幸腹な百貨店 催事場で蕎麦屋呑み

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (2)
  • (11)
  • (33)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 131
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062210553

作品紹介・あらすじ

「最後の砦」催事場復活のため
バブル部長・伝治は総力戦で挑むが――

デパートそして若手社員に「未来」を与えるものは?
                      
大人気『居酒屋ぼったくり』の著者による
「熱血」お仕事&グルメ小説!

頼みの綱である催事場の売上げも落ち込み、依然閉店危機にある堀内百貨店。
そんな折、事業部長の伝治は、酒売り場の後藤里美が接客の不安から、
退社を検討していると耳にする。
里美は企画部門に興味を示しているため、催事企画を提出させたところ「蕎麦の食べ比べ」を提案。
伝治、「マドンナ」の瑠衣らは、その実現のため奔走するが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よくもまあ、こう、次から次へといろんなことがあるね…(笑)。

    毎度のパターンになりそうなのに、ぎりぎりならないこのシリーズ。今回も楽しんで読みました。
    テーマは「背中」かな。わりと著者は古風なことを言わはるんやけど(いいと思う)その象徴みたいな内容やったな。

    蕎麦屋で呑むのは、たしかに憧れる。
    わたしの地域はバリバリのうどん文化で、初めて池袋で勤めたときに
    「蕎麦屋で呑むの? 何故?」
    と、思ったものです。笑(20代前半のころの話)

    蕎麦屋で呑むマナーは確かに知らん! 催事場でこんなイベントをやってくれたら、ぜひとも行ってみたいわ。


    それにしても、「ある層の人にとっては堪らなく魅力的」な売り場なあ、確かにそうかも。

    その究極が、ネットショッピングやもんね。欲しいものだけを厳選して検索して、それしか見ない。
    探し回る手間も省けるし、家におりながら買い物が済ませられるし、効率的で合理的でもある。

    今はそういう買い物をするときもあるけど、自分の足でウロウロ探し回るのが楽しいときもあるなあ。
    洋服なんかは、やっぱり、足で探したい気がする。
    探す過程も「楽しい」からやろうなあ。

    先日読んだ「書店ガール」でもそうやったけど、ネットで買うのも、実際に買うのも、どっちでもあり。
    どっちがどうじゃなくて、どっちもありなんよね。

    共存していけたらいいな。

    …と、思うのは、消費者の目線であって、売り手としてはそういうわけにもいかないよね。

    「そこに行けば何でもそろう」のは、最早郊外型のスーパーになっちゃってるね。駐車場代もかからず、一日おれるっていうのは助かる。

    でも、そこで「ちょっとしたもの」を、買おうという気には、わたしもなれない。
    自分のものならともかく、誰かに贈るものならまだ、百貨店か専門店で選びたい、とは思ってる。

    うーん、わたしより若い層は、そのへん、どうなんやろうね。


    そして里美ちゃんにここまでスポットがあたるとは意外やった。こんなふうに、主役となる人が転々としながらシリーズが続いていったら面白いなあ。続きはあるのかな。

    著者の作品に登場する人たちはおしなべて前向きなので、(それはそれでお手軽に映るのかもしれなくても)読んでいて気持ちがいいな。

  • 百貨店シリーズ第3弾。
    田舎にある老舗百貨店での改革。今回は催事場で蕎麦屋呑みとタイトル通りの展開にお客様も大満足。

  • sg

    同じような書き方で飽きちゃった…

  • 今回は自称分類’食べもの’にするには難ありだけどシリーズだからやむを得ず。百貨店の裏ではこんなバトルが繰り広げられているのか.... 敷居が高い処に変わりはないけど近隣にあればぜひとも参戦したいw

  • 秋川滝美 著「催事場で蕎麦屋呑み」、幸腹な百貨店シリーズ№3、2018.5発行。催事場で蕎麦屋呑み、蕎麦と日本酒、いいですねw。堀内百貨店の売り上げ低下部門の改善シリーズ、今回は催事場。このシリーズ、企画はいいと思うのですが、ストーリーがいまいち、テンポも悪く、タイトルや表紙の割りには美味しく感じられませんでした。登場人物の役どころもしっくりこない感じです。失礼しました。

  • 催事場の企画の内情。フードコートとの差別化。う~~n 話がうまくいきすぎる。実際にはデパートの時代は終わって、次々に地元資本のデパートは大手に買収され、消えていった。そういえば、屋上の遊園地も今はほとんどない。

  • あっちの作品みたいに、銘柄を紹介してほしかった。

    地方のデパートだと車で行くことが多い(と思う)ので、「呑み」はナカナカ堪能できそうにないなー。

  • 二度あることは三度ある(--;)三度目の危機は催事場(>_<)確かに近くで物産展をしていても、ほぼ同じものを売っているから、今度にしようと思っちゃう(^^;)そこで出された企画が蕎麦呑み!これは絶対行っちゃうな~(*^^*)でも、そんなに珍しいものを揃えられたら、長っ尻になっちゃいそう(゜ρ゜)粋な大人への道はまだまだ遠い私(>.<)

  • 頼みの綱である催事場の売上げも落ち込み、
    依然閉店危機にある堀内百貨店。
    そんな折、事業部長の伝治は、企画部門に
    興味を示しているという酒売り場の
    里見に催事企画を提出させたところ、
    「蕎麦の食べ比べ」を提案し…。

  • 2018/10/22(月曜日)

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

秋川滝美(あきかわ・たきみ)2012年4月よりオンラインにて作品公開開始。
2012年10月、『いい加減な夜食』(アルファポリス)で出版デビュー。
著書に『ありふれたチョコレート』『居酒屋ぼったくり』(ともにアルファポリス)、
『幸腹な百貨店』『マチのお気楽料理教室』(ともに講談社)、
『放課後の厨房男子』『田沼スポーツ包丁部!』(ともに幻冬舎)、『メシマズ狂想曲』(小学館)、
『向日葵のある台所』『ひとり旅日和』(KADOKAWA)などがある。

「2021年 『湯けむり食事処 ヒソップ亭2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋川滝美の作品

ツイートする
×