、アブダクションする。
    ・意外な真相とは何か?を問う

    ④リフレーム
    ・起っている物事の捉え方を根本から変える
    ・リニア思考は1つの問題に早く1つの解を見つける発想。リフレーム思考は、複数の問題を統合して、新たな問いを立てた後に、解を探す発想。正しい解を探す前に、新しい軸(リフレームしたインサイト)=機会領域を探すことがとても重要。
    ・リフレームしたインサイトの質は、①これまでの常識と異なるか/②確からしさがあるか/③汎用性がありそうか、の3つの観点からみる。
    ・毎日子供のおもちゃの片付けるのは大変。毎日子供のおもちゃを片付けていると何に興味を持っているかがわかるようになる。成長がわかる。

    ⑤メタファー
    ・画期的な新発想は理解されにくい
    ・提供価値をシンプルにコンセプトに表す。未知なるものも既知なものに例える(メタファー)ことで理解がしやすくなる。
    ・もしシンプルに説明できないのであれば、その物事を十分に理解できていないということ

    ⑥先見力
    ・新しく発想した価値の妥当性を目利きして評価する能力。つまり、お客様のことをどれだけ深く理解しているか。これが重要なのは間違いないが、新しい発送した価値は、まだ世の中に無いものであり評価すること自体が非常に難しい。
    ・あたる!といってあたらないオオカミ少年よりも、見逃し三振で機会を逸することを悪とするべき。経験値が
    積み増せる分、オオカミ少年の方がよほど価値がある。
    ・ウロウロアリとハタラキアリ。日々の糧を運ぶハタラキアリはもちろん重要だが、今ある餌場の餌がいつ尽きるか分からない中で、ウロウロアリも同様に重要な働きをしている。にも関わらず、世の中はハタラキアリ中心の評価手法になってしまっている。

    ⑦メタ認知
    ・良いプレゼンととは、相手の深い理解と、自分自身の強い想いが統合されたもの。
    ・導き出したオポチュニティに、自社のブランディングとストレングスを統合して、意思決定をはかる。
    ・自分たちを理解するためにも、他者を観察し、その観察から自分達のアリヨウあぶりだす。
    ・Learn and Do(学びきってから行動する)のではなく、Unlearn and Do and Learn(固定概念を捨て、行動を起こしてそこから学ぶ)にリフレームが必用。

    ⑧マインドセット
    ・全ての行動を生み出すための土台となる考え方。
    ・心理的安心が保障される場、どもに切磋琢磨できる仲間の2つが重要

  • 起業家であれば、100人の投資家にプレゼンして1人でも納得してもらえればビジネスを始めることができるが、会社員の場合、1人の上司を納得させなくてはビジネスを始められない。

    理解のある、行動力のある、先見性のある上司に当たるかどうかが重要である。
    それは、上司は失敗しないことで評価されてきたため、行動することで失敗する可能性のあることをやりたがらないためである。
    如何に納得させる材料を集めるかが大切。

    気づきを集める。
    仮説を立てる。
    推論する。統合する。リフレームする。
    新規性、汎用性、妥当性で評価する。
    フォーサイトする。未来を描いてみる。

    fact→insight→foresight→action→reflection

    Learn and do.よりもDo and learn.を。

  • 久々に読み応えのあったビジネス書。
    ストーリー展開も秀逸で、最後まで飽きさせなかった。
    きちんとした理論がわかりやすく整理されており、気づき、固定のマインドセットからの脱却、仮説と検証、新事業の骨格の決定!までがよくあるHOWTO本だが、この本はそこから先の決定に向けたプロセスも書かれていて、現実的で良かった。

    いきなり課長が敏腕な人に変わったり、アートさんがマヤさんを説得したり、、、あり得ない事態が起きては居たけど、、、面白く読み切れた。

  • 私のニーズにあってなかった。

  • 物語仕立てで読みやすい1冊。
    その分、現実味には欠ける。
    なので、自分で仮説検証してみたい。

  • ・物語の舞台は、ある企業のある組織。そこそこ大きい会社で、そこそこ儲かっている…そんな企業こそ、競争優位性を維持するために、新たな価値を生み出し続ける必要がある。

     この本は、そんな組織だからこそ、イノベーションが起きにくい原因があることを鋭く抉っている。会社は”事業の継続”が本来の目的であり、そのために”社会や顧客への貢献”を行い、その対価として”利益”を得るわけだが、往々にして短期的な利益を追う形になって不誠実なことが起こり、長期的な信用を失っていく。経営者や管理職こそ読まなければならない内容だった。

    「自分が変わるきっかけになるものこそが本当の気づき。それを得られるようにするためには、学んだことを意識的に忘れ、自分の考え方と反することであっても、まずは共感して受け入れる。起こっている事実から学びを得ようとする。」

    「人間は気づかないようにできている。自分の考えと相反する情報が入ると、不快な気持ちから脱するために、どちらかを直ちに捨てようとする。また、一度印象が確定してしまうと、なかなかその枠組みから抜け出すことができない。さらに誰かの行動を解釈するとき、原因を、性格など、その人に求めがちである。」

     ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論 >> これは、「新たな価値の創造に挑む人」のための本だそうです。著者は、この書籍が、「Wicked Problem(正解のない問い)にどう答えを出すか」にチャレンジしている人の役に立つことを望んでいるそうです。さて、私は、自ら「Wicked Problem」を立て、この本の助けを借りて、その答えを見つけることができるのでしょうか(・・?

