成功する家庭教育 最強の教科書 世界基準の子どもを育てる

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (12)
  • (13)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 211
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062209946

作品紹介・あらすじ

学校や塾では絶対に教えてくれない
グローバル時代を生き抜くための5条件。
「自己肯定感」「英語力」「グリット(やり抜く力)」「コミュニケーション力」
「マルチタスク力」は家庭教育で伸ばす!

★主要5教科でいい点数を取っていればいい、という時代ではなくなっている今。多くの職業がAIに取って替わられ、ますますグローバル化していく社会でサバイブしていくスキルを我が子に身につけさせるには?--―その答えを求めて、著者の公開レッスンや主宰するサマーキャンプには、国内外から親子が殺到しています。その受講者はこれまでのべ4000人。幼稚園児が英検準2級(高校中級レベル)に合格したり、留学経験のない高校生が1級に合格という例が続出。

★娘のすみれさんは、大分の公立小中高から、塾なし、留学経験なし、家庭学習だけで、ハーバード大学に現役合格。それを可能にしたのは、著者による家庭の環境作りです。この「環境作り」さえしてしまえば、あとはお母さん、お父さんは、お子さんの横でニコニコしているだけでOK。

★2020年からスタートする文部科学省による新学習指導要領。とくに小5から正式科目になる英語は大きく変わり、大学入試改革も待ち受けています。でも心配無用。ひろつるメソッドなら、学校で4年かかる単語量と読み書きが、家庭でたったの1日5分・3ヵ月で先取りでき、揺るぎない英語力が身につきます。

★リビング学習版アクティブラーニング、脳内整理力を高めるTO DOリスト作り、英語上達に必須のコミュ力を高めるホームパーティ術……。子どもの好奇心、探究心、学習意欲に火をつけながら、子育てのイライラも解消するひろつる式家庭教育のマジック! そのマニュアルを完全公開します。

プロローグ 家庭は世界へのアクセスポイント
第1章 家庭教育で伸ばす
     グローバル時代を生き抜くための5条件
第2章 リビング学習で
     自己肯定感とコミュニケーション力を磨く
第3章 グローバル対応の英語力は家庭で伸ばす
第4章 TO DOリストで
     グリットとマルチタスク力を高める
第5章 手作り教材で暗記脳と表現力を養う
第6章 ホームパーティでオープンマインドな子を育てる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  たくさんのことをさせてるんだけど、やらされてる気にさせない。
     自分からできるような環境を整えるのに、100%注ぐ。そして、一生懸命やったことを認める褒める。とてもタメになる本。
     また、環境の整え方、考え方も具体的に書かれていて分かりやすい。

  • 英語は暗記、「子供だからできない」って大人の勝手な思い込みじゃないの?、興味を持ったらとことんさせた方が良い,と言った僕個人の価値観にフィットする内容でした。
    僕自身は英語に疎いので、語学教育についてページを割いて丁寧に説明してくれていたのはとても助かりました。

    To Doリスト,オープンスペースの確保など,大人も取り入れたらおトクマインドがたくさん書かれていました。

    ただ、内容全部を実行するとなると、親の時間管理能力がとても大切になってきて結構大変そうです。取り入れられる部分から絞り込み,エッセンスを子供と共有できたら良いんじゃないかな〜と思います。

    ぜひこれから子育てをスタートする夫婦に揃って読んでほしいですね。

  • コロナで登園を自粛するにあたり、読んでみた。子供を休ませる事につき、少し気が楽になった。

  • セブンルールで見て、パワフルさに圧倒させられた方の本。
    私も結構な数の育児書を読んだけど、妊娠中に200冊とかほんとすごい。
    分析して考えて本気で実行する強さにあっぱれ。
    さっきつまんないことで子どもに怒っちゃった自分を反省。。

  • 子どもができないだろう…と決めつけずに、どんどん教えること。
    私は出来ていなかったなぁ…と気づかされました。

    廣津留さんが英語教室の経営者なので、英語の教育法の内容が中心かというと、そうではなく、日本語の力も重視しておられます。
    こどもが何度も読んだ絵本のひらがな部分の上に漢字を貼るとか、「やってみたい!なんか面白そう」と思える独特な勉強法が載せられています。


    英検対策の具体的な方法もすごく参考になりました。早速真似して子どもに教えたいと思います。

  • この種の本は最近増えてきたのか,いつの時代もあったのだろうか。
    成功する家庭教育⇒成功した家庭教育,なんだろう。そして,成功とは何か。読者がイメージする成功は何だろう。読み手が問われる。

  • 中長期計画を見据え、要素分解して教育を行ってきた好事例。
    親の望む姿ありきではなく、子ども自身が自分の将来望む姿を探し、前進できるようサポートに徹するスタンスだったことに共感できた。
    また、具体的な実践方法が豊富で参考になった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

ディリーゴ英語教室代表/一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事兼CEO/株式会社ディリーゴ代表取締役。大分県在住。早稲田大学卒業。一人娘のすみれさんは、大分の公立高校から留学経験なしでハーバード大学に現役合格&首席卒業。彼女への家庭内での学習指導経験を踏まえて編み出した独自の「ひろつるメソッド」を確立。大分県の英語教室や県内外のセミナーにて、これまでのべ1万人以上を指導。たった週1回75分のレッスン1年で、英語学習経験ゼロの小学生が英検3~2級に合格する例が続出。オンラインコースでは日本はもとより世界から受講生が学ぶ。また、現役ハーバード生が講師陣のサマースクールSummer in JAPANは、2014年、経済産業省の「キャリア教育アワード奨励賞」受賞。著書に、『英語ぐんぐんニャードリル』『成功する家庭教育 最強の教科書』(講談社)他。https://dirigo-edu.com

「2021年 『【交換用】ひろつるメソッド 小学生の英語 ニャードリル専用 音声タッチペン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣津留真理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
稲盛和夫
瀧本 哲史
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

成功する家庭教育 最強の教科書 世界基準の子どもを育てるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×