  • 新しい価値を創るための方法論を習得したくて読んだ。
    本文は、クリエイティブを志向して、ストーリー調で時折解説を挟むような構成になっている。概念的で、いざワークショップをしてやってみようと思っても、その段階に落ちてないとわかる。

    正直なところ、途中から読むのが辛くなって流し読みした。


    これは、「新たな価値の創造に挑む人」のための本である。

    しかし、多くの企業や人は一つの問いを前にして立ち止まる。「新たな価値をどうやって生めばいいのだろうか?」

    本書では、クリエイティブシンキング、KJ法、行動観察、U理論、デザイン思考、などの考え方のエッセンスを整理し、知的誠実性を重視する形でまとめ上げた。これを「フォーサイトクリエーション」と呼んでいる。

    「新たな価値をどうすれば発想できるか?」と「だれもが初めて聞くような画期的な新価値を、組織でどうやって意思決定するのか?」という2つの壁、フォーサイトクリエーションの8つの理論(8つの玉)によって壁を越える。

    ■イノベーションを起こす8つの玉
    1.着観力、2.アブダクション、3.統合、4.リフレーム、5.メタファー、6.先見力、7.メタ認知、8.マインドセット

    ・発想編では、観測から気づきを得て、仮説を構築し、インサイトを得る。
    ・組織編ではメタファーや自社の強みを使って周囲を説得する。

  • イノベーションを起こすための考え方をストーリー仕立てで説明している本。ファーストペンギンは、リスクを恐れず人に先んじて飛び込めることを指すらしい。イノベーションを起こす過程を実際のストーリー仕立てで解説していて読みやすい。これは何度か読んでもいいかもなぁ。類書と似た記載も多いけど、要はそこが大事ってことよね。
    良い問いを立てるのが大事なのは、どの本でも同じ。そのためにも現場をひたすら見たり、色んな環境に身を置いて観察することが大事。やっぱオフィスに篭っててもダメってことね。
    リフレームは要は多面的に物事を捉えろということよね。視点を変えて物事を見る、言うのは簡単だが実際は過去の経験とかに影響されてしまうので、なかなか難しい…
    どれもこれも分かったところでなかなかやるのは難しい… それをどう実践していくか、が課題だよなぁ。それでも今の会社は失敗を許容してくれると思うので、比較的色々挑戦はしやすい環境ではあると思うんだよなー。
    テクニックも興味深いけど、ストーリーのテーマになっている他人からの承認欲求やフィールドバックが満たされていないって言うのは最近そうかもなぁと。結局人同士の付き合いが減っていたり上っ面の付き合いが多かったり、なんだろなぁ。

  • ともさん私物

  • ・イノベーションは従来の価値軸で100点を120点にするのではなく従来軸は80点に下がっても別の新しい軸を生み出してそこで100点を狙うということ

    →ウォークマン 音質は下がっても外で聞ける価値を生んだ

    ・クリエイティビティとは「統合(異質なものの組み合わせ)」と「リフレーム」

    ・クリエイティビティを発揮するためには「セレンディピティ」→すぐに役立つかどうかわからなくてもとにかく引き出しをたくさん作ること

    と「遊び心」→知性ではなく遊びの本能から新しいことは生まれる

    ・仕様を考える前に「提供する価値」をインサイトを元に検討しなければならない。

    ・もしシンプルに説明できないのであれば、そのことについて十分理解していないということだ。アインシュタイン

    ・ポケットの中のダイヤモンド

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(まつなみ はるひと)
大阪ガス行動観察研究所所長。株式会社エルネット技術顧問。経済産業省サービス工学推進委員会委員。一九六六年大阪生まれ。神戸大学工学部環境計画学科卒業。神戸大学大学院工学研究科修士課程修了、大阪ガス入社後基盤研究所にて、生理心理学、人間工学関係の研究活動に従事。米国コーネル大学大学院にて修士号(Master of Science)取得後、和歌山大学にて博士(工学)を取得。二〇〇五年より行動観察ビジネスを開始。〇九年に大阪ガス行動観察研究所を設立し、所長に就任。共著に『ヒット商品を生む 観察工学』(共立出版)がある。

「2011年 『ビジネスマンのための「行動観察」入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松波晴人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
エリック・リース
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